null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説

介護のことを色々と調べていると、日中に過ごせる場として「デイサービス」や「デイケア」という単語を目にします。どちらも、介護が必要な方が利用可能なサービスなのですが、両者の違いをご存知でしょうか?「デイサービス」と「デイケア」の特徴や違いを正しく知ることで、よりその方に合った介護を行うことができます。それぞれの特徴を確認してみましょう。

デイサービスとデイケアの共通点

介護のサービスは、大きく「施設サービス」と「居宅サービス」の2つに分けることができます。
施設サービスは、病院に入院している方や、特別養護老人ホームに入所している方などが受けられる介護サービスのこと。居宅サービスとは、普段は自宅で生活している方が、病院や特定の介護サービスを提供している場に出向いて受けられる介護サービスのことです。自宅から通って受ける介護サービスのため、別名「通所サービス」と呼ばれることもあります。

デイサービスとデイケアは「居宅サービス」に分類され、自宅から通う方が受けられる介護サービスとなっています。どちらも要支援、または要介護認定を受けている方を対象にしたサービスです。

デイサービスとは?特徴やサービス内容

デイサービスは、「通所介護」と呼ばれています。介護サービスを提供している施設へ出向き、食事や入浴などのサービスや、レクリエーションや機能訓練などのサービスを受けることができます。

デイサービスでは、介護を受ける方が自宅に引きこもってしまうことを避けること、介護を受ける方の心身機能の維持をはじめ、介護する家族の方の負担軽減なども目的とされています。後期高齢者の介護予防や認知症の進行予防などが主な利用者のニーズとなっています。

そのため、サービス提供時間は朝から夕方頃までと比較的長く、デイサービスの利用者と触れ合える昼食やレクリエーションの時間が設けられていることが特徴です。

デイケアの特徴とは?特徴やサービス内容

デイケアは「通所リハビリテーション」と呼ばれています。病院や介護老人保健施設などで提供されているサービスで、運動機能や日常生活動作の向上などを目的としたリハビリが主な目的となっています。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが担当し、専門性の高いリハビリを行っていることが特徴であり、デイサービスとの違いになります。

障害をもったお子さんを対象にしたデイケアもあり、サービスを提供している施設によってデイケアの対象が異なります。そのため、介護を目的としたデイケアサービスを受ける場合には、事前にデイケアの対象者を確認しておくことが必要です。

ショートステイの活用で家族もリフレッシュ

デイサービスとデイケアはいずれも日帰りで受けられる介護サービスですが、「ショートステイ(短期入所)」と呼ばれる宿泊で受けられる介護サービスもあります。介護に疲れてしまってリフレッシュしたい時や、旅行に出かける場合などに利用することが可能です。

ショートステイの注意事項として、ショートステイでは、30日以上連続して宿泊できないことが挙げられます。また、宿泊可能な日数は、要支援度・要介護度によって変わるので、利用時に確認しておくことが必要です。

介護を受ける方に合わせたサービス選び

デイサービスでも機能訓練に力を入れている場合や、デイケアでも生活機能の向上やレクリエーションに力を入れている場合もあります。
介護は1日で終わるわけではないので、「継続して通えるか」「スタッフや施設の雰囲気は合っているか」「介護を受ける方に必要なサービスが受けられるか」などをポイントにサービスを検討することが重要です。実際提供されているサービスは、施設によって異なるので、利用する前には介護を受ける方と一緒に見学してみると良いでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護をしていると、誰にも言えないことや諦めてしまうことが折り重なっていくことがあるかもしれません。 介護福祉士シンガーソングライターとして、介護の現場で働きながら、アコースティックギターの弾き語りで、大好きなお年寄りの歴史や介護にまつわる喜怒哀楽を歌にして届けている方がいらっしゃいます。 今回は、県内を中心に活動の場を全国に拡大していっているシンガーソングライター、かんのめぐみさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • 在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ
    在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ
    在宅介護とは家から通所介護サービスや訪問介護サービスなどの在宅介護サービスを利用すること言います。一方で施設介護とは特養や有料老人ホームなど施設に移住し介護サービスを受けたり生活をすることです。今回は両方のメリット・デメリットをまとめてみました。
    記事を見る
  • こんな時はどうすれば?よくある認知症の対応具体例
    こんな時はどうすれば?よくある認知症の対応具体例
    認知症となると、生活のあらゆるところに支障が生まれてきます。暮らしの中の小さな困難はもちろんですが、場合によっては命が危険な状況に陥ることもあります。本人も困ることが多くなりますが、家族や周りの人がどのように対応して支えていくかという事も重要です。どのような対応をしていくべきか具体例を通して考えていきましょう。
    記事を見る