null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

NPOぱれっと

各種研修、学習会を継続的に行うことにより、ヘルパー全員がより質の高いサービスを提供できるようにします。

基本情報

事業所名称 NPOぱれっと [地図]
サービス提供地域
  • 千葉県千葉市緑区及び近隣地域
所在地 〒2670066
千葉県千葉市緑区あすみが丘7-21-4
電話番号 043-295-5865
FAX番号 043-295-5817

サービスに関する情報

緊急時の対応 あり なし
通院等乗降介助の実施 あり なし
頻回の20分未満の身体介護の実施 あり なし
法人らが実施するサービス
または、
同一地域で実施するサービス
  • 訪問介護
事業開始年月日 2002年04月01日

営業時間

営業時間

平日 : 9時00分~17時00分
土曜 : 0時分~0時分
日曜 : 0時分~0時分
祝日 : 0時分~0時分
留意事項 :

休日

土曜日、日曜日、祝日、夏期休業(8/12~8/16)、年末年始(12/29~1/3)

留意事項

サービスを利用できる時間

営業時間

平日 : 9時00分~17時00分
土曜 : 0時分~0時分
日曜 : 0時分~0時分
祝日 : 0時分~0時分

留意事項

身体介護のサービス提供についてはこの限りではありません。

従業員に関する情報

従業員の職種 介護福祉士, 訪問介護員2級

利用者状況

要介護度別利用者数
  • 要支援 1
    9 人
  •     2
    4 人
  • 要介護 1
    17 人
  •     2
    6 人
  •     3
    3 人
  •     4
    2 人
  •     5
    1 人

利用料金

提供範囲を超えての利用費用 あり なし
利用者負担軽減制度の実施の有無 あり なし
キャンセル費用

利用者当日キャンセル料、一回につき1,000円。但し、ヘルパーが到着してからのキャンセルの場合は一回につき1,400円。

運営している法人の情報

法人の種類 NPO法人
名称 特定非営利活動法人生活サポートグループぱれっと
所在地 〒2670066
千葉県千葉市緑区あすみが丘7-21-4

あなたにおすすめの訪問介護事務所

  • 訪問介護センタ- 白寿

    千葉県千葉市緑区あすみが丘2丁目27番地5

    利用者がその能力の応じて自立した日常生活を営むことが出来るよう生活全般にわたる支援を行う。

  • 訪問介護ステーションあいあい

    千葉県千葉市緑区高津戸町318-2

    要介護者等の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排泄、食事の介護、その他の生活にわたる援助を行う。

千葉県千葉市緑区の訪問介護事務所を見る

近くのデイサービスを地図で探す 近くのデイサービスを地図で探す

訪問介護に関するニュースを見る

訪問介護

口コミ

ログインをすると、口コミを見たり書き込んだりすることができます。

マモリアニュース

  • 介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護をしていると、誰にも言えないことや諦めてしまうことが折り重なっていくことがあるかもしれません。 介護福祉士シンガーソングライターとして、介護の現場で働きながら、アコースティックギターの弾き語りで、大好きなお年寄りの歴史や介護にまつわる喜怒哀楽を歌にして届けている方がいらっしゃいます。 今回は、県内を中心に活動の場を全国に拡大していっているシンガーソングライター、かんのめぐみさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    年明けが近くなり、年賀状の準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。 手書きの手紙や葉書の価値を感じても、「字に自信がない。絵心もない」と、ためらう方も増えている印象です。 今回は、字を書ける人なら誰でも短時間で笑顔あふれる文字の書き方を習得できる「笑い文字」を全国に広げている、一般社団法人 笑い文字普及協会代表理事の廣江まさみさんにお話を伺いました。 約3年間で受講者数1.5万人(2017年春)が受講した「90分で書ける ありがとう講座」、地域限定の日本郵便とコラボした笑い文字フレーム切手(2017年12月発売)が大人気です。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る