null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ

在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。

介護ベッドの危険性

身体的な介護が必要な場合、家庭に介護ベッドを入れていることは少なくありません。電動によるマットレスの背上げ機能や膝上げ機能、高さ調整機能や、転落防止手すりのサイドレール、自立を助けるベッドグリップなど日常動作のサポートに便利な機能が工夫されています。しかし、誤った使い方による重大な事故も発生しています。機能や操作方法を正しく理解したうえで、利用者の身体状況がベッドに合っているか確認することが必要です。

介護ベッドで起きる事故事例

介護ベッドには便利な機能がある一方で、正しい使い方をしていないことが原因の事故も数多く起きています。一番多い事故は、転倒防止のサイドレール周辺で起きています。横に並んだ2つのサイドレール間に頭や首がはさまってしまい死亡する事故や、サイドレール内のすき間に腕や足が入ってしまい、無理やり引き抜こうとして骨折してしまうという事例もあります。自立を助ける固定レバーでは、ベッドから離れようとして要介護者の衣服がレバーにひっかかり首が絞まって窒息死する事故が起きるなど、ベッドから離れるときにも注意が必要です。介護者や家族が巻き込まれる事故としては、背を上げたベッドの裏側で子どもが遊んでいることに気がつかず背を下げるスイッチを押してしまい、ベッド本体とヘッドボードにはさまれて大けがを負わせてしまう事故もあります。

事故防止のための注意点

平成19年から重大な事故が多数発生していることを受けて厚生労働省は介護ベッドの安全点検の指針を出しました。それを受けて医療・介護ベッド安全普及協議会が設立され、安心して介護ベッドを利用できるルール作りと周知活動がおこなわれています。特に事故が多い横に並んだ2つのサイドレール間は6センチの球状のものが入らないよう指導されています。すき間がある場合はクッションや毛布などで埋めるなどの対策が必要です。さまざまな事故事例をもとに危険を回避するチェックリストつきのパンフレットが配布されているので参考にするとよいでしょう。利用者の機能障害はさまざまで身体の麻痺や認知障害など注意するべきポイントは異なります。ベッドの利用者への注意はもちろんですが、介護者や家族も介護ベッドの取り扱い方法と危険性を理解しておく必要があります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 遠距離介護に便利!飛行機やタクシーなどの介護割引
    遠距離介護に便利!飛行機やタクシーなどの介護割引
    介護はなにかとお金がかかります、そんなときにはいろんなサービスの「介護割引」を使って上手に節約していきましょう。 今回は、遠距離介護にはとくに便利な、交通サービスの介護割引をご紹介します。
    記事を見る
  • こんな時はどうすれば?よくある認知症の対応具体例
    こんな時はどうすれば?よくある認知症の対応具体例
    認知症となると、生活のあらゆるところに支障が生まれてきます。暮らしの中の小さな困難はもちろんですが、場合によっては命が危険な状況に陥ることもあります。本人も困ることが多くなりますが、家族や周りの人がどのように対応して支えていくかという事も重要です。どのような対応をしていくべきか具体例を通して考えていきましょう。
    記事を見る
  • 大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成
    大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成
    認知症に対する不安は、高齢者の大きな悩みの一つではないでしょうか?何か予防策はあるのでしょうか?その予防を考えたグッズが、実体験をもとに作成されました。今回は、介護経験を活かして作成された『認知症予防カルタ』についてまとめました。
    記事を見る
  • 誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    レスパイトケアとは乳幼児や障害児・者、高齢者などを在宅でケアしている家族を癒やすため、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらう家族支援サービスのことです。在宅介護をされている方はデイサービスやショートステイなどの介護保険サービスを利用されている方もいると思いますが、それらもレスパイトサービスの一部と言えます。
    記事を見る
  • ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    「平成28年版高齢社会白書」の統計によると、「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」について「自宅」が54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療施設」が27.7%となっています。 今回は、映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督の長谷川ひろ子さんにお話を伺いました。 長谷川さんは、ご自宅で4児の幼いお子さんと共に、ご主人を看取った記録映像を含む「みとりびと」のドキュメンタリー映画を製作されました。 この映画は2015年4月以来、2年間で180回以上もの自主上映・講演会が催され、全国に 上映の輪が広がっています。
    記事を見る