null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介

動脈硬化は血管の老化現象とも呼ばれます。血管は普段目に見えない部分ですので、意識することは少ないかもしれません。しかし、血管も確実に老化現象が進んでいるのです。今回は血管年齢を若返らせることができる方法をご紹介します。

動脈硬化とは血管の病気

動脈硬化とは非常に簡潔に言うと、血管の老化現象のことです。動脈は血液を全身に送るための重要な血管です。動脈が硬くなったり、動脈の壁が厚くなると血管が詰まりやすくなったり、心筋梗塞や脳梗塞などにかかる可能性が高くなり、年齢を重ねてくると起こりやすい現象です。
最近では、若い人でも動脈硬化が進行しているケースが多いようです。
高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病があると進行が早いと言われています。

仮に進行していたとしても、「脳卒中」「心筋梗塞」などの病気が起きてしまうまでほとんど自覚症状はありません。
だからこそ、日頃の予防が重要であると言えるのではないでしょうか。

動脈硬化の予防に効果的な食事


血管年齢を若く保つためには、食事による栄養バランスが大切だと考えられています。
その中でも、特に血管に良いとされる食べ物はこちらになります。

・野菜
野菜中心の食生活にすると、腹八分目の生活を実行しやすくなるため、食べ過ぎを防ぎやすくなります。
また、血管の老化を誘因する食後の血糖値の上昇を抑えるメリットもあるため、野菜中心の食生活に変更すると動脈硬化の危険性を減らす事が出来ます。

・イワシ、サバなどの青魚
青魚にはDHAやEPAという物質が含まれていて注目を浴びています。
EPAは傷ついた血管の機能を回復し、柔らかくしなやかな状態に戻すと言われています。

・きのこ、海藻
きのこ、海藻に多く含まれる食物繊維が、血中のコレステロールを減らしてくれます。

・大豆
イソフラボンが豊富に含まれていて、大豆の加工食品である納豆には血液をサラサラにする効果があります。

・赤ワイン、緑茶、ココア
上記の飲み物に含まれるポリフェノールは認知症予防にも効果的です。

・お酢、梅干し
血液をサラサラにする効果のあるクエン酸はお酢や梅干しに多く含まれています。

・水分をきちんと取る
意外とおろそかにしがちですが、水分摂取も重要であると言えます。
脱水状態になると当然ですが、血液もドロドロになります。
特に高齢の方の場合は喉の渇きを感じ辛い事に加え、お手洗いに行くのが億劫に感じてしまい水分摂取を控えがちです。すると、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まってしまいます。

生活習慣を改善


ちょっとした生活習慣の改善でも、血管年齢の若返りが可能です。嗜好品や味の好みに気をつけることも大切です。たとえば味付けの濃いものを食べると動脈硬化の危険性が高まります。早食いもあまりよくなく、食べる量も腹八分目がおすすめです。喫煙習慣のある人はいないでしょうか?喫煙は血液をドロドロにします。効率的にストレスを解消することと、睡眠をしっかりと取ること、毎日適度な運動をすることも血管年齢の若返りのためには重要です。

生活習慣病の治療


たとえば、肥満や高血圧、脂質異常、歯周病、糖尿病などの生活習慣病を抱えている人はいませんか?これらの生活習慣病も動脈硬化の原因となるのです。一つでも当てはまるものがあれば、医療機関にてしっかりと治療を受けましょう。

食生活と生活習慣の改善で血管年齢は若返る!

ご紹介したように、食生活と生活習慣を見直すことで、血管の年齢は若返ります。若いうちから正しい食生活と生活習慣にしておけば動脈硬化になるリスクも格段に減ってくるでしょう。
動脈硬化予防のために、今から生活習慣と食生活の見直しをはじめてみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る
  • この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術
    この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術
    高齢になると高血圧や糖尿病などの生活習慣病で定期的に病院のお世話になる人が多いのではないでしょうか。病院にかかるとき、ちょっとでもお薬代が浮けば嬉しいかも...実はこの4月から「おくすり手帳」を持っていくだけで可能になりそうです。具体的に紹介していきましょう。
    記事を見る
  • 加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。
    記事を見る
  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る