null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?

近年では、お葬式の内容も多様化して来ました。海や山へ散骨する「自然葬」や、故人が好きだった曲を生演奏する「音楽葬」、生きているうちにお世話になった人々へ感謝を伝える「生前葬」など...。「終活」という言葉も生まれ、「自分らしい最期を迎えたい」と考える人が増えて来ています。そんな中、「エンディングドレス(死装束)」の人気が上昇中です。

「エンディングドレス」は誰が選ぶのか

一昔前までは、亡くなった時に着せる「死装束」は「白装束」が一般的でした。ところが最近では、自分の気に入った「エンディングドレス」を生前の元気なうちから選ぶ人も増えて来ています。また、「最期を綺麗な姿で旅立たせてあげたい」と大切な家族のために遺族がドレスを選ぶケースもあります。

「エンディングドレス」の色やデザイン

「エンディングドレス」は、定番の白だけでなくブルー系や花柄もあります。人気が高いのは淡いピンク色で、自分で選ぶ人の約8割がピンクを選んでいます。刺繍やレースがほどこされ、ふんわりとした生地で着る者をやさしく包み込んでくれます。ドレスと着物の両方から好みのタイプを選ぶことができます。気になる価格は約3万円~27万円です。

「エンディングドレス」を選ぶ際の注意点

「エンディングドレス」を選ぶ時には、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。衣装は着たまま火葬しますので、燃やすことのできる素材で作られていることが第一です。また、横たわると身体の線が出やすくなるため、生地はやわらかくてもある程度のハリが必要でしょう。あまりに派手すぎる色柄も、厳粛な場にそぐわないので避けた方が無難です。淡い色合いの衣装は、故人の顔色を良く見せてくれるのでお勧めですよ。

「エンディングドレス」を着るメリット

「生前気に入っていた服を着たい」または「着せてあげたい」と思っていても、亡くなった姿にその服が似合うとは限りません。それに、「死後硬直」によって洋服を着せることが難しい場合もあります。その点、亡くなった人向けに作られた「エンディングドレス」はスムーズに着せることができます。また、点滴や手術の跡をさりげなくカバーできたり、レースでボリュームを出して痩せ細った身体を豊かに見せたりできるのも「エンディングドレス」の魅力です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    みなさんは車椅子の操作時、転倒しそうになるなどヒヤッとしたことはありませんか。今回は現役のデイサービス職員に聞いた車椅子操作時のよくあるヒヤリハットを場面別にご紹介します。日頃よく操作をする介助者のかた、これから初めて使用される方など、ぜひ操作時の参考にしてみてください。
    記事を見る
  • 介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護職員の人手不足、労働環境など介護現場で働く職員の課題や問題についてあちこちで叫ばれています。京都府ではこういった問題を解決する一手として、人材育成などが整備されている福祉施設に対し「認証」を付与するという取り組みをはじめました。 今回はこの京都府の取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • 在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ
    在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ
    在宅介護とは家から通所介護サービスや訪問介護サービスなどの在宅介護サービスを利用すること言います。一方で施設介護とは特養や有料老人ホームなど施設に移住し介護サービスを受けたり生活をすることです。今回は両方のメリット・デメリットをまとめてみました。
    記事を見る
  • ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    介護サービスを利用する上で必要なケアプラン。一般的にはケアマネに作成依頼するものですが、実は自分や家族が作成できることを知っていますか?手間はかかりますが、自分が受けたい介護サービスを選ぶことは「自分らしく」生きることにつながります。今回は自分でケアプランを作ることのメリットや作成時に気を付けるポイントをお伝えします。
    記事を見る
  • 「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行し、65歳以上の人口は現在3,000万人を超え(国民の約4人に1人)、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降、医療・介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。 今回は、この2025年問題を解決するために「在宅での看取り」の仕組みを構築し「看取り士」を育成する、日本看取り士会代表理事の柴田久美子さんにお話を伺いました。
    記事を見る