null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【北海道・東北】【食べる】

日差しが暖かくなり、外に出かけるのが楽しみな季節となりました。ですが、車椅子だと出先の設備が不安でなかなか出かけられない、と感じている方も多いかもしれません。ここでは、GWに車椅子で安心して出かけられる、北海道・東北のおすすめのスポットをご紹介します。

みどりの牧場を満喫する「小岩井農場まきば園」

岩手県にある「小岩井農場まきば園」は、施設がほぼバリアフリーとなっており、車椅子でゆったりと散策が楽しめます。園内にあるレストラン・売店の「山麓館」・「牧場館(東屋)」や、軽食・スイーツの楽しめる「ミルク館」・「ソフトクリームハウス」などは車椅子で利用でき、それぞれの施設に車椅子利用可能なトイレが設けられています。新緑の季節にぴったりのスポットですよ。

※写真は越後の小岩井農場まきば園様からお借りしています。
名前 小岩井農場まきば園
住所 〒020-0507 岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
アクセス 東北自動車道盛岡I.C.より約15分(12km)

駐車場:2,000台
盛岡駅前「10番」乗場より「小岩井農場まきば園行き」
または「網張温泉行き」バス乗車(約17km 約30分)
HP http://www.koiwai.co.jp/makiba/

うららかな日差しの下、桜を楽しむ「ゆにガーデン」

北海道夕張郡の「ゆにガーデン」は、四季折々の花が咲き乱れるハーブガーデンです。「幸せ」をテーマとして、15のガーデンエリアが設けられ、車椅子で快適に散策できます。4月下旬から「スプリングフラワー フェスタ」が、GW後半には「さくらまつり」も行われ、お花見にはもってこいです。施設内の5カ所のトイレは全て多目的トイレとなっているので、安心して出掛けられますね。また、施設内の3カ所のレストランも、すべて車椅子対応可能となっています。

※写真は越後のゆにガーデン様からお借りしています。
名前 ゆにガーデン
住所 〒069-1218 北海道夕張郡由仁町伏見134-2
アクセス ● 札幌から車で約50分
国道36号線 → 国道274号線または道道札幌夕張線/約40km
● 新千歳空港から車で約35分
国道337号線→国道274号線→国道234号線/約30km

駐車場:800台、障がい者用駐車スペースあり
HP http://www.yuni-garden.co.jp/

自然の中でアートを体感「札幌芸術の森」

「札幌芸術の森」は、緑豊かな丘陵地に広がる複合的な芸術施設です。「札幌芸術の森美術館」では、国内外の近現代美術や北海道ゆかりの作家の作品が展示され、「野外美術館」では、常設で74点の彫刻の展示が行われています。「札幌芸術の森美術館」では、車椅子で回れるほか、美術館内の喫茶店・トイレも車椅子で利用が可能です。また、野外美術館入口のチケット売り場では、野外美術館を車椅子で回れるモデルコースのマップが受け取れますので、ぜひ参考にしてください。その他、「芸術の森センター」内のレストラン・トイレも車椅子で利用ができます。


※写真は越後の札幌芸術の森様からお借りしています。
名前 札幌芸術の森
住所 〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75番地
アクセス 北広島ICより、国道36号線、道道341号線を常盤方面へ約21km
札幌北ICより、国道5号線を札幌駅方面に向い国道453号線にでて支笏湖方面へ約23km

駐車場:650台
HP http://artpark.or.jp/access/

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • 自分の親が介護が必要になった際に掛かる、お金を今から知っておきましょう!
    自分の親が介護が必要になった際に掛かる、お金を今から知っておきましょう!
    親の介護と言っても、怪我や病気が原因で急に介護が必要になる人や、物忘れの症状が徐々に進行して目が離せなくなり、そろそろ介護が必要になりそうな人など、人それぞれです。共通して不安になることは、介護にかかるお金がどれくらいになるのかということでしょう。今回は、具体例を挙げながら、介護にかかるお金を月額で説明していきます。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る