null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?

地震や津波、台風などの自然災害はいつどこで起こるかがわかりません。とくに要介護の高齢者がいる家庭では、不安が大きいことでしょう。実際に自然災害が起きてから慌てふためくことのないよう、日ごろの備えや心構えが大切です。

自宅待機ができるよう最低でも3日分の備蓄を

自然災害が起きた時、「とにかく逃げなくては!」と焦って避難しがちです。津波は緊急に避難が必要ですが、災害の種類や状況によっては自宅待機の方が安全なケースもあります。自宅で生き延びられるよう最低3日間、可能であれば1週間分の備蓄を用意しておきましょう。ただ、災害のためだけに備蓄するとなると、費用の面でも置き場所の面でも負担になります。普段食べられる物を多めに備蓄しておき、賞味期限の近い物から食べつつ買い足すという方法がお勧めです。

要介護の高齢者がいる家庭での備蓄内容

✔ 食品
レトルトや缶詰、米や麺類、餅などの食品や飲料水が一般的です。おかゆのレトルトパウチは高齢者でも食べやすく、温めなくてもそのまま食べられるので便利です。チョコレートやのど飴、梅干しなども用意しておきましょう。

✔ 飲料水
1人あたり2~3L/1日が一般的です。ミネラルウォーターだけでなく、野菜ジュースも用意しておくと野菜不足の解消になります。

✔ 簡易食器や補助など
ガスボンベとカセットコンロがあると、ライフラインが止まっても調理が可能なので、備えておくとよいでしょう。

✔ 常備薬や簡易トイレ、介護用品
トイレットペーパーなどの生活必需品、常備薬なども必要です。簡易トイレは移動がしづらい高齢者は必ず持っておきたいですね。携帯用シャワートイレも人気です。要介護で紙オムツを使用している高齢者がいる場合は、多めにストックしておくと安心です。

✔ 軍手、帽子、ヘルメット
避難ををすることになったとき、転倒時に体を守るためできるだけ肌の露出を少なくできるような恰好をすることが望ましいですね。

「災害準備ノート」で情報を共有

自然災害に備えて、家族で定期的に避難計画についての話し合いをすることも重要です。とくに認知症の高齢者は、災害時の状況が飲み込めずパニックに陥りがちです。まずは家族が落ち着いて対応できるよう、事前の心構えが必要となります。「災害準備ノート」を作成して連絡先、病歴やアレルギーなどを書き留めておきましょう。情報を共有することができます。

いざという時頼りになるのは隣人

自然災害はいつ起きるかわからないので、家族が仕事や買い物で留守中に起きる可能性もあります。その場合は、ご近所の方が頼みの綱となります。要介護の高齢者と暮らしていることを知らせておくと、困った時に助けてもらえます。いざという時のためにも、普段からご近所付き合いは大切にしておきたいですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    みなさんは車椅子の操作時、転倒しそうになるなどヒヤッとしたことはありませんか。今回は現役のデイサービス職員に聞いた車椅子操作時のよくあるヒヤリハットを場面別にご紹介します。日頃よく操作をする介助者のかた、これから初めて使用される方など、ぜひ操作時の参考にしてみてください。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護をしていると、誰にも言えないことや諦めてしまうことが折り重なっていくことがあるかもしれません。 介護福祉士シンガーソングライターとして、介護の現場で働きながら、アコースティックギターの弾き語りで、大好きなお年寄りの歴史や介護にまつわる喜怒哀楽を歌にして届けている方がいらっしゃいます。 今回は、県内を中心に活動の場を全国に拡大していっているシンガーソングライター、かんのめぐみさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る