null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

ホームヘルプステーション 「すずらん」

新規依頼の際、急な依頼やスポット依頼等素早く体制を整え提供している。 ヘルパーの交代又は増員については、事前に訪問し利用者・家族に説明させて頂いている。実施にあたっては、見習い(担当ヘルパーと同行)を最低2回は提供し利用者・家族に不利益が生じないよう配慮している。

基本情報

事業所名称 ホームヘルプステーション 「すずらん」 [地図]
サービス提供地域
  • 北海道野付郡別海町
  • 北海道標津郡中標津町
  • 北海道標津郡中標津町
  • 北海道川上郡弟子屈町
  • 北海道川上郡標茶町
所在地 〒0860212
北海道野付郡別海町別海鶴舞町6番地45
電話番号 0153-79-5535
FAX番号 0153-79-5470
HP http://www.suzuran.hello-net.info/

サービスに関する情報

緊急時の対応 あり なし
通院等乗降介助の実施 あり なし
頻回の20分未満の身体介護の実施 あり なし
法人らが実施するサービス
または、
同一地域で実施するサービス
  • 訪問介護
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  • 通所介護(デイサービス)
事業開始年月日 2000年04月01日

営業時間

営業時間

平日 : 8時30分~17時30分
土曜 : 8時30分~17時30分
日曜 : 8時30分~17時30分
祝日 : 8時30分~17時30分
留意事項 : 営業時間外の緊急連絡の場合、併設しているグループホーム職員の対応により訪問介護への連絡体制が整っている。

休日

年中無休・24時間

留意事項

営業時間外の緊急連絡の場合、併設しているグループホーム職員の対応により訪問介護への連絡体制が整っている。

サービスを利用できる時間

営業時間

平日 : 0時00分~24時00分
土曜 : 0時00分~24時00分
日曜 : 0時00分~24時00分
祝日 : 0時00分~24時00分

留意事項

24時間365日(但し、5月と11月の第4日曜日・12月31日~1月4日を除く)()内については、生活の支障が生じるときはご相談下さいと明記し、配慮している。

従業員に関する情報

従業員の職種 介護福祉士, 介護職員初任者研修

利用者状況

要介護度別利用者数
  • 要支援 1
    7 人
  •     2
    11 人
  • 要介護 1
    22 人
  •     2
    12 人
  •     3
    8 人
  •     4
    2 人
  •     5
    2 人

利用料金

提供範囲を超えての利用費用 あり なし
利用者負担軽減制度の実施の有無 あり なし
キャンセル費用

サービスの利用を中止される際には、なるべく前日までに連絡下さい。当日の玄関先でのキャンセルは、やむを得ない事情(心身状態の急変など)を除いてキャンセル料1000円を頂く場合があります。現在までにキャンセル料の発生なし。

運営している法人の情報

法人の種類 その他法人
名称 別海厚生企業組合
所在地 〒0860212
北海道野付郡別海町別海鶴舞町6番地45

あなたにおすすめの訪問介護事務所

  • JA道東あさひ介護事業所

    北海道野付郡別海町西春別駅前曙町9-3

    訪問の他に通所事業等も行っているので総合的に関係つくりをし関わることが出来る。

  • JA中春別訪問介護ステーション「あさひな」

    北海道野付郡別海町中春別南町3番地

    サービスは、要介護状態の軽減もしくは悪化の防止または要介護状態になることの予防に資するよう、日常生活上の援助を目標と設定し、計画的に行うとともにサービスの質の評価を行い、常にその改善を図る。

北海道野付郡別海町の訪問介護事務所を見る

近くのデイサービスを地図で探す 近くのデイサービスを地図で探す

訪問介護に関するニュースを見る

訪問介護

口コミ

ログインをすると、口コミを見たり書き込んだりすることができます。

マモリアニュース

  • 【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    2018年4月14日、「笹川平和財団ビル11階 国際会議場」にて、一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会の設立3周年シンポジウムが開かれました。 今回はこちらのシンポジウムをご紹介します。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護をしていると、誰にも言えないことや諦めてしまうことが折り重なっていくことがあるかもしれません。 介護福祉士シンガーソングライターとして、介護の現場で働きながら、アコースティックギターの弾き語りで、大好きなお年寄りの歴史や介護にまつわる喜怒哀楽を歌にして届けている方がいらっしゃいます。 今回は、県内を中心に活動の場を全国に拡大していっているシンガーソングライター、かんのめぐみさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る