null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ

リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。

解釈の違いがないか

リフォーム業者との打ち合わせで希望を伝えていても、その通りに改修されないこともあります。図面で大まかな希望だけ伝えると解釈の違いが発生してしまうため、打ち合わせの段階から、手すりの位置や設置する数など細かい部分まで確認しましょう。
なるべく施工の際には立ち合い、一緒に位置決めなど行うと失敗することもなくなります。
このような解釈の違いはリフォーム業者との間だけで発生するのではなく、介護を必要とする方と介護者の間にも生じる可能性があります。

業者の施工が適切であるか

必ずしも経験が豊富なリフォーム業者ばかりとは限りません。介護目的のリフォームを専門としていない業者だと、失敗してしまう可能性もあります。リフォーム業者を選ぶときは、ホームページやパンフレットなどを見て実績を確認する他、過去の改修例の写真やリフォーム件数など参考にします。
リフォーム業者によっては、必要のない手すりまで取り付けて工事費を増やすこともあります。失敗やトラブルを避けるため、こまめな打ち合わせを行い、その改修が必要であるのかどうかを確認しながら進めましょう。住宅改修は在宅サービスの1つとなっており、ケアマネージャーなどの専門家と連携して進めると安心です。

要介護者を優先し過ぎていないか

介護を必要とする方が使いやすく、住みやすい環境にすることも大事ですが、あまり尊重しすぎてしまうと家族が暮らしにくくなることがあります。
改修や福祉用具の設置により、ドアや引き出しが開けにくくなる場合もあります。家族が暮らしにくくなってしまうと、十分に介護を行えない可能性も出てきます。
介護を必要とする方の希望を聞くことはもちろんですが、同居する家族の住みやすさも考えながらバランス良くリフォームを行いましょう。
先を見据えて早まったリフォームをし、失敗するケースも少なくありません。実際に必要になってから改修を行っても十分に間に合います。

手すり設置のポイント

歩行が不安定になると、手すりを設置するケースが多いです。
階段など昇り降りする、ベッドやいすから立ち上がる、扉の開け閉めといった場合に手すりを要します。それぞれの用途によって、手すりの形態も変わってきます。
足腰が弱り立ち上がりの動作ができなくなると、寝たきりになってしまうこともあります。そのような状態にならないためにも、お風呂やトイレなどに手すりを設置すると良いでしょう。
手すりを設置する場合、高さや太さが重要です。例えば、地面と水平の手すりであれば、手首の高さが持ちやすいと言われています。材質や滑りにくさにも考慮することで、さらに使いやすくなります。

まとめ

実際に介護が必要になってから、手すりなどの改修を行うことがポイントです。また、失敗やトラブルを引き起こさないよう、業者選びは慎重に行います。ケアマネに相談して快適な暮らしで毎日を過ごしましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    介護予防の一環として、柔軟性、筋力アップ効果が期待できるヨガが注目されています。一般のヨガスタジオを始め、保健機関や自治体主催のシニア世代向けヨガ教室も増加傾向にあります。 今回は、ヨガの流派の中でも人気の高い「パワーヨガ」の前身として知られる「アシュタンガヨガ」をシニア世代でも無理なく出来るように指導する、IYCインターナショナルヨガセンター講師のゆきのさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • 圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    日本では認知度の低い“骨盤臓器脱”は性器脱とも言われ、膀胱脱、子宮脱、直腸脱などの臓器が外に突出してしまう症状です。圧倒的に女性患者数が多く、海外の報告では女性の生涯羅患率が11.1%と報告されている文献もあります。 羞恥心から我慢を重ね、症状が進んでから病院を受診すると手術しかないと言われるケースが多いのが現状のようです。 今回は、独自開発の整体プログラムと“下半身美人ベルト”でメスを入れずに改善を目指す、バランス工房代表の岡林秀和さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護予防に効果あり!高知発祥で話題のいきいき百歳体操とは?
    介護予防に効果あり!高知発祥で話題のいきいき百歳体操とは?
    高知市で開発された介護予防を目的とした体操、通称『いきいき百歳体操』が、全国に広がりを見せています。今回はいきいき百歳体操の内容や効果についてご紹介します。
    記事を見る
  • かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    軽度生活支援事業という言葉を知っていますか?この事業は、高齢者に対し日常生活の援助を行うことにより、自立した生活の継続、要介護状態への進行を防止することを目的として各自治体が行っています。今回は自治体による軽度生活支援事業の実施例をご紹介します。
    記事を見る