null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」

平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。
具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。
体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。
今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。


「整理する・片づける」それは、「人生そのもの」


―なぜ、「お部屋」と「ココロ」の整理収納アドバイザーとして、起業されたのですか?
私は、元々「片づけられない人」でした。
模様替えや収納は好きでしたが、「片づけ」が上手ではなくて。自分でも「どうやったらうまく片づくのか?」と、長年悩んできたのです。

現代は、毎日たくさんの情報が入ってきます。
私も皆さんと同様、何を選択するか、を「整理」して「人生」の意思決定を繰り返してきました。

何をするにしても、自分で道を創る。
様々な場面で、何度も「選択」の機会が訪れます。

複数の道を整理して、「よし、ここ。」と、選んでいく。
「トトノエル」というのは、「人生」と同じなのだと思いました。

「トトノエサービス」では、現在の生活の中の整理ももちろんそうですが、年を重ねていく上でもこの先を見越しながら、その葛藤なども含めて、一緒に整理していきます。

大げさかもしれませんが、「整理する・片づける」とは、「人生そのもの」。
就職、結婚、子育て、退職、老後、などなど...
すべて「整理して、調える」ことは、人生につながる。
そう思って、起業塾講師をやりながら、「トトノエサービス」のご提供を始めました。

ー印象的なエピソードがあれば、お聴かせください。
まさに、お部屋を整えることで、ココロが前向きになったお客様がいらっしゃいました。
「トトノエサービス」をご利用中のお客様が、入院することになったのです。

体調が悪い日が続き、整理もままならなかったご様子で、賞味期限切れの食品、複数の体温計、あちこちから、カイロが箱ごと出てきました。

入院は気持ちが落ち込みますし、大きな病気だと、不安もたくさんありますよね。
体調に合わせてゆっくりと、何日も時間をかけて、“要るもの”と“要らないもの”を分けました。
大切な思い出の物語をお話ししながら、一緒に整理していったのです。

すると、不安や悲しみに溢れていた会話が、「退院したら、これをやろう。」「退院したら、これを着よう。」と、前向きな将来の会話に、徐々に変化していきました。

目的も、単純なお片づけから「退院しても、元気でいられるように整えていこう。」に変化し、入院日間近に片づけが完了しました。

その時、お客様がおっしゃったんです。
「これだけキレイになったのだから、早く戻ってゴハン作らないとね。」と。

その方が、しっかりと前を向こうと決めたことが伝わる瞬間。
「整理させていただいて良かったな。」と、ジーンとしました。

人に片づけを頼むのは、恥ずかしいし勇気がいることかもしれません。
でも、片づける気力・体力がなく、部屋が散らかると気持ちが更に落ち込んでしまうかもしれません。
誰かがそばで一緒にやってくれることの心強さは、何者にも代えがたいのではないかと思います。

―「カウンセリング」をとても大切にされているのですね。
Skype(スカイプ)も、対面も、お話を聴くことはとても大切にしています。
私はペースを大切にするので、1人の方とお話しながら、じっくりやる方が性に合っているなと思います。

キッチンだけ、リビングのみ片づけたい、というご要望も、もちろんあります。
せっかくお片づけのアドバイスをさせていただくなら、その先を、一緒にちゃんと見る。
その上で「どうしたい?」と聴きたくなるのが、性分なのかもしれません。



3か月後でも、半年後でも、5年後でも良い。
周りにとやかく言われるよりも「ご自身が、このお家をどうしていきたいか。」
お客様の想いを聴くことは、私の中ではお片づけに必須な部分です。

シンプルに、楽に暮らす


―思い入れのある品は、「残す・処分する」の判断が難しそうですね。
例えば、息子さんや娘さんが「いらないんじゃないかな。捨てたら?」とおっしゃっても、ご本人にはかけがえのない大切なものがあります。
そこは、ちゃんと話を聴かないと分からないんですね。
家族だからこそ、「捨てて!」と言われて、上手く伝えられない、伝わらないということも、たくさんあります。

以前65歳以上の方向けのセミナーで「娘は、私の母の写真を捨てろと言うんだけれども...。」とご相談をいただきました。




その方は東日本大震災で、津波被害に遭って、それしか手元に残っているものがない方でした。
「そういうのって、捨てなきゃいけないの?」と。

私は「しまう場所があるなら、残しておいて良いですよ。」とお答えしました。
きちんと場所を確保して、普段の生活に困らないなら、私は処分する必要はないと思っています。

ご自分のものはご不要だと思われていても、お子さんにまつわる思い出の品は、どうしたらよいのか判断がつかない方が多いです。
家族共通の思い出の品も、自分で判断出来ない場合がよくあります。
想いが凝縮してしまうんですね。

そんな時第三者が入ることで「残す。処分する。誰かに差し上げる。」という判断がつきやすくなると、今までの経験上ではそう思います。

お部屋の片づけだけでなく、さまざまなことを躊躇している人たちが、背中を押すことで、1歩も2歩も踏み出せる。
いや、半歩でも進めるお手伝いが出来るといいな、と感じます。

―ご家族に言われるケースもあるのでしょうか。
お嫁さんや親御さんに言われて、渋々やる方も中にはいらっしゃいます。
「処分する」ことに、どこかためらいがあって「誰かに言われたから、捨てなきゃ。」と。

