null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう

高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。

高齢者は調理器具にも工夫したい

高齢になると若いときには当たり前にできたことが苦手になってきます。なるべく手がかからず安全に使えて便利なものに替えていく必要があります。たとえば調理器具もそのひとつです。高齢者の時代はガスコンロを使って火で調理をすることが当たり前ですが、万一消し忘れでもあれば大変なことになってしまいます。

使いやすい調理器具とは

高齢者にとって使いやすいのは、とにかく扱いが楽な調理器具です。実は一般的に使われている調理器具のほとんどが、高齢者には使い勝手が悪いものになっています。たとえば、包丁は持ち手の延長に刃があっては切るのに大きな力が要ります。なべ蓋のつまみも通常サイズでは小さいので、持てずに火傷をしてしまう可能性があります。また、できるだけ火を使わないですむ調理に切り替えて、火災の危険性を少なくしていく方が良いでしょう。

おすすめは電磁調理器

高齢者におすすめなのが電磁調理器です。コンロならばIHコンロ、卓上で鍋料理などができる電磁調理器もあります。火を使いませんし安全装置もついているので、火災を起こす心配はまずありません。電磁調理器はお手入れも楽なのでキレイに使い続けることができます。ただし、いくつか注意点もあります。まず、電磁調理器で使える鍋類は決まっていますので、なければ購入しなければなりません。また、火で調理をすることが当たり前の年代では、使い方をしっかり覚えてもらう必要もあります。消費電力に気をつけないとブレーカーが落ちる場合もありますので気をつけましょう。

電磁調理器には購入補助がある自治体も

自治体によっては、電磁調理器の購入に対して補助金を出してくれるところも出てきています。火災報知器設置費用の助成などとともに、一人暮らしも多い高齢者が調理などで火災を起こさないように配慮しています。
例えば、神奈川県秦野市では軽度の認知症があり一人暮らしの高齢者に対し、電磁調理器、最高20,000円の助成金制度を設けています。条件や金額などは自治体によって異なりますので、自治体の福祉課やケアマネージャーなどに問い合わせてみて下さい。

上手に使って安全・快適な調理を

高齢者の調理で一番心がけたいことは、楽で安全なことです。ある程度の年齢になったら、これまで使っていたものを全て見直すことも必要です。電磁調理器は安全でとても使いやすいものです。助成金などを上手に活用しながら、電磁調理に切り替えてみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護保険料の地域差について考える
    介護保険料の地域差について考える
    介護保険料についての問題で、最近大きく注目を集めているのが、「地域格差」です。昨年10月中旬、厚生労働省は介護保険料を全国的に比較することができるオンラインシステムを構築しました。そのことによって、地域による保険料の違いをなくしていくよう、高い自治体で過剰なサービスが行われていないかなど分析し、見直しに努めるようにと促していく方針を打ち出したのです。その具体的な内容についてまとめました。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    「平成28年版高齢社会白書」の統計によると、「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」について「自宅」が54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療施設」が27.7%となっています。 今回は、映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督の長谷川ひろ子さんにお話を伺いました。 長谷川さんは、ご自宅で4児の幼いお子さんと共に、ご主人を看取った記録映像を含む「みとりびと」のドキュメンタリー映画を製作されました。 この映画は2015年4月以来、2年間で180回以上もの自主上映・講演会が催され、全国に 上映の輪が広がっています。
    記事を見る
  • ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    高齢化社会が進む現代において、「地域のつながり」が再重要視されています。 一般社団法人シニアライフマネジメント協会 代表理事の肘井哲也さんは、「人を育てる町づくり」を掲げ、子どもの貧困支援、起業家やフリーランスの活動支援、「いのち」と向き合う数多くのイベントやプロジェクト運営をしています。 本日は、高齢者と、ご家族をトータルにサポートするための、「私のまちのRe(リ)ライフ相談室」の取組みについて、お話を伺いました。
    記事を見る