null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

徘徊

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

最新記事を受け取る

最新記事

  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 大事な家族を守る!認知症の徘徊に効果的な対策法は?
    大事な家族を守る!認知症の徘徊に効果的な対策法は?
    介護中の家族が、目を離すと徘徊してしまうことにお悩みではありませんか?気がつくと家のなかをうろうろと歩き回ったり、外出したまま帰ってこられなくなったりする行動は、認知症の代表的な症状です。ここでは認知症の徘徊に効果的な対策法を、4つまとめてご紹介します。
    記事を見る
  • ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    厚生労働省の調査で、65歳以上の約15%が発症していると明らかになった認知症。認知症の初期症状は、物忘れや何度も同じ話をするなど、家族でもなかなか気づきにくいものです。認知症にはいくつかの種類があり、それに応じた対応をしなくてはなりません。今回は認知症のタイプ別初期症状とチェックポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る
  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • 認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    高齢者数の増加に伴い、認知症を持つ高齢者も増加しています。認知症の方が、施設ではなく住み慣れた地域で安心して暮らすために、現在日本では様々な対応が進められています。その中の1つが、見守り活動です。地域のボランティア活動から、企業によるサービスまでをご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方が家の中や外をぐるぐると歩き回ることを徘徊といい、認知症の方によく見られる行動ですが、実はこの徘徊、本人なりの目的があって徘徊する場合が多いことをご存知でしょうか。 そこで今回は、徘徊とはどういった行動なのか、認知症による徘徊の基本的な知識と対策をご紹介します。
    記事を見る