null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】

楽しいGWもそろそろ間近。しかし、車椅子だと出かけるのにも一苦労、ということもあります。そこで、車椅子でも出かけられるおすすめスポットを、中国・四国地方でピックアップしてみました。バリアフリー対応で、ご家族みなさんで出かけられる安心のスポットです。

シーズン真っ盛りのいちご狩りを車椅子でも「いちご家おおもり」

旬のいちごを思う存分堪能できるいちご狩り。そんないちご狩りを実施しているいちご家おおもりは、伊予I.Cから車で20分のところにある人気のいちご園です。こちらで育てているいちごは、あきひめやさちのかなど全6種類あり、それぞれ甘く熟した状態のいちごを楽しむことができます。園内は完全バリアフリーになっており、車椅子はもちろんベビーカーでの利用も可能で、3世代家族におすすめです。また、車で5分の位置には夕陽の名所でもあるふたみシーサイド公園があり、レストランは車椅子でも利用することができます。

名前 いちご家おおもり
住所 〒799-3202 愛媛県伊予市双海町上灘甲9
アクセス 伊予I,Cから車で約20分
ふたみシーサイド公園から車で5分
HP http://ww91.tiki.ne.jp/~ichigoya/

バリアフリー浴槽もある日帰り温泉郷「湯原ふれあい交流センター」

岡山県の湯原温泉に位置する湯原ふれあい交流センターは、市営の日帰り温泉施設です。湯原温泉の泉質は無味無臭の弱アルカリ単純泉で、美肌に効果があるとされています。館内には内湯のほかにジャグジーやサウナがあるほか、バリアフリー浴槽が設けられていて家族みんなで楽しむことができます。その他休憩室やお土産コーナーもあり、湯上りにリラックスしながら館内を散策するのもよいでしょう。館内も完全バリアフリーになっていて、移動も楽々です。

※写真は湯原ふれあい交流センター様からお借りしています。
名前 湯原ふれあい交流センター
住所 〒717-0402 岡山県真庭市湯原温泉23-2
アクセス JR姫新線中国勝山駅/湯原温泉・蒜山高原行きバス35分/湯原温泉下車徒歩10分
米子自動車道湯原IC/車5分

駐車場:普通車3台、近くに市営駐車場(50台)有
HP http://www.yubara.com/

四季折々の花を眺めながら車椅子で散策「しまね花の郷」

山陰自動車道の出雲I.Cから車で10分のところにあるしまね花の郷は、四季折々の美しい花を堪能できる自然たっぷりのスポットです。広いスペースの一面に咲き誇る花を望めたり、花で絵を描いた模様花壇や緑豊かな小径を楽しみながら散策したりなど、楽しみ方はいろいろ。園内はすべてバリアフリーとなっているので段差はなく、車椅子でもゆっくりと自然を眺めて回ることができます。車椅子の貸し出しも行っていますから、現地に着いてから車椅子を調達してもOKです。また、子供がめいっぱい体を使って遊べる子供広場もあり、家族みんなでくつろげる空間です。

※写真はしまね花の郷様からお借りしています。
名前 しまね花の郷
住所 〒693-0037 島根県出雲市西新町二丁目1101-1
アクセス 山陰道出雲ICから車で5分
HP http://www.shimane-hananosato.com/

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 注意!よくある高齢者をターゲットに対する詐欺
    注意!よくある高齢者をターゲットに対する詐欺
    高齢者に対する詐欺事件が多く発生しています。自分は騙されないと思っている人でも引っかかってしまうケースも多いようです。高齢者ならではの介護などの不安に付け込んだ事件も多いです。現在どういった事件が多く起きているのか知っておきましょう。
    記事を見る
  • ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    訪問介護サービスを利用するときは、ホームヘルパーが要介護者の身の回りの世話をします。ホームヘルパーに対して、どのような内容を、どのくらい頼めるのでしょうか。基本的な仕事内容から、介護保険制度に伴う自己負担額、意外と知らない時間制限などをご紹介します。サービス内容を理解したうえで、要介護者にとって適切な利用をしましょう。
    記事を見る
  • 5分100円の家事代行。つながりのインフラをつくる「御用聞き」の挑戦
    5分100円の家事代行。つながりのインフラをつくる「御用聞き」の挑戦
    今回は、高齢者の困りごとを5分100円から解決する家事代行サービスを行っている「株式会社御用聞き(@link{http://www.goyo-kiki.com/})」代表取締役社長の古市さんにお話を伺いました。文京区のNPOやNGO、行政、企業の3社をつなぐ活動をされているフミコムカフェ(@link{https://www.d-fumi.com/})にて取材を行わせていただきました。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る
  • 終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。
    記事を見る