null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ

在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。

介護ベッドの危険性

身体的な介護が必要な場合、家庭に介護ベッドを入れていることは少なくありません。電動によるマットレスの背上げ機能や膝上げ機能、高さ調整機能や、転落防止手すりのサイドレール、自立を助けるベッドグリップなど日常動作のサポートに便利な機能が工夫されています。しかし、誤った使い方による重大な事故も発生しています。機能や操作方法を正しく理解したうえで、利用者の身体状況がベッドに合っているか確認することが必要です。

介護ベッドで起きる事故事例

介護ベッドには便利な機能がある一方で、正しい使い方をしていないことが原因の事故も数多く起きています。一番多い事故は、転倒防止のサイドレール周辺で起きています。横に並んだ2つのサイドレール間に頭や首がはさまってしまい死亡する事故や、サイドレール内のすき間に腕や足が入ってしまい、無理やり引き抜こうとして骨折してしまうという事例もあります。自立を助ける固定レバーでは、ベッドから離れようとして要介護者の衣服がレバーにひっかかり首が絞まって窒息死する事故が起きるなど、ベッドから離れるときにも注意が必要です。介護者や家族が巻き込まれる事故としては、背を上げたベッドの裏側で子どもが遊んでいることに気がつかず背を下げるスイッチを押してしまい、ベッド本体とヘッドボードにはさまれて大けがを負わせてしまう事故もあります。

事故防止のための注意点

平成19年から重大な事故が多数発生していることを受けて厚生労働省は介護ベッドの安全点検の指針を出しました。それを受けて医療・介護ベッド安全普及協議会が設立され、安心して介護ベッドを利用できるルール作りと周知活動がおこなわれています。特に事故が多い横に並んだ2つのサイドレール間は6センチの球状のものが入らないよう指導されています。すき間がある場合はクッションや毛布などで埋めるなどの対策が必要です。さまざまな事故事例をもとに危険を回避するチェックリストつきのパンフレットが配布されているので参考にするとよいでしょう。利用者の機能障害はさまざまで身体の麻痺や認知障害など注意するべきポイントは異なります。ベッドの利用者への注意はもちろんですが、介護者や家族も介護ベッドの取り扱い方法と危険性を理解しておく必要があります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る
  • 改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。
    記事を見る
  • 親孝行がしたいあなたにご紹介!介護付き旅行にバリアフリー温泉!
    親孝行がしたいあなたにご紹介!介護付き旅行にバリアフリー温泉!
    温泉旅館やホテルが、高齢者や障がい者が利用しやすいようバリアフリー対策をしている宿泊施設のことをバリアフリー温泉と呼びます。バリアフリー温泉では、麻痺がある方や車椅子をお使いの方でも温泉を楽しむことができます。今回はそんなおすすめのバリアフリー温泉をご紹介します。
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る