null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】

もうすぐGWがやってきます。どこにお出かけしようか考えている方も多いでしょう。中には、車椅子で出かけられるスポットはないだろうかと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、関西の車椅子OKのスポットを紹介します。この記事を参考にして、車椅子の方も含めご家族でGWを楽しんでください。

バリアフリー対応のロープウェイで「ハーブ園」へ

神戸市中央区の神戸布引ロープウェイを利用して山の頂上まで上り、降り立ったところに広がるのが神戸布引ハーブ園です。バリアフリー対応になっているロープウェイで、車椅子のまま楽々乗車することができます。山頂にある展望プラザや、女性に人気のバラが咲き乱れるローズシンフォニーガーデン、フレグランスガーデンなどはそのまま車椅子で回れますし、レストランやカフェも全てバリアフリーとなっています。歩道を下っていくときには、施設に備え付けの電動車椅子に乗り換えて散策することができます。

※写真は神戸布引ハーブ園様からお借りしています。
名前 神戸布引ハーブ園
住所 〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3
アクセス JR新幹線新神戸駅近くの駐車場(ANAクラウンプラザホテル神戸等)を利用し、 ロープウェイ「ハーブ園山麓駅」より約10分。ハーブ園山頂駅下車。
HP http://www.kobeherb.com/

完全バリアフリーであふれる自然に触れられる「あいとうマーガレットステーション」

季節の花や農作物などを楽しめる、あいとうマーガレットステーションは、車椅子で訪れても嬉しい完全バリアフリー対応です。GWの時期に開催されるイチゴ狩りの会場にも車椅子で入場できるようになっていますので、存分にイチゴ狩りを楽しむことができます。イチゴ狩りは45分食べ放題制ですが、先着順で人気の高いイベントですから、当日は早めに受付を済ませることをおすすめします。その他、甘く熟した温室メロンが販売されるなど、旬のフルーツを味わうこともできます。園内の建物の入口にはスロープがあるほか、車椅子用のトイレも設置してあります。車椅子専用の駐車場も用意されていて、安心して利用できるスポットです。

名前 あいとうマーガレットステーション
住所 〒527-0162 滋賀県東近江市妹町184-1
アクセス 名神高速八日市インターより約4.5km(約7分)
名神高速湖東三山スマートインター(ETC専用)より約6.5km(約10分)
名神高速彦根インターより約20km(約30分)
その他バスや電車でもアクセス可能
HP http://www.aito-ms.or.jp/

世界中の海の生き物を車椅子でも堪能できる定番の「海遊館」

「すべてのものは、つながっている」というコンセプトのもと、世界各国の海の生き物を環太平洋の位置関係を軸にして展示しているのが海遊館です。それはまさに太平洋の縮図とも言え、単に生き物を見るだけではなく、それらの関係性を通じて自然の雄大さを感じられる仕組みになっています。駐車場には車椅子専用スペースがあるほか、車椅子で入れるトイレも随所に設置されています。その他、混雑時には車椅子の方が観覧しにくくなってしまうことに考慮し、観覧場所に車椅子優先ゾーンが設けられていますので、GWのお出かけも心配いりません。

名前 海遊館
住所 〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
アクセス 車 阪神高速湾岸線・大阪港線 : 「天保山」ICより約5分
その他バスや電車でもアクセス可能
HP http://www.kaiyukan.com/index.html

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 高齢者を癒すアニマルセラピーとは?
    高齢者を癒すアニマルセラピーとは?
    アニマルセラピーとは動物を治療の一部として介在されることにより、対象者の心身の健康や社会的機能の回復を目的とする医療行為の一つです。今回はアニマルセラピーの効果や導入事例をご紹介します。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • 親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    いまや4人に1人が高齢者となった超高齢社会の日本において、介護は決して他人事ではありません。親が階段から落ちた、だんだん物忘れが始まってきた、脳卒中による突然の入院...など、ある日突然、親の介護が必要になることも珍しくありません。今日本では、介護と仕事の両立に悩む人がとても多く、仕事を辞めざるを得なくなった人も。ここでは介護を理由に仕事を辞めないほうがいい理由、介護と仕事の両立のために気を付けたいポイント、それでも仕事を辞めたいときに約束してほしいことをご紹介しようと思います。
    記事を見る
  • 【関西】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【関西】車椅子で行けるお花見スポット3選
    いよいよお花見の楽しめる季節がやって参りました。高齢者の方にも存分にお花見を楽しんでもらいたいものです。でも足元が不自由で車椅子だと花見は難しいと思っている人もいるかもしれません。でも、大丈夫。今回は関西周辺で車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る