null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート
※ 情報元について

居宅介護支援事業所 悠悠

利用者側の意向を可能な限り尊重し、利用者主体の介護サービスを提供できるように心がけている。利用者側にとっての良き相談者であるよう努めている。

基本情報

事業所名称 居宅介護支援事業所 悠悠 [地図]
サービス提供地域
  • 太田市。その他の地域については、要望に対応可能。
所在地 〒3730051
群馬県太田市天良町121-3
電話番号 0276-20-5826
FAX番号 0276-20-5828

サービスに関する情報

緊急時の電話対応の有無 あり なし
要介護認定未申請者への相談対応 あり なし
市区町村の介護保険認定調査 あり なし
事業開始年月日 2004年04月01日

営業時間

営業時間

平日 : 8時30分~17時00分
土曜 : 9時00分~12時00分
日曜 : 0時分~0時分
祝日 : 0時分~0時分
留意事項 : 緊急時は状況に応じて適宜対応する

休日

土曜日(午後)、日曜日、祝日

留意事項

緊急時は状況に応じて適宜対応する

ケアマネジャーに関する情報

ケアマネジャーの構成

専従1名、兼務0名/男性0名、女性1名

ケアマネジャーが保有している資格

看護師

運営している法人の情報

法人の種類 営利法人
名称 有限会社 悠悠
所在地 〒3730051
群馬県太田市天良町121-3

情報元について

  • 本サイトは介護サービス情報公表システムでの公表情報と、各事業所様より頂いた情報で作成されています。
  • 情報に誤りがある、閉鎖した事業所が掲載されている等の場合があります。 その場合の対応方法は「よくあるご質問」をご覧ください。

あなたにおすすめのケアマネ事務所

群馬県太田市のケアマネ事務所を見る

近くの別事業所を地図で探す 近くの別事業所を地図で探す

ケアマネの選び方を見る

ケアマネジャーの選び方

ケアマネに関するニュースを見る

ケアマネ

口コミ

ログインをすると、口コミを見たり書き込んだりすることができます。

マモリアニュース

  • 5分100円の家事代行。つながりのインフラをつくる「御用聞き」の挑戦
    5分100円の家事代行。つながりのインフラをつくる「御用聞き」の挑戦
    今回は、高齢者の困りごとを5分100円から解決する家事代行サービスを行っている「株式会社御用聞き(@link{http://www.goyo-kiki.com/})」代表取締役社長の古市さんにお話を伺いました。文京区のNPOやNGO、行政、企業の3社をつなぐ活動をされているフミコムカフェ(@link{https://www.d-fumi.com/})にて取材を行わせていただきました。
    記事を見る
  • [PR]【江東区デイ求人募集】居心地のよい職場で働いてみませんか?
    [PR]【江東区デイ求人募集】居心地のよい職場で働いてみませんか?
    東京都江東区にある短時間入浴介助デイサービスいきいきらいふSPA木場店。スタッフさんの働きやすさを追求して店舗を運営してきました。今回は、5月までに常勤またはパートスタッフさんを募集しています。もしご興味のある方は、LINEまたはお電話にてお問い合わせ下さい♪
    記事を見る
  • 【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    2018年4月14日、「笹川平和財団ビル11階 国際会議場」にて、一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会の設立3周年シンポジウムが開かれました。 今回はこちらのシンポジウムをご紹介します。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る