null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

親の介護の悩みは一人で抱え込まないで!頼りになる相談先、解消方法

介護を続けていると、介護をしている人のほうが、精神的・肉体的に参ってしまうことも多々あります。特に精神的なストレスは、介護の天敵。ストレスに上手く対処することは、介護を続けていく上で欠かせない技術です。ここでは介護ストレスを抱えている人にぜひ試してもらいたい、ストレスや悩みの解消方法や相談先について紹介します。

自分の気持ち・感情を整理する

(1)まずは”見える化“する

あなたは要介護者のなにに一番ストレスを感じていますか?徘徊だったり、同じ訴えを繰り返すことだったり、排泄の失敗だったり...人によってストレスのたまるポイントは様々です。ストレスの源を見える化することで、「あ、私はこんなところでいらいらしがちなんだな」「私は実はイライラしているのではなくて悲しかったんだ」等、自分の気持ちを理解でき、意識してストレスに対処することができるようになります。手帳やノートなどに書き出してみるのもいいでしょう。

(2)気分転換をするために、自分の好きなことをする

趣味・旅行といった大きなものから、好きなものを作る、食べる、など、小さなことまで、自分の好きなことをしてみましょう。介護では思い通りにいかないことがたくさんありますが、自分の「できた」という達成感を少しでも感じることができれば、人のいらいらや不満はたいてい解消されてしまいます。介護に時間を取られがちだからこそ、意識して自分の好きなことをする自分だけの時間を取ることが重要です。

(3)これをやるといらいらや悩みが解消される!というアイテムをつくってしまう

「左足から歩き出せば」「水を3倍飲めば」「赤い服を着れば」という、自分のコントロールのきく範囲内で、これをやれば自分の心はすっきりする、という自己暗示をかけましょう。プラシーボ効果をご存知ですか?薬の効果の半分はプラシーボ効果で効いているそうです。人の脳は意外と単純なものなので、自分で自分をだましてしまい、心をすっきりとさせてみましょう。

介護サービス利用の窓口、ケアマネジャーへ相談する

(1)ケアマネジャー

要介護者の認定を受けると、担当してくれるケアマネジャーが決まります。ケアマネジャーは効果的な介護を行うために、介護者の要望などを聞きながらケアの方法や計画を立案してくれます。介護の専門家の中で、介護者が最も接する機会が多い人物であるといえるでしょう。家族の実情を理解している場合も多いので、相談しやすい場合が多いです。

(2)地域包括センターの職員

地域包括センターでは介護認定を受けるための申請を行えます。その他にも介護に関する様々なサービスを行っており、介護に関する相談も受け付けています。職員に悩みを伝えれば、行政関連のつながりを使って、保健師や社会福祉士も巻き込んで解決に取り組んでくれるでしょう。

(3)お悩みから専門的な相談まで、シルバー110番

「シルバー110番 」という電話相談窓口を知っていますか。♯8080へ電話するだけで、専門家が相談に乗ってくれます。正式名称を「高齢者総合相談センター」といい、各都道府県に設置されています。通話料はかかりますが、相談料は無料です。 たとえば、初めての介護で何をどうしたらいいのかわからないと戸惑う家族に、具体的なアドバイスをしてくれます。いろいろと複雑な介護保険や各種介護サービスについても、丁寧に教えてくれるので安心です。 また、高齢者に関わる法的な相談にも乗ってくれます。

(4)同じ悩みを持っている人との会話「家族の会」

介護者には、同じ悩みを抱えている人が少なくありません。最近では全国には「認知症家族の会」「介護者の会・家族会」といった介護をする家族の集まりも、随分と増えてきました。市区町村や介護施設で開催しているところは多いですから、一度参加してみてはいかがでしょうか?自分の抱えている問題が自分だけのものではないと気づくことで、気が楽になることもあるでしょう。また、同じ悩みを抱えている人からのアドバイスをもらえるチャンスでもあります。

(5)インターネットサイトで相談する

何においても、抱えている悩みや不満を自分だけの胸に収めておくのは精神的にしんどいもの。それが介護なら尚更です。 友人や家族が身近におらず相談相手がいない場合、おすすめなのが老人ホームや民間の介護団体などがインターネット上で開いている掲示板です。掲示板では介護についての質問や悩み相談、情報交換が可能で、介護であまり家を空けられない状況でも気軽に利用することができます。

レスパイトケア:ショートステイの有効活用をして物理的に休む

時には息抜きも必要です。介護サービスには、レスパイトケアという家族が介護を休むための介護サービスがあります。「ちょっと頑張りすぎたかな」「この日は出かけたいな」といった時には、ショートステイサービスをぜひ利用しましょう。ショートステイは、1~2日といった短期から1~2週間中期に渡って高齢者を預かってくれるサービスのことです。24時間介護を行っている家族が、安心して休むことのできる環境を提供してくれます。預け先はしっかりした介護施設ですから、高齢者の方も専門家によるサービスが受けられます。

介護のストレスや悩みは積極的に解消しよう

家族の介護をしている人は、いろいろな苦労をしているのではないでしょうか。介護をする立場になると、どうしたら良いのか分からない悩みや行き場のないストレスを抱えるケースが多いです。また、介護というと自分たちだけでなんとかなってしまいそうなイメージがありますが、実は専門的な知識がたくさん必要なため、知らない間に損をしてしまったり、間違えた対処をしてしまうこともあります。もし介護で困った場合は、なるべく早めに専門家や介護経験者に相談をしたり、気分転換をするために周りをどんどん巻き込んで早めに解決をしましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。 今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。 新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。
    記事を見る
  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る
  • 病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    骨折をして入院をすると、すぐに家に戻って以前の生活をするのは難しいですよね。そんなときに利用したいのが、介護老人保健施設(通称:老健)です。どういったサービスが利用できるのか、そのメリット・デメリットを見てみましょう。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る