null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選

桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。

タワーから桜見物もよし、園内の散策もよし

場所 五稜郭公園
住所 北海道函館市五稜郭町43-9

観光スポットとして有名な五稜郭公園は北海道有数の桜の名所でもあります。公園内にはソメイヨシノ、南殿、紅しだれ桜、関山など様々な種類の桜が植えられており、園内をピンク色に染めます。五稜郭公園に広がる桜の花道は、舗装された場所があり、車椅子でも安心です。五稜郭タワーの2階には食事処があり、車椅子の利用者には業務用エレベーターが使用できるようになっています。展望台2階からは、城郭の星型を目で実感することができ、桜色に染められた五稜郭全体を見渡すことができます。こちらも車椅子の方はエレベーターで移動が可能です。

車椅子ボランティアも活躍中の桜の世界的名所

場所 弘前公園
住所 青森県弘前市下白銀町1

日本一の呼び声が高い桜まつりが行われる弘前公園は、一生に一度は行きたい桜の名所として有名ですね。散り際には桜の絨毯の絶景も見られます。弘前桜まつりの期間中には、公園内で車椅子ボランティアを行う車椅子応援隊が活動します。車椅子の無料貸出や、介助を行っており、非常に便利です。場内の土道や砂利道は自然なかたちで舗装されており、車椅子の方が移動しやすくなっています。

桜とバラの花園でお花見

場所 開成山公園
住所 福島県郡山市開成1-5

開成山公園は、北辺外周を中心に1300本の桜が植えられており、大木の桜並みが大変見応えがあるお花見スポットです。園路は舗装されているので車椅子で散策可能です。車椅子対応トイレは園内施設の各所にあります。また、併設されている多目的音楽ホール、ミューカルがくと館は車椅子用スロープがあり、全席可動のため車椅子でも気軽に訪れることができますよ。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    両親や親戚など、身近な人が認知症になることが増えています。そんなときに大きな問題になるのが、認知症高齢者の金銭管理。本人に任せるのは不安、でも自分は近くに住んでいないから難しい...。そんなときに利用できる制度を紹介します。
    記事を見る
  • 【認知症基礎知識】認知症の原因・症状をポイント解説
    【認知症基礎知識】認知症の原因・症状をポイント解説
    高齢社会が進む日本で問題となっているのが、認知症患者の急増です。しかし認知症はただの呆けと誤解されるなど、当事者家族以外に正しい知識が定着しているとは言い難い状況です。今回は決して他人事ではない認知症の原因や症状、予防法についてお話していきます。
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    今回は、仕事と介護の両立支援・介護離職防止支援のテーマ第二弾!企業へのインタビューとして、PwCあらた有限責任監査法人システム・プロセス・アシュアランス部江原様にインタビューを実施させていただきました。
    記事を見る