null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!

サービス付き高齢者向け住宅、通称サ高住は、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。今回はサ高住の特徴や入居条件などをご紹介します。

サ高住とはどんなもの?

サ高住とは、サービス付き高齢者向け住宅のことです。具体的にどんなものかというと、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。民間事業者が運営し、自治体で認可を受けた住宅です。介護スタッフが常駐しており、介護相談や生活援助を行ってくれます。

有料老人ホームとの違い

高齢者の住まいというと他に有料老人ホームがありますが、これとは異なります。両者の違いは契約内容の違いです。有料老人ホームは、施設の居室や各種サービスを使う利用権を契約するものであるのに対し、サービス付き高齢者向け住宅は、あくまで住居について建物賃貸借契約を結び、別途介護サービスも契約可能とするものです。どちらも終身、居室を使用したりサービスを受けたりすることが可能です。

サ高住のメリット、デメリット

サービス付き高齢者向け住宅のメリットは、まず高齢者でも借りやすい賃貸住宅であることです。また、賃貸借契約なので居住権が有料老人ホームよりも保護されているといえ、敷金などを返還してもらうこともできます。また、数が多いのでいろいろな住宅の中から自分のニーズに合った住宅を選ぶことができます。デメリットとしては、家賃が有料老人ホームよりも高めになることがあります。家賃(月額利用料)は10~30万円くらいまで幅があります。また、介護サービスは住宅の賃貸借とは別途の有料契約になります。自立している高齢者か要介護度が低い高齢者向きで、特別な介護が必要になる場合は基本的に入居できません。

サ高住の入居基準

入居条件としては、まず60歳以上の高齢者、要介護者、要支援者またはその同居者であることが必要です。その他、施設ごとに独自の条件を定めている場合があります。基本的には要介護度が高くないことがポイントで、身の回りことは自分でできる、認知症ではないことなどを条件にしているところがあります。

一度見学してみよう

サ高住は身近な地域に意外とたくさんあります。高齢者でも借りやすく、高齢者のケアにも厚い良い住宅です。一つの選択肢として、ぜひ一度見学してみることをおすすめします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。
    記事を見る
  • シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    介護予防の一環として、柔軟性、筋力アップ効果が期待できるヨガが注目されています。一般のヨガスタジオを始め、保健機関や自治体主催のシニア世代向けヨガ教室も増加傾向にあります。 今回は、ヨガの流派の中でも人気の高い「パワーヨガ」の前身として知られる「アシュタンガヨガ」をシニア世代でも無理なく出来るように指導する、IYCインターナショナルヨガセンター講師のゆきのさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 親の介護の悩みは一人で抱え込まないで!頼りになる相談先、解消方法
    親の介護の悩みは一人で抱え込まないで!頼りになる相談先、解消方法
    介護を続けていると、介護をしている人のほうが、精神的・肉体的に参ってしまうことも多々あります。特に精神的なストレスは、介護の天敵。ストレスに上手く対処することは、介護を続けていく上で欠かせない技術です。ここでは介護ストレスを抱えている人にぜひ試してもらいたい、ストレスや悩みの解消方法や相談先について紹介します。
    記事を見る
  • 終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。
    記事を見る
  • 終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    国内の少子高齢化が進むにつれて、高齢者の「終活」に注目が集まるようになりました。エンディングノートや遺言状を作成し、遺された家族に負担をかけず、自分らしく最期を迎えたいと考える人が増えてきています。こうした中で、高齢者が生前に墓を整理したり、購入したりする動きが加速しているようです。今回は、少し先ですがお墓の購入について考えてみましょう。
    記事を見る