null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【まとめ】車椅子のレンタル 購入のメリット、デメリット比較

要介護度が上がるにつれて、必要になってくるのが車椅子です。要介護者の移動手段として、屋内外共に使用されることになる車椅子ですが、必要になった際には買うのか、借りるのか悩むという方もいます。今回は、車椅子を購入した場合とレンタルする場合のメリットとデメリットを比較していきます。

車椅子を購入する場合のメリット


車椅子を個人で購入する場合のメリットとして、持ち物として自由に扱えるという点が挙げられます。レンタルする場合の車椅子は中古のものが多く、痛みや劣化が気になるという方もいます。また、レンタル車椅子には取り扱いの規約が設けられており、破損や紛失してしまった場合には、規約によっては修繕費や代金を支払わなければいけないこともあります。車椅子を個人で購入する場合は、新品か中古品かを選択することもでき、所有物として自由に扱うことが可能です。

車椅子を購入する場合のデメリット


車椅子を個人で購入する場合は、初期費用にかかる料金が高額になってしまいやすいです。これは、車椅子の購入が介護保険の対象に当たらないことと関係があります。全額実費になってしまうため、初期にかかる費用は自走用車椅子なら2万円から3万円程度、電動車椅子なら20万円から40万円程度が必要になります。また、車椅子が破損してしまった場合などのメンテナンスは個人で行わなければいけません。購入した車椅子を使用しなくなった場合や介護度に合った車椅子に買い替える場合など、使わなくなった車椅子の処分方法に困るという方もおり、管理が難しいといえます。

車椅子レンタルを利用するメリット


車椅子レンタルを利用する場合、レンタル料は介護保険サービスの対象に含まれるため、車椅子入手にかかる初期費用を大幅に抑えることができます。自走タイプの車椅子をレンタルする場合、レンタル料の相場は5,000円から7,000円程度です。しかし、介護保険が適用されることによって、車椅子レンタル料金の自己負担金額は1割にまで抑えられます。1ヶ月あたり、500円から700円程度で車椅子をレンタルすることができ、初期費用を大幅に削減することができるのです。また、故障した際の修繕サービスなどが適用されるレンタルなども存在するため、メンテナンスを行いやすいという点もメリットとして挙げられます。

車椅子レンタルを利用するデメリット


初期費用を抑えることができる車椅子レンタルですが、長期間車椅子を利用する場合は、料金が高くついてしまうということもあります。1ヶ月あたりのレンタル料は500円程度であっても、4年間使用し続けた場合にかかる費用は3万円になります。自走用車椅子の価格帯は2万円前後のものが多いため、この場合は車椅子を購入した方が費用を抑えることができます。電動車椅子をレンタルする場合、1ヶ月あたりにかかる費用は1万円から2万円が相場です。介護保険が適用されることによって、1月あたりの自己負担額は1,000円から2000円程度になります。1ヶ月あたりのレンタル料金が2,000円の電動車椅子を9年間使用し続けた場合、かかる費用は21万円程度です。これは電動車椅子を購入する際の初期費用と、同程度の金額になります。10年以上使用し続ける場合は、レンタル費用がさらにかさんでしまうため、購入した方がお得になる場合もあります。

車椅子を使用する期間を考えることが大切

車椅子を購入するのか、レンタルするのか迷った場合には、車椅子を使用する期間を考えることが重要になります。車椅子購入の初期費用は高額になりがちですが、初期費用が安い車椅子レンタルでも、使用する期間が長いとトータルでかかる費用はかさんでしまいます。使用する車椅子の種類と金額も踏まえながら検討することがポイントです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • 一人暮らしの高齢者におすすめ!の食事の宅配サービスと具体例
    一人暮らしの高齢者におすすめ!の食事の宅配サービスと具体例
    これから高齢者の仲間入りをする方や、高齢者を親に持つ方は、この社会でいかに健康的に長生きするかを考えなくてはなりません。そのために、老人ホームを探すのも重要ですが、まずは日々の食事に目を向けてみましょう。食事は生きるための基本ですし、それ以上に、食事を楽しむことができれば、毎日3回は幸せに過ごせるようになります。現在、高齢者の食環境をよりいいものにすべく、様々な取り組みが行われていますが、今回は配食サービスが具体的にどのようなものなのか、おすすめめの企業、そして様々な取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • 介護予防にも!高齢者のおすすめ外出スポット7選!
    介護予防にも!高齢者のおすすめ外出スポット7選!
    高齢になると、若い頃より活動範囲が狭まってしまうことがあります。しかし最近では、高齢者向けの映画、カラオケ、ゲームセンターなどの娯楽サービスが多様に展開されています。高齢者の外出や娯楽は介護予防にもつながり、好影響をもたらします。今回は、気軽に利用できる外出スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。
    記事を見る