null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”

厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。
今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。
新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。


元気だから始めたい。毎日1分の「つながる」習慣


ー「見守りサービス」開発のキッカケをお聞かせください。
私たちは埼玉県で、ソフトウェア開発を本業として活動しています。
「これまで培ったソフトウェア開発のノウハウを使って、地域の皆さんに貢献できることはないかな。」と思案していた矢先、両親から「2人とも同時期に入院することになった。」と聞かされました。

子育てがひと段落してからは、気になりつつも、なかなか親と連絡を取ったり、会う機会もなくて。
突然、2人同時に「入院」と聞いて、とても戸惑いました。
この時の体験で、「シニアの人たちの、役に立つ解決策を作りたいな。」と思ったのがキッカケです。

ー“困った”実体験から、「みまサポ」が生まれたのですね。
当時は大分慌てまして、両親の入院を機に、普段から連絡をとりあう習慣の大事さを痛感しました。
「便りがないのは元気な証拠」というのは違うな。と。
一方で、面倒な思いをさせたくもない。
それで、パッと目についた、歩数計の数字を毎日送ってもらうことにしたんです。

続けるうちに、2人の平均歩数が分かってきて、少ない日はちょっと心配で、連絡するようになりました。
「あれ?2人一緒にいるはずなのに、なんで今日お父さんだけ少ないの?」
「私は今日、病院の検査で、お父さんは家で留守番だったよ。」
と、コミュニケーションが自然と生まれて、私たち親子の距離がグッと縮まりました。
「こういうのが、“見守り”なんじゃないかな。」と思ったわけです。



特に、医療や介護が必要になった時、自分の場合にはもう遅かったです。
知っていれば、事前に調べたり、心の準備も出来たけど、実際そうはいきません。
「結局何かあってからじゃ、もう遅いな。そうなる前に、ちょっとしたコミュニケーションでいいから、親孝行のつもりでやらなきゃな。」と思いまして。
それを誰でも簡単にやれるようにしたのが、見守りサービスの「みまサポ」です。

新しい「ご近所付き合い」のカタチ


ー「みまサポ2」では、どんなことが出来るのでしょうか。
最新版は、Android(アンドロイド)専用アプリで、2017年2月3日に公開しました。
「家族が離れて生活していても、お互いを身近に感じたい」などのご要望に応える見守りサービスです。
見守りたい方の体調面・防犯面に不安を感じても、お互いに負担なく、連絡を取り合うことが出来ます。

操作は、スマホに不慣れでも、大きなボタンで分かりやすく、簡単にお使い頂けます。
使い方は、毎日、生活の様子(歩数・体調・メッセージ)を入力して、[見守りスタート]ボタンを押すだけです。



入力した情報は、予め指定した宛先に、メールで配信されます。
もし、24時間以上「スマホが動かされない=生活反応がない」時は、音声で呼びかけを行います。
その後もスマホが動かされない場合は、安否確認を促すメールを、家族と弊社へ送信します。
詐欺被害防止のために、不審電話チェック機能もついています。(一部対応制限あり)
非通知や未登録等、不審電話の着信時には、タイムリーに利用者さまやご家族へ、メールで通知します。
※スマホに不慣れな方にも簡単に扱えるように「スマホを持ち上げるだけで家族にメール送信される”簡単機能”」を選択できる点も、「みまサポ2」の特長です。


―家族だけでなく、みんなで「見守り」に無料参加出来るのですよね。
これからの地域社会には、多世代が共存するコミュニティは必要不可欠と考えています。
なにより、見守りは当事者方だけの問題ではないのではと。
そこで、当サービスに賛同し、ご登録頂いた方は、誰でも「見守りサポーター」として、地域の見守りに参加出来ます。

サポーターは、要安否確認者の方へ、お声掛けメッセージを送信できます。
利用者さまの承諾等があれば、駆け付けサポーターとして、安否不明時に駆けつけることもできます。
※利用者さまの承諾なしに、自宅住所が特定できるような情報は開示されません。