そういう時は、綺麗にしたい場所や触らないでほしい箇所を伺います。
綺麗にしたら気分が良くなる。だからまずは綺麗にしたい場所からやります。
そこを一緒にやっていく中で「(モノを)整える」と「(ココロも)調う」ことを実感する方が多いのです。

「この方がシンプルで、楽に暮らせる。」
そういう前向きな気持ちが生まれて、整理出来る範囲が加速度的に広がることもあります。
前向きさは、誰にでもどこかにスイッチがあるとに感じております。
誰かの支えで前向きスイッチを押すことができれば、勇気が出るのかもしれません。

ひとりひとり、「出来る形」で「トトノエトトノウ」


―参考に「片づけのコツ」を教えていただけますか?
片づける時に「上手に収納しよう」と考えてしまうと、しまいこんでわかりづらくなってしまいます。
最初は「今、どういうものがあるのかな?」を意識することが大切です。

例えば、シャツは大体何枚あるか数えてみる。
タオルや食器が大量にある!ハサミが、そこにもここにもある!とか。
収納は「充分あるから、買わなくて良いね。」など、モノの量が判断がつくようになってから、考えていくと良いです。

また、近くに置いておきたいモノ、しまっておいても大丈夫なモノは、普段から意識しておくと、どこに収納すればよいかがわかってくるので安心です。
年を重ねた方もそうですが、私たち世代も含め、入院やいざというときのために「残してほしいモノ」「処分しても構わないモノ」をハッキリ伝えておくと、周りの家族だけでなく、ご自身も安心するのではないでしょうか。

私は「スッキリ整理」と言っても、「全部排除する必要はない。」ということに気をつけています。
すごくキッチリたたみたい方もいれば、ポイッと置きたい方もいます。

そこは臨機応変に、「出来る形」にするのが良いでのではないでしょうか。
「○○しなくちゃいけない。」は、ストレスにもなるので。
「必ず維持してね。」ということではなくて、生活している方の暮らしやすさを大切にしています。

―トトノエサービスは、どの位の頻度での利用がオススメですか?
お洋服や、台所は、季節によって装いが変わりますので、四季に合わせて、3か月か、6か月に1度、がオススメです。
思い立った時でも、生活様式が変化する時でも、みなさまの生活に合わせて、ご利用いただければ嬉しい限りです。

―オオタニさんが描く未来像をお聴かせください。
私自身は、ある人に何かのタイミングで、「あ。そういえばオオタニがいたな。」と思い出してもらえるような存在でいたいと、いつも思っています。
その人の人生にちょこっと、スパイス的な要素としてあれば、1番良いなと。

何か困った時。例えば、よろけた時に「手を貸しますよ。」
雨が降ったから「傘を使いますか?」。涙を流した時に「ハンカチをどうぞ。」とか。
そんな黒子のような感じでいられるといいですね。



事業についてですが、屋号の「トトノエトトノウ」は「整え、調う」をイメージしています。
乱れたものを整えることで、ココロも調いますよ、という意味を込めました。

起業塾の講師という面から、働き方にも注力をしているのですが、
働き方やお部屋を整える、整理・収納という「概念」を通じてみんなが整う。
整えることで、調和が生まれる。

働き方を見つめていく。そのお部屋も、見つめていく。
色んな人を整えることで、和が生まれる事業。

ゆくゆくは、同じ志を持った人たちを育てていきたい。
そして皆さんを支えながら、私自身も成長していきたいと思っています。

お問合わせ・お申込みはこちら

団体概要

トトノエトトノウ
ホームページ:http://ttnettnu.com/totonoetotonou

参考文献

「平成26年度 高齢者の日常生活に関する意識調査」
http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h26/sougou/zentai/pdf/s2-1-2.pdf

執筆者

取材・文:GCストーリー株式会社 阿南
画像提供:トトノエトトノウ、pixabay

マモリア事業部へのお問い合わせ

弊社の取り組みにご興味がある企業様はお気軽にご連絡下さい。
取材希望・事業提携など介護・終活に関わる方のためにご協力出来れば、と思います。

お問い合わせはこちら

https://mamoria.jp/inquiry

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る
  • 介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護をしていると、誰にも言えないことや諦めてしまうことが折り重なっていくことがあるかもしれません。 介護福祉士シンガーソングライターとして、介護の現場で働きながら、アコースティックギターの弾き語りで、大好きなお年寄りの歴史や介護にまつわる喜怒哀楽を歌にして届けている方がいらっしゃいます。 今回は、県内を中心に活動の場を全国に拡大していっているシンガーソングライター、かんのめぐみさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 家族と同居のとき、ホームヘルパーは頼めない!?
    家族と同居のとき、ホームヘルパーは頼めない!?
    在宅介護の重要な担い手であるのが、ホームヘルパーです。しかし、同居の家族がいて人手がある場合はヘルパーを頼むことができない場合があるのです。依頼できる条件や内容、どこまで頼めるのか知っておきましょう。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る
  • 介護予防にも!?シルバー人材センターとは
    介護予防にも!?シルバー人材センターとは
    定年退職後の生活は、再就職したり、趣味に没頭したりと人それぞれですが、時間を持て余していたり、仕事していないと生活に張り合いがないという方は、シルバー人材センターを利用してみてはいかがでしょうか。
    記事を見る