null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説

介護のことを色々と調べていると、日中に過ごせる場として「デイサービス」や「デイケア」という単語を目にします。どちらも、介護が必要な方が利用可能なサービスなのですが、両者の違いをご存知でしょうか?「デイサービス」と「デイケア」の特徴や違いを正しく知ることで、よりその方に合った介護を行うことができます。それぞれの特徴を確認してみましょう。

デイサービスとデイケアの共通点

介護のサービスは、大きく「施設サービス」と「居宅サービス」の2つに分けることができます。
施設サービスは、病院に入院している方や、特別養護老人ホームに入所している方などが受けられる介護サービスのこと。居宅サービスとは、普段は自宅で生活している方が、病院や特定の介護サービスを提供している場に出向いて受けられる介護サービスのことです。自宅から通って受ける介護サービスのため、別名「通所サービス」と呼ばれることもあります。

デイサービスとデイケアは「居宅サービス」に分類され、自宅から通う方が受けられる介護サービスとなっています。どちらも要支援、または要介護認定を受けている方を対象にしたサービスです。

デイサービスとは?特徴やサービス内容

デイサービスは、「通所介護」と呼ばれています。介護サービスを提供している施設へ出向き、食事や入浴などのサービスや、レクリエーションや機能訓練などのサービスを受けることができます。

デイサービスでは、介護を受ける方が自宅に引きこもってしまうことを避けること、介護を受ける方の心身機能の維持をはじめ、介護する家族の方の負担軽減なども目的とされています。後期高齢者の介護予防や認知症の進行予防などが主な利用者のニーズとなっています。

そのため、サービス提供時間は朝から夕方頃までと比較的長く、デイサービスの利用者と触れ合える昼食やレクリエーションの時間が設けられていることが特徴です。

デイケアの特徴とは?特徴やサービス内容

デイケアは「通所リハビリテーション」と呼ばれています。病院や介護老人保健施設などで提供されているサービスで、運動機能や日常生活動作の向上などを目的としたリハビリが主な目的となっています。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが担当し、専門性の高いリハビリを行っていることが特徴であり、デイサービスとの違いになります。

障害をもったお子さんを対象にしたデイケアもあり、サービスを提供している施設によってデイケアの対象が異なります。そのため、介護を目的としたデイケアサービスを受ける場合には、事前にデイケアの対象者を確認しておくことが必要です。

ショートステイの活用で家族もリフレッシュ

デイサービスとデイケアはいずれも日帰りで受けられる介護サービスですが、「ショートステイ(短期入所)」と呼ばれる宿泊で受けられる介護サービスもあります。介護に疲れてしまってリフレッシュしたい時や、旅行に出かける場合などに利用することが可能です。

ショートステイの注意事項として、ショートステイでは、30日以上連続して宿泊できないことが挙げられます。また、宿泊可能な日数は、要支援度・要介護度によって変わるので、利用時に確認しておくことが必要です。

介護を受ける方に合わせたサービス選び

デイサービスでも機能訓練に力を入れている場合や、デイケアでも生活機能の向上やレクリエーションに力を入れている場合もあります。
介護は1日で終わるわけではないので、「継続して通えるか」「スタッフや施設の雰囲気は合っているか」「介護を受ける方に必要なサービスが受けられるか」などをポイントにサービスを検討することが重要です。実際提供されているサービスは、施設によって異なるので、利用する前には介護を受ける方と一緒に見学してみると良いでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    ネット通販大手が参入し、一時期、話題になった「僧侶派遣サービス」。 運営母体の多くが企業である中、「寺院」が運営主体となり、宗派の垣根を飛び超え、家庭や地域とつながるユニークな団体があります。 大阪・東京を中心に70以上の寺院が協力し、多岐に渡って”人々をつなぐ“活動を展開する「一般社団法人お寺さんの会」。本日は東京の活動拠点である西栄寺東京別院の榎本住職にお話を伺いました。
    記事を見る
  • どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    両親や親戚など、身近な人が認知症になることが増えています。そんなときに大きな問題になるのが、認知症高齢者の金銭管理。本人に任せるのは不安、でも自分は近くに住んでいないから難しい...。そんなときに利用できる制度を紹介します。
    記事を見る
  • 相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    2016年の国立がんセンターによる『最新がん統計予測』で、近年減少傾向にあった患者数が増加予測に転じた「胃がん」。 胃がんの10%前後を占めると言われる「スキルス胃がん」は、自覚症状がほとんどなく、胃壁の中をしみこむように浸潤するため、内視鏡検査でも見つけにくいことが特徴です。 今回は、スキルス胃がんの早期発見・治療のために活動を続ける、がん患者団体「認定NPO法人 希望の会」理事長の轟浩美さんにお話を伺いました。 轟さんは「みいクリニック がんサバイバーシップ室長」として、がん患者さんとご家族の不安を和らげ、理解を促す場づくりにもご尽力されています。
    記事を見る
  • ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    介護サービスを利用する上で必要なケアプラン。一般的にはケアマネに作成依頼するものですが、実は自分や家族が作成できることを知っていますか?手間はかかりますが、自分が受けたい介護サービスを選ぶことは「自分らしく」生きることにつながります。今回は自分でケアプランを作ることのメリットや作成時に気を付けるポイントをお伝えします。
    記事を見る