null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説

仕事や家庭の都合で、遠距離介護の必要に迫られることも少なくありません。常に目を配れないため不安が伴いがちですが、ポイントを押さえておけば遠距離介護でも安心です。また無理な呼び寄せは、逆に両者にとって負担になる可能性もあります。
遠距離介護の例やポイント、呼び寄せ症候群などについて紹介します。

遠距離介護についての概要

遠距離介護とは、遠くで暮らす親に対して介護が必要になった際に、遠距離のまま介護する場合を指します。家を離れて就職・結婚したり、転勤が多かったりという現代において、増えつつある介護スタイルです。メリットとしては、親が住み慣れた地域で暮らしつづけられる、子ども家族に対する遠慮をしなくて済む、介護者の介護ストレスを軽減できるなどがあります。一方デメリットとして、各種介護サービスの利用が欠かせないため金銭的な負担があり、常には目を配れないため不安が伴うなどが考えられます。

遠距離介護で利用する介護サービスとしては、訪問介護サービスや食事の宅配サービス、家事代行サービスなどがあります。また場合によっては、福祉用具をレンタル・購入したり、家をバリアフリー化したりする必要があります。

遠距離介護の具体例

遠距離介護の例で多いのは、日頃は訪問介護サービスを利用し、週末や月に数回親の元へ帰省するというパターンです。家事や身の回りのことは日中ヘルパーさんに依頼し、夜に高齢者が自分でしなければならない雑事を極力減らしてもらうようにします。

近所の住民にも事情を説明しておき、異変があれば知らせてもらえる仕組みを作っておきます。介護のレベルによっては、家で高齢者が動く際の負担を減らすため、手すりをつけるなどのリフォームも行います。そして帰省できる日に泊まりがけで実家に滞在し、細かいサポートや精神面のケアを行うのです。最近では通信技術の発達に伴い、パソコンやタブレットで顔を見ながらの通話が手軽にできます。通信サービスを利用して、ヘルパーさんのいない日や夜間の様子を確認することも、よく利用される手段です。

遠距離介護のポイント

遠距離介護のポイントは、家族が行う介護と、ヘルパーさんや近所の人に頼む介護・対応を明確に分けておくことです。それにより、高齢者の負担も家族の負担も軽減し、ストレスによるぶつかり合いを避けることができます。

同じく重要なポイントとしては、普段や緊急時に連絡できる手段を確保しておくことです。携帯電話か固定電話か、自宅か介護施設かなど、最も連絡が取りやすい方法を予め打ち合わせしておくことで、危険を回避することができます。また持病や薬、かかりつけ医の情報を把握しておく、通帳など大切なものの保管場所を聞いておくことも大切です。

あとは高齢者の生活リズムやよく行く場所を理解し、まめに連絡を取り合うことで、スレ違いや異変の見逃しを防ぐことができます。

呼び寄せ症候群とは?

子ども家族の元に高齢者を呼び寄せることが、必ずしも両者の幸せにつながるとは限りません。呼び寄せ症候群というのは、田舎の親を都会に呼び寄せることで、逆に介護や認知症の状態が進行してしまうことを指します。住み慣れた場所を離れ、知人がおらず文化も異なる地域に飛び込むことで、高齢者のストレスや孤独感が増し、心身が弱ってしまうのです。また、子ども家族に対する気兼ねもストレスになりえます。

親に介護が必要になった時は、まず本人の意志を確認することが重要です。もし地元で暮らし続けたいというのであれば、家族・親族や近所の人、かかりつけ医などと相談しながら、対応を考える必要があります。
ケアマネージャーや地域包括センターでも、地域の特徴や高齢者の状況に応じた最善策をアドバイスしてくれます。

まとめ

遠距離に暮らす親に介護が必要になった時は、親の意志と自分たちの都合・意志が折り合う、折衷案の模索が大切です。無理に呼び寄せると、お互いの負担になる場合があります。現代の日本では、認知症サポーターなどのボランティアや、地域包括センター、ケアマネージャーなどの相談・支援体制が整ってきています。また高齢者見守りのためのサービスを展開している企業も増えており、遠距離のまま介護することは不可能ではありません。最低限のポイントを抑えながら、無理なく介護と付き合いましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 意外な盲点!?高齢者が運動する際に注意すべきポイント
    意外な盲点!?高齢者が運動する際に注意すべきポイント
    高齢者になってから運動を始める人は少なくありません。趣味として行う場合や健康のために行う場合などがあります。運動自体は決して悪いことではありません。しかし、高齢者の場合、不用意に運動をしてしまうと怪我の原因になることもあります。そこで今回は、高齢者が運動する際に注意した方が良いポイントについて紹介します。
    記事を見る
  • いよいよ開始!マイナンバーが介護に及ぼす影響とは?
    いよいよ開始!マイナンバーが介護に及ぼす影響とは?
    いよいよ2015年10月からマイナンバー交付がはじまりました。今月から一斉にマイナンバーの通知がはじまります。今回はマイナンバー導入により現在の介護の現場がどのように変わるのかまとめました。
    記事を見る
  • 今から始める介護予防!お手軽介護予防教室の中身とは?
    今から始める介護予防!お手軽介護予防教室の中身とは?
    高齢者の増加により介護の必要性が高まっています。しかし、介護は費用も労力もかかり、本人の暮らしにも大きな影を落とします。元気なうちから介護予防をするために教室やサービスを利用していきましょう。 気軽に利用しやすいサービスも多く登場しています。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る