null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは

介護職員の人手不足、労働環境など介護現場で働く職員の課題や問題についてあちこちで叫ばれています。京都府ではこういった問題を解決する一手として、人材育成などが整備されている福祉施設に対し「認証」を付与するという取り組みをはじめました。
今回はこの京都府の取り組みについてご紹介します。

京都府が行なう福祉改革「認証制度」とは

福祉人材の不足という大きな社会問題に対して京都府が大きな対策を打ち出しました。それが「きょうと福祉人材育成認証制度」です。府内の福祉事業者を対象にした制度であり、人材を育成する仕組みと職員が働きやすい環境や待遇を整えている福祉事業者に京都府が認証を行ないます。認証を行なう目的は大きく2つあります。一つ目は若い人が安心して働ける職場であることを証明すること、二つ目は認証の獲得を目指すことで事業所のレベルアップを目指すことです。

認証制度が導入された背景

認証制度が導入された背景には介護人材の不足があげられます。少子高齢化も理由の一つではありますが、それ以上に介護業界に対する若者のイメージが関係しています。特別な資格を持っていないと仕事が出来ない、給料が安い、離職率が高い、介護の仕事では家族を養うことが出来ないなどが若者の率直な意見です。このイメージは間違った認識とは言えず、実際にこのような事業所は多く存在します。そのため、イメージの回復だけでは人材不足を改善することは難しく、事業所の職場環境が改善され、若者に改善された点が見えるようにすることが必要なのです。そのために導入されたのが認証制度であり、事業所が取得のために職場環境を改善し、認証を得ることが出来れば若者が安心して働くことが出来るのです。

認証制度によって職場環境の改善に成功

認証制度は新規の介護事業者にとっては大きなチャンスです。認証をもらうことで他の事業所と差別化することが出来ますし、目指す際には行政から様々なノウハウを教えてもらうことが出来ます。認証制度には行政の人だけでなく、大学などの福祉の専門家やコンサルタント、人材系企業などのプロフェッショナルが大きくかかわっています。そのため、事業所は実際の現場で役に立つノウハウやアイデアを指導してもらうことが出来るのです。実際に認証制度の取得に挑戦した事業所はたくさんあり、職場環境の改善や新人研修制度の構築に成功しています。

認証制度の将来について

認証制度が導入され、400以上の事業者が取得を目指すようになっており、実際に認証を受けた事業所も100を超えています。将来的にはさらに上が目指せるように上位認証制度を導入することが検討されています。詳細は検討中との事ですが、事業所がさらにレベルアップを目指す際のおおきなモチベーションにつながるでしょう。

将来に必要となる有能な人材

介護業界の人材不足は深刻であり、将来的には介護ロボットや海外からの人材の受け入れも検討されている状況です。その際に大事なことは事業所の中核に福祉の意義を理解した人材がいることです。今からその様な若い人材を確保しておかないといざというときには間に合いません。認証制度によって優秀な若い人が出てきてくれることが期待されます。

期待される全国への好影響

認証制度によって京都府が福祉事業者の職場環境の問題に一石を投じたのはいうまでもありません。このことに感化され他の自治体においても積極的な福祉対策が行なわれることが期待されます。福祉業界には激変の時代がやってくると思われますが、京都府が行なった認証制度のような対策によっていい方向に向かってもらいたいものです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • コンビニによる高齢者向サポート最新事情
    コンビニによる高齢者向サポート最新事情
    コンビニの利用者と言えば、若者を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は若者より高齢者の利用率のほうが年々高くなってきています。各社配食サービスや高齢者向けのお惣菜を揃えるなどのサービスを行っており、高齢者にとってコンビニはさらに利用しやすいスポットとなっています。今回はコンビニが行っている高齢者向けサービスの最新情報をまとめました。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症を問題と定義するのではなく、認知症になっても生きやすい社会をつくろうとしている企業があります。認知症を体験できる「VR(※1)認知症プロジェクト」に取り組んでいる株式会社シルバーウッド。高齢者住宅の運営から、テクノロジーを用いたアプローチまで幅広く事業を展開しており、現在、注目を浴びています。今回は代表取締役下河原忠道様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。
    記事を見る