null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

3. 注目度急上昇!認知症予防にアロマが効果的

癒しグッズや美容法に使われるアロマが認知症予防に効く、という説を聞いたことがありますか?最近行われた研究で、あるアロマオイルを特定の時間帯に使うことで、認知症患者や認知症予備軍の症状が改善されたという報告がありました。それではその具体的な内容と、どのように取り入れると効果があるのかについてお話していきます。

アロマの研究結果→香りと脳の関係性、アロマでの認知症予防実績

これまでは認知症を発症すると、記憶を司る海馬が最初に委縮すると考えられていましたが、近年の研究で、海馬に直接つながっている嗅神経(きゅうしんけい)という、匂いを感じる神経が最初にダメージを受け、そのダメージが徐々に海馬やほかの部位に伝わることで、脳の機能が低下するメカニズムだということが分かったのです。

嗅覚は、視覚や聴覚といったほかの感覚とは異なり、大脳新皮質を経由せずに、感情や記憶、意欲などを司る大脳辺縁系に直接伝わります。また嗅神経はほかの脳神経よりも再生能力が高いため、嗅神経を刺激してダメージを軽減または再生すると、海馬の活性化にもつながり、認知症を予防、改善することができるのです。

アルツハイマー型認知症患者に対し若返りが期待できるアロマセラピーを行った実験によると、認知症患者は1カ月で、予備軍の方はなんと1週間で認知機能テストの結果が改善され、認知症の薬と同様の結果が得られたのです。

使うといいアロマ(昼、夜)

認知症に効くアロマは、ローズマリー・カンファーとレモン、真正ラベンダー、オレンジ・スウィートの4種類で、昼と夜で使い分けるとより効果を発揮します。まず昼間向けのアロマは、ローズマリー・カンファーとレモンの組み合わせです。ローズマリー・カンファーを2滴、レモンを1滴でブレンドして使います。ローズマリー・カンファーとレモンは気分をリフレッシュさせる神経活性系のアロマオイルです。ローズマリー・カンファーには集中力を高める効果、レモンには気持ちが高揚する効果があります。使う時間は午前9時から午前11時までの間が効果的です。

夜に使うとよいアロマは、神経鎮静系アロマの真正ラベンダーとオレンジ・スウィート。こちらも真正ラベンダー2滴、オレンジ・スウィート1滴をブレンドして使います。真正ラベンダーは安眠効果、オレンジ・スウィートは高いリラックス効果があります。実験では午後7時半から9時半の間に使っていますが、就寝1時間から2時間ほど使い始めるとより安眠効果が得られます。

注意点(使ってはいけないもの、副作用、距離など)

上記の匂いに近いオイルであれば、何でもいいというわけではありません。市場には化学合成で香り付けしている商品がたくさんありますが、これには嗅覚を刺激する植物由来の成分が含まれておらず、認知症予防に効果が出にくいので、混じり気のない精油(ピュアオイル)を使いましょう。また使用する際は、香りを拡散するディフューザーや小型のアロマペンダントを使うと便利です。

一方で注意点もあります。まずは、「より近くで匂いを嗅いだ方が認知症に効果が出るというわけではない」という点です。アロマオイルを鼻に近づけすぎると痛みの神経にも作用してしまい、頭痛などの不調につながることがあるので、気を付けましょう。 また精油には毒性やアレルギーなど注意すべき点もあります。例えばレモンの精油には、肌についた状態で紫外線を浴びると痒みやシミなどの肌トラブルを起こす光毒性があり、ラベンダーやローズマリー・カンファーには月経を促す作用があるので、妊娠初期の妊婦さんは控えましょう。

まとめ

現代の日本の医学では西洋医学が主流で、アロマオイルを使った医療はまだ一般的ではありません。しかし精油をセットして爽やかな香りを楽しむだけで認知症を改善、予防できるのであれば、忙しい人でも取り入れやすいですね。また研究では4種類のアロマを使用していましたが、香りの好き嫌いには個人差があるので、近い作用がある別の香りを楽しむのも一つの手です。医師と相談したうえで、ぜひ楽しんで取り入れてみてくださいね。

参考

浦上克也ほか「アルツハイマー病患者に対するアロマセラピーの有用性」『Dementia Japan 19』
ヘルスケア大学 「認知症を予防・改善するアロマオイルの効果とは」(2016.12.11現在)
谷口美也子、浦上克也 「認知症予防に対するアロマセラピーの可能性」(2016.12.11現在)

認知症の予防について

  1. 認知症の原因・症状をポイント解説
  2. 認知症の予防に効果的な脳トレ・ゲームをご紹介
  3. 注目度急上昇!認知症予防にアロマが効果的
  4. 認知症予防と美術(アート)の意外な関係とは?
  5. 認知症の予防のための運動法おススメ3選