null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】

美しい自然や歴史的遺産に恵まれた信越・北陸地方は、お出かけを楽しんでみたいエリアの1つでしょう。親御さんと一緒にのんびり散策をするのにもピッタリです。そんな信越・北陸地方には車椅子でも安心して出かけることのできるスポットが様々あります。ここでは、そのスポットの幾つかをご紹介します。

新潟の食を満喫できる「ぽんしゅ館」!

お酒やお米、おそばなど、新潟の様々な食を楽しむことができる「ぽんしゅ館」は、新幹線「越後湯沢」駅の中にあります。駅には駐車場が完備されており西口にはスロープが設置されていますし、駅構内にあるお手洗いは車椅子対応となっているので安心です。また、館内には段差がほとんどないので、車椅子で快適に移動ができますよ。お酒のミュージアムではお酒の試飲ができますし、イートインコーナーではへぎそばや魚沼産のお米を食べることもできます。もちろん、色々な食材が販売されているので、買い物も楽しめます。

※写真は越後のお酒ミュージアムぽんしゅ館越後湯沢店様からお借りしています。
名前 越後のお酒ミュージアムぽんしゅ館越後湯沢店
住所 〒949-6101 新潟県南魚沼群湯沢町湯沢2472-3
アクセス 湯沢I.C.より車で5分
JR越後湯沢駅直通
HP http://www.ponshukan.com/

キレイな景観を楽しめる「松本城」でお散歩

美しい景観が魅力の松本城は、散歩を楽しむのに最適の場所でしょう。城内の全てとはいきませんが、内堀沿いの公園や本丸、二の丸といった多くの場所を車椅子で見てまわることができます。また車椅子対応のお手洗いも本丸や公園、駐車場とあちこちに設けてあります。食事や土産物等の買い物は城外にある「縄手通り」で楽しむことができ、信州そばやたい焼きなど、多くのお店がバリアフリー対応となっています。

※写真は松本城公式HP様からお借りしています。
名前 国宝 松本城
住所 〒390-0873 長野県松本市丸の内4番1号
アクセス 長野自動車道 松本ICから国道158号を松本市街地方面へ向かい約3km(約15分)
松本周遊バス「タウンスニーカー」北コース「松本城・市役所前」下車すぐ
HP http://www.matsumoto-castle.jp/

のびのびと買い物ができる「軽井沢プリンスショッピングプラザ」

「軽井沢プリンスショッピングプラザ」は、ブランドショップはもちろん、洋服や靴、雑貨等のお店が沢山入っているアウトレットモールです。道がキレイに整備されており、車椅子での移動も楽なため買い物を楽しむのに最適です。広々とした敷地にある建物は1階のみのため、エレベーターを探す必要がありません。モール内にあるお手洗いほぼ全てに、車椅子対応のトイレがあるのも魅力です。レストランやカフェもバリアフリーになっている場所が多いため、食事を快適に楽しむことができます。モール内はとても広いためシャトルバスが出ていますが、車椅子でも対応してくれるので安心です。

※写真は軽井沢プリンスショッピングプラザ様からお借りしています。
名前 軽井沢プリンスショッピングプラザ
住所 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
アクセス 上信越自動車道碓井軽井沢I.C.から車で15分
※混雑時は、松井田妙技I.C.からの利用も可能(ただし道幅が狭い)
HP http://www.karuizawa-psp.jp/page/

バリアフリーコースもある「兼六園」

日本の名勝であり、様々な美しい景色を眺めることのできる「兼六園」。花の見どころとしても有名で、六勝コースと呼ばれる車椅子でも利用できる散歩コースがあります。駐車場やお手洗いに車椅子利用者対応のものがきちんと設置されているため、安心して散歩を楽しむことができます。公園のすぐ近くには「石川観光物産館」と呼ばれる土産物屋や飲食店が入っている施設があります。こちらもバリアフリー対応となっているため、快適に美味しい食事や買い物を満喫することができます。

※写真は兼六園様からお借りしています。
名前 兼六園
住所 〒920-0937 石川県金沢市丸の内1番1号
アクセス 北陸自動車道 金沢西ICから約30分
北陸自動車道 金沢東ICから約30分
北陸自動車道 金沢森本ICから約20分
兼六園シャトルバス/レトロバス「城下まち金沢周遊」号などもあり
HP http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    過疎化で近くの商店が廃業したり撤退したりしたほか、足腰が弱くなって買い物に出かけられない人を買い物弱者・買い物難民と呼び、その数は推定600万人いると言われています。そんな買い物弱者を救う対策の検討が各所でなされていますが、有償ライドシェアもその一つです。今回は、有償ライドシェアとは何か、導入までの課題などをまとめました。
    記事を見る
  • 介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    高齢になると足腰が弱くなり、段差でつまずきやすくなったり、転倒しやすくなったりします。杖や手押し車を日常利用していても、人の手を借りる介護はどうしても必要になってきます。実際に、要介護になるにはどんな原因があるのでしょうか。その原因と症状、予防法などの対策も合わせてご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    寒い冬は空気が澄んでイルミネーションが一層輝く季節です。心も明るくなるようなイベントに出かけませんか。車椅子でも行けるスポットをご案内します。
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • 【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    2017年6月に公表された厚生労働省「保険医療2035」での提言では、当年の「総合診療医」資格化に向けて、質の担保・人材育成、地域主体の保険医療再編の重要性等に関するレポートが発表されました。 今回は「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生に「解決できない苦しみ」といかに向き合うか、お話を伺いました。 「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。
    記事を見る