null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

高齢者向けに人気のスポーツ4選!介護予防にもおススメ!

高齢者がスポーツをすることは、体力の衰えを防ぎ、ストレスを解消し、健康を維持することに役立ちます。 また、複数人で行うスポーツは、仲間との絆を深め、日々に張り合いをもたらしてくれます。スポーツをするには体力に自信がない...。今回はそんなシニアの方でも気軽に楽しめるスポーツについてまとめてみました。離れて暮らす親の体力が心配という方、おすすめしてみてはいかがでしょうか。

1.グラウンドゴルフ



かつてシニアの定番スポーツだったゲートボールに代わって、現在のシニアの定番となっているのがグラウンドゴルフです。道具は木製のクラブと大きめのボールで一見するとゲートボールのように見えますが、大きく違う点があります。それは個人競技である事。用意する道具は少なく、場所もあまり選ばないため、気軽に始めることができシニアのみなさまに大人気のスポーツです。

2.ボウリング



若い頃にボウリングブームを経験したシニアの方も多いと思います。ボウリングはスペアを取るためのコントロールや、ピンに対する進入角が重要なスポーツで、若い時ほどのパワーが無くなったシニアの方でもテクニックがあれば若者を凌駕するスコアを出す猛者がたくさんいるスポーツです。個人競技でありながら人との繋がりも多いスポーツであるため、若い人との交流という意味でもシニアにおすすめのスポーツです。

3.バドミントン



ラケットを持って行うスポーツといえばテニスが定番ですが、シニアの方にはバドミントンをおすすめします。理由は競技範囲が狭いこと。テニスはボールを打ち合うため球の速度が落ちづらく競技範囲は広くなりがちです。また、逸らしたボールを遠くに取りにいかなければなりません。しかしバドミントンならば空気抵抗によってシャトルコックの飛ぶ範囲は狭く、すぐに真下に向かって落ちるので回収がとても楽です。競技場所も地域の体育館など身近なところでできる点もおすすめです。

4.バウンドテニス



もう一つラケットを使用するスポーツとしてシニアにおすすめなのがバウンドテニスです。
バウンドテニスは、ルールがテニスに類似しており、テニスコートの約1/6と狭く、場所をとらずに手軽にできることが特徴です。 シングルスとダブルスを楽しめ、動く範囲はテニスに比べて圧倒的に小さく、足腰へ の負担も少ないため、体力や年齢に応じたプレースタイルが可能です。 テニス経験者も経験者じゃなくても手軽に楽しめるバウンドテニス。十分な運動量もあるので、スポーツを通してしっかりと汗をかきたいという人にオススメです。

何よりも楽しむことが大切

今回ご紹介したスポーツはほんの一例です。住んでいる地域や老人クラブで盛んなスポーツもあると思うのでぜひ調べてみてください。
また、フィットネスクラブでも高齢者の方向けサービスが展開されているようです。

介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
https://mamoria.jp/clip/20150914/fitness

スポーツがもともと苦手という方はウォーキングや体操など少し体を動かすだけでも心身共にリフレッシュできておススメです。
楽しみながら適度に体を動かして、健康に毎日を過ごしましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    年明けが近くなり、年賀状の準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。 手書きの手紙や葉書の価値を感じても、「字に自信がない。絵心もない」と、ためらう方も増えている印象です。 今回は、字を書ける人なら誰でも短時間で笑顔あふれる文字の書き方を習得できる「笑い文字」を全国に広げている、一般社団法人 笑い文字普及協会代表理事の廣江まさみさんにお話を伺いました。 約3年間で受講者数1.5万人(2017年春)が受講した「90分で書ける ありがとう講座」、地域限定の日本郵便とコラボした笑い文字フレーム切手(2017年12月発売)が大人気です。
    記事を見る
  • アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。 今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。 新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行し、65歳以上の人口は現在3,000万人を超え(国民の約4人に1人)、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降、医療・介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。 今回は、この2025年問題を解決するために「在宅での看取り」の仕組みを構築し「看取り士」を育成する、日本看取り士会代表理事の柴田久美子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる九州の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。 ※一部、所得によって2割負担となります。
    記事を見る