null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護予防にも!?シルバー人材センターとは

定年退職後の生活は、再就職したり、趣味に没頭したりと人それぞれですが、時間を持て余していたり、仕事していないと生活に張り合いがないという方は、シルバー人材センターを利用してみてはいかがでしょうか。

シルバー人材センターとは

シルバー人材センターとは、その地域の高齢者が連携して共に働き、助け合っていくことを目指して、高齢者の就業を促進する取り組みを行っている組織です。
働く意欲や能力のある高齢者の自主的な組織への参加と、能力を発揮する場を設けることで、社会参加による生きがいや生活上の健康促進も目的としています。

シルバー人材センターの仕組み

シルバー人材センターで受けることが出来る仕事は、短期で臨時的なものです。ですから、雇用契約はもちろん、社会保険・労災保険等の適用はありません。仕事の流れは、まずシルバー人材センターが官公庁、事業所、家庭などから依頼を受け、シルバー人材センターに登録している会員へ能力や希望に合わせて仕事を委任する形になります。

シルバー人材センターの利用法

シルバー人材センターから仕事を受けるためには、まず入会手続きを行い、会員登録を行う必要があります。
会員の条件は、原則として60歳以上で健康な方、働く意欲のある方、シルバー人材センターの理念に賛同された方となっています。
入会の申し込みは、センターで入会説明を受け、希望する職種、職歴、資格免許、健康状態などを確認された後、理事会による承認を受けることで会員として登録されます。

シルバー人材センターが請け負う仕事の種類

シルバー人材センターが請け負う仕事は多岐に渡り、自動車の運転、庭木の剪定、襖や障子の張り替え、大工作業、塗装作業、軽事務、宛名書き、公園清掃、除草、農作業、家事、育児、介護など様々です。
基本的に長期の仕事や直接雇用関係が発生する仕事はありませんし、高齢者が働くという点を考慮し、危険な仕事や有害な仕事、万が一の場合に多額の損害賠償が発生する恐れのある仕事はありません。

まとめ

シルバー人材センターは、あくまで「生きがいを得るための就業」を目的としたものですから、一定した収入の保障はありません。ただ、このような活動を通して社会に参加することで、いつまでも健康で生きがいのある生活を実現し、地域での福祉向上や活性化に貢献することが出来ます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子生活を便利にするためのお役立ちグッズ・アプリまとめ
    車椅子生活を便利にするためのお役立ちグッズ・アプリまとめ
    両親が高齢になり、足腰が弱ってきたりすると、外出など移動も大変になってくる事でしょう。 そうなるとそろそろ車椅子を使った生活も考えていろいろと準備をする必要もでてくるのではないでしょうか。 しかしながら、いざ準備となると車椅子をはじめ、どのような物が必要になってくるのか考えてしまう人も多いのかもしれません。 そこで今回、車椅子生活を快適かつ便利に過ごせるためのグッズやアプリ、また最新の電動車椅子の特徴などを紹介していきます。
    記事を見る
  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る
  • 【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に、今回は2回に渡って近著『身軽に生きる』、30万部超ベストセラー『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。
    記事を見る
  • 加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。
    記事を見る