null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ

近年高齢者の健康志向が高まっており、その影響で高齢者によるフィットネスクラブの利用者は年々増加傾向にあります。またそういったニーズに応えるようにフィットネスプクラブ側も高齢者向けのさまざまなサービスを提供しはじめています。今回は高齢者向けのフィットネスクラブのサービスをご紹介いたします。

シニア専用スタジオがある『東急スポーツオアシス』


首都圏を中心に約40店舗展開している東急スポーツオアシスでは、60歳以上の方向けの健康づくりプログラムを提供しています。
健康づくり教室では、高齢期に必要なバランス能力や筋力維持向上に効果的なプログラムを展開しており、60代~90代まで幅広い年齢層の方が利用できるサービスです。
日常動作が楽になるよう開発された、はつらつ体操教室や、膝痛を持っている人向けの体操などを行って言います。
利用者の声としては、体力がついた・友達ができて楽しい・病気や血圧などが改善されたなどの声があるようです。
また、シニア専用スタジオを用意しており、高齢者向けの運動マシンがあったり、運動が苦手な人でも気軽に取り組める太極拳やヨガなどを展開しています。

東急スポーツオアシス

http://www.sportsoasis.co.jp/

体力をつけながら認知症予防!『コナミスポーツクラブ OyZ』

コナミスポーツクラブではOyZという60歳以上向けの運動スクールを展開しています。管理栄養士や健康運動指導士によって行われる身体ケアや栄養指導まで、シニア層の健康を願ったプログラムが実施されています。有酸素運動と頭を使う動きを組み合わせた運動を行うことで軽度の認知症予防できるプログラム「脳活性化コース」があり、他にも足腰強化コースなどさまざまなニーズにあわせたプログラムを展開しています。
体験料金は1080円で、本入会している人と一緒になってトレーニングをすることが出来ます。

コナミスポーツクラブ【OyZ】

http://www.konamisportsclub.jp/school/oyz/

リハビリから認知症予防まで幅広いサービスを提供する『ルネサンス』

全国的に知名度の高い「スポーツクラブルネサンス」では、運動指導員による丁寧な指導と、安全で効果的な健康プログラムが実施されています。特に「脳はつらつ教室」というプログラムでは、認知症予防を目的として、脳の活性化に繋がるトレーニングが展開されています。内容としては脳トレエクササイズ、バランス運動、筋力アップ運動が中心となってプログラムが形成されています。脳トレエクササイズはボールなどの道具を用いて、反応力、反応速度、脳への血流を活発にさせるトレーニングで、認知症を予防できる仕組みになっています。また、芸人によるお笑い企画を開催するなど、高齢の参加したいという意欲を引き出すようなイベントなども積極的に行っています。

スポーツクラブ ルネサンス

http://www.s-re.jp/

施設向けのサービスが充実しているセントラルスポーツ


セントラルスポーツでは、自社で介護予防に特化したデイサービスの運営を行うほか、有料老人ホームやデイサービス向けに筋力向上や転倒予防を目的としたプログラムの出張指導などを行っています。無料でコンサルティングを実施し、介護予防プログラム導入に伴う機材の選定・施設設計から、プランや年間スケジュールの作成などを行っています。また、施設のスタッフ向けに運動指導ができるよう研修を実施するなど介護従事者や介護施設へのサービスも豊富です。

セントラルスポーツ

https://www.central.co.jp/

女性専用!1回30分で健康が維持できるカーブス


カーブスは主婦層を中心に人気の体操教室で、全国に900店舗以上を展開しています。利用者は、60歳以上が40%を締めており、最高齢は95歳と高齢者にも手軽に取り組んでもらえるようなプログラムになっています。
リズムに合わせて、マシンでトレーニングしたり、ストレッチするなど1回30分で終了するプログラムはすべてオリジナルに開発されており、従来の有酸素運動の3倍の脂肪燃焼効果を実現しています。また、短い時間で効果が出るだけではなく、事前予約不要、待ち時間なし、1か月定額で何度でも通い放題といったサービスも魅力の一つとなっています。

カーブス

http://www.curves.co.jp/

まとめ

今回は、高齢者の方向けにサービスを展開するフィットネスクラブをご紹介しました。
健康維持には「食事・睡眠・運動」が欠かせないようです。
高齢者の方に人気のスポーツもご紹介しておりますので、よければ参考にしてみて下さい。

介護予防にも!高齢者に人気のスポーツ4選

https://mamoria.jp/clip/20150901/sport

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • プチボランティアで介護に関わる
    プチボランティアで介護に関わる
    介護や高齢者に関わりたいと感じている若者でも現在の仕事や学業を辞めて介護業界に踏み込むことはハードルが高くなかなか実現するのは難しいものです。気軽に関わってみる方法の一つとして、NPO法人ドットファイブトーキョーが主催するプチボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。今回は、このプチボランティアの取り組み内容についてまとめてみました。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【九州】 【子どもと一緒】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【九州】 【子どもと一緒】
    九州には温泉をはじめ、豊かな自然や美味しい食べ物、テーマパークなどの観光スポットが豊富にあります。最近では、バリアフリー対応の施設が増加して、車椅子で観光を満喫できるようになりました。ここでは、GWに車椅子で楽しめる九州のお出かけスポットについてご紹介します。
    記事を見る
  • 【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    高齢者の方も足が不自由になると、車椅子に頼ることになり、お花見に行くのは無理なのではと考えている人もいるかもしれません。しかし、最近の公園はバリアフリー化も進み、車椅子でも快適に花見ができるのです。そんな、花見が楽しめる公園を厳選して3つ紹介します。
    記事を見る