null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点

車椅子は、多くの要介護者に必要とされている移動手段の1つです。お手洗いに行く時など室内間でのちょっとした移動から、買い物や散歩といった外出時の移動まで幅広く活躍してくれます。しかし、一見すると安全に見える車椅子の移動にも危険が伴う場合があります。中でも意外と多いのがフットレストによる事故。そこで、フットレストによる事故例やその対策、フットレストの選び方についてご紹介します。

フットレストで転倒する恐れが!切り傷や擦り傷の原因にも


車椅子についているフットレストとは車椅子に座る人の足を乗せる部分のことですが、フットレストは車椅子の下方にあるため、注意が行き届きにくい部分でもあります。その起こりやすい事故の1つが「転倒」。要介護者を乗せて目的地まで到着した時、フットレストをあげるのを忘れていたために、要介護者が床や地面でなくフットレストの上に立ってしまい、そのまま前に転倒してしまうといったケースが散見されています。

また、要介護者をベッドなどから車椅子に乗せる時にも事故が起こっています。フットレストには角や突起物などがあるため、足に擦り傷や切り傷ができてしまう原因となるのです。特に皮膚が弱い高齢者や要介護者である場合、ちょっと足が当たっただけでも長引く怪我の原因となってしまう恐れがあります。

他に、足がフットレストの後方に滑り落ちて車椅子と地面との間に挟まってしまったり、左右のフットレストの間に足がはまってしまったりといったことが原因で骨折をしたという例も少なくありません。

車椅子を選ぶ時はフットレストを要チェック!


意外と事故につながりやすいフットレスト。これから車椅子の購入やレンタルを検討している方は、フットレストの部分もしっかりチェックすると良いでしょう。

要介護者が自力で立ち上がることができる場合や自分の足で漕いで使用することを希望する場合は、フットレストが取り外しできるものやフットレストの部分だけを上げた(たたんだ)状態にできるもの、フットレストを左右に動かすことができるものが適しています。また、高さの調節も大事です。フットレストの位置が高いと膝を大きく曲げる必要がありますし、逆に位置が低いと足がフットレストにしっかり届かずにサポートできない状態になってしまいます。ポイントとして、要介護者の太ももが座面に軽く触れ、かつフットレストの位置を床から5センチ以上離すことができるものを選ぶと良いでしょう。

関節の不調や骨折など膝をできるだけ曲げたくない方や伸ばしたままにしておきたい方には、角度を自由に調節できる機能がついているフットレストもあります。

介助時はフットレストに気を使い、事故を未然に防ぎましょう


要介護者を転倒や骨折などの怪我から守るため、介護の際はフットレストにも気を配る必要があります。まずはフットレストの位置や角度をきちんと調節してあげましょう。足をきちんとフットレストに乗せることで、フットレストから足が滑り落ちたり、移動中に左右のフットレストの間に足が挟まったりする危険性を回避できます。

また、車椅子で目的地に到着した場合は、要介護者がフットレストの上に立ち上がったりしないように速やかにフットレストを上げたり、左右に動かしたりしましょう。ベッドから車椅子に移動をさせる時もフットレストへの気遣いが必要です。足がフットレストに当たり傷ができないように、足をしっかり支えたり、フットレストを左右に動かしておいたりするといった点に注意すると良いでしょう。フットレストにカバーをつけておくのもおススメです。

目が届きにくいフットレスト!事故に繋がることを忘れないで

フットレストは要介護者の足を守るために必要不可欠な部分です。しかし、使い方を間違えると骨折や転倒、切り傷などさまざまな事故の原因になってしまいます。フットレストは車椅子の中でも下方にあるため他の部分に比べると注意をしにくいかもしれませんが、要介護者を事故や怪我から守るために気を配るよう心掛けましょう。

最新記事を受け取る

併せて読みたい記事

  • 在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    両親や親戚など、身近な人が認知症になることが増えています。そんなときに大きな問題になるのが、認知症高齢者の金銭管理。本人に任せるのは不安、でも自分は近くに住んでいないから難しい...。そんなときに利用できる制度を紹介します。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る
  • 音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    認知症にかかると治療が難しいといわれることがあります。しかし、実際にそうなのでしょうか。認知症になる予防も大切ですが、認知症を発症したとしても現代医学の進歩により様々な治療法があります。そのため、予防の知識を得るとともに、認知症を発症した場合の治療法も知っておくことが大切です。
    記事を見る