null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業

今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。

これまでのユニマット リタイアメント・コミュニティの事業内容

ユニマット・グループである「 ユニマット リタイアメント・コミュニティ」は、短期入所生活介護としてはシェア1位を誇る業界大手です。介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、デイサービス、グループホーム、ショートステイ、訪問介護、訪問看護など、高齢者複合介護施設を「そよ風」ブランドで全国展開し、運営しています。また、グループ保有資源を活かしたリゾート型の不動産分譲事業を沖縄県宮古島にて展開するリタイアメント・コミュニティ事業も行っています。

新規事業(1)特化型デイサービス

ユニマット リタイアメント・コミュニティは、既存施設の一部改装という初期投資の抑制と建設期間の短縮で、新事業を展開することを発表しました。新規事業として、特化型デイサービスの通所介護事業所「梅郷ケアセンターそよ風」が2015年10月に開設され、こちらの施設ではシアタールーム始め12種類の個室など、利用者の趣味に合わせたさまざまなレクリエーションが実施できるという特色を持っています。また、すでに2015年7月より、業界初となる料理を通じてのケアサービスを特色とした「なないろクッキングスタジオ」を自由が丘に開設しており、高齢者の可能性を新しい視点で引き出すデイサービス事業所ということで注目を集めました。ユニマット リタイアメント・コミュニティは、今後このような特化型デイサービスの介護事業を拡充していくとのことです。

新規事業(2)自立高齢者向けシェアハウス

介護保険外事業として、既存の施設を改装した60歳以上の自立高齢者向けシェアハウスを開設する予定です。アクティブシニアに向けた、セカンドハウスや一人暮らしの不安解消など、家族の近くに住む「近居」や短期間のみの「ワープステイ」というニーズに応えることを目的としています。1月には船橋ケアセンターそよ風(1Fにてデイサービス運営)にて、開催見学会が行われています。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    介護予防の一環として、柔軟性、筋力アップ効果が期待できるヨガが注目されています。一般のヨガスタジオを始め、保健機関や自治体主催のシニア世代向けヨガ教室も増加傾向にあります。 今回は、ヨガの流派の中でも人気の高い「パワーヨガ」の前身として知られる「アシュタンガヨガ」をシニア世代でも無理なく出来るように指導する、IYCインターナショナルヨガセンター講師のゆきのさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    絵を描くことで認知症の予防・改善に繋がる「臨床美術」が注目を浴びています。本日は臨床美術士養成講座を開講している株式会社芸術造形研究所・代表取締役西田様、彫刻家・NPO法人日本臨床美術協会常任理事・蜂谷様にお話を伺いました。
    記事を見る