普段は、見守られている利用者さまも、お住まいの地域の方を見守ることが出来ます。



外に出たり、面倒な操作をしなくても、スマホがあれば、「みまサポ」アプリを通じて、見守り、見守られることが可能です。
「みまサポ2」をみんなで使えば、“昔ながらのご近所付き合い”のような、共助の関係が拡がります。
これからは“見守りはシェアする時代”。
是非たくさんの方に「みまサポ・サポーター」にご登録いただきたいです。

―地域の見守り、と言うと、「高齢者の一人暮らし」も気になりますね。
いまや高齢者人口の約4分の1が一人暮らし、とも言われています。
私も地域に出て初めて気づきましたが、各地域のサロンで、活動されている方達には、共通点があります。
この方たちは、情報をしっかり持っていて、何かあった時のコミュニティもしっかり作れているんです。

1番心配なのは、“地域の集まりに来ていない人たち”です。
行こうとも思わない方、行きたくても行けない方、この方たちを引っ張り出すのは無理があります。
必ずしも人と会って話すのが好きな方ばかりじゃない。

「出てこなくていいよ!家でゆっくりしていて、これを持っていてください。」と思いました。
部屋の中からでいいから、「あなたが、見守って。」という発想になったんです。

時代に合った「昔ながらのコミュニティ」を全国へ


―1番嬉しかったエピソードをお聞かせいただけますか。
シンプルだけど、「ありがとう。」って言われたことですね。

今年、関西にお住まいの利用者さまから年賀状を頂いたんです。
干支が手書きで描かれていて、「いつも見守ってくれてありがとう。」とメッセージがあって。
わざわざ準備して、住所も調べて送ってくださったことが伝わってきました。

「誰かの役に立てているな。」というのが実感できて、嬉しかったです。
「自分たちのやろうとしてきたことが、多少なりとも伝わったのかなぁ。」と思ったら、疲れも苦労も吹っ飛びました。



嬉しくて、葉書と一緒に写真を撮っちゃいました。(笑)
永久保存の私たちの宝物です。

―「みまサポ2」が描く未来像を教えて頂けますか?
このサービスを通して、高齢者になったら、地域とのつながりを考えることが、当たり前になるキッカケを提供したいです。
今は「見守りサービスを使っている。」と言うと、ネガティブなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、「いつか、みまサポを使っていることが元気なシニアの証」となって欲しいと思っています。
そのためにも、1人でも多くの方にご利用いただき、住み慣れた地域との絆を深め“見守られ、見守る”関係を築くお手伝いをして参ります。
皆さまの日々の生活が充実し、生き甲斐を感じていただければ、これ以上嬉しい事はありません。

「リバティ・イノベーション」は、自由と改革を目指す弊社の理念を表したものです。
チャレンジする気持ちを忘れず、自分たちの信じた道を進むことで、すべての人が幸せを感じる社会を創造します。

お問合わせ・お申込み(見守りサポーター含む)はこちら

0120-562-050(月~金9:00~17:30/土日祝・年末年始除く)

団体概要

株式会社リバティ・イノベーション
ホームページ:http://www.liberty-innovation.co.jp/index.html

参考サイト

みまサポ2 サービス紹介:https://www.liberty-mimasapo.com/
みまサポ情報局 Facebook:https://www.facebook.com/mimasapo/

参考文献

「平成27年 国民生活基礎調査の概況」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa15/dl/02.pdf

執筆者

取材・文:gCストーリー株式会社 阿南
画像提供:株式会社リバティ・イノベーション

マモリア事業部へのお問い合わせ

弊社の取り組みにご興味がある企業様はお気軽にご連絡下さい。
取材希望・事業提携など介護・終活に関わる方のためにご協力出来れば、と思います。

お問い合わせはこちら

https://mamoria.jp/inquiry

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症は、原因によっては治癒可能なものもありますが、長く付き合う必要がある病気でもあります。認知症患者は、激しい感情の起伏や物忘れなどの症状を見せ始めます。それによって、本人だけでなく周囲の人々にもイライラが生じることがあります。認知症に伴うストレスにうまく対応するには、どうしたら良いのでしょうか。
    記事を見る
  • 加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • 【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る