null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】

美しい自然や歴史的遺産に恵まれた信越・北陸地方は、お出かけを楽しんでみたいエリアの1つでしょう。親御さんと一緒にのんびり散策をするのにもピッタリです。そんな信越・北陸地方には車椅子でも安心して出かけることのできるスポットが様々あります。ここでは、そのスポットの幾つかをご紹介します。

新潟の食を満喫できる「ぽんしゅ館」!

お酒やお米、おそばなど、新潟の様々な食を楽しむことができる「ぽんしゅ館」は、新幹線「越後湯沢」駅の中にあります。駅には駐車場が完備されており西口にはスロープが設置されていますし、駅構内にあるお手洗いは車椅子対応となっているので安心です。また、館内には段差がほとんどないので、車椅子で快適に移動ができますよ。お酒のミュージアムではお酒の試飲ができますし、イートインコーナーではへぎそばや魚沼産のお米を食べることもできます。もちろん、色々な食材が販売されているので、買い物も楽しめます。

※写真は越後のお酒ミュージアムぽんしゅ館越後湯沢店様からお借りしています。
名前 越後のお酒ミュージアムぽんしゅ館越後湯沢店
住所 〒949-6101 新潟県南魚沼群湯沢町湯沢2472-3
アクセス 湯沢I.C.より車で5分
JR越後湯沢駅直通
HP http://www.ponshukan.com/

キレイな景観を楽しめる「松本城」でお散歩

美しい景観が魅力の松本城は、散歩を楽しむのに最適の場所でしょう。城内の全てとはいきませんが、内堀沿いの公園や本丸、二の丸といった多くの場所を車椅子で見てまわることができます。また車椅子対応のお手洗いも本丸や公園、駐車場とあちこちに設けてあります。食事や土産物等の買い物は城外にある「縄手通り」で楽しむことができ、信州そばやたい焼きなど、多くのお店がバリアフリー対応となっています。

※写真は松本城公式HP様からお借りしています。
名前 国宝 松本城
住所 〒390-0873 長野県松本市丸の内4番1号
アクセス 長野自動車道 松本ICから国道158号を松本市街地方面へ向かい約3km(約15分)
松本周遊バス「タウンスニーカー」北コース「松本城・市役所前」下車すぐ
HP http://www.matsumoto-castle.jp/

のびのびと買い物ができる「軽井沢プリンスショッピングプラザ」

「軽井沢プリンスショッピングプラザ」は、ブランドショップはもちろん、洋服や靴、雑貨等のお店が沢山入っているアウトレットモールです。道がキレイに整備されており、車椅子での移動も楽なため買い物を楽しむのに最適です。広々とした敷地にある建物は1階のみのため、エレベーターを探す必要がありません。モール内にあるお手洗いほぼ全てに、車椅子対応のトイレがあるのも魅力です。レストランやカフェもバリアフリーになっている場所が多いため、食事を快適に楽しむことができます。モール内はとても広いためシャトルバスが出ていますが、車椅子でも対応してくれるので安心です。

※写真は軽井沢プリンスショッピングプラザ様からお借りしています。
名前 軽井沢プリンスショッピングプラザ
住所 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
アクセス 上信越自動車道碓井軽井沢I.C.から車で15分
※混雑時は、松井田妙技I.C.からの利用も可能(ただし道幅が狭い)
HP http://www.karuizawa-psp.jp/page/

バリアフリーコースもある「兼六園」

日本の名勝であり、様々な美しい景色を眺めることのできる「兼六園」。花の見どころとしても有名で、六勝コースと呼ばれる車椅子でも利用できる散歩コースがあります。駐車場やお手洗いに車椅子利用者対応のものがきちんと設置されているため、安心して散歩を楽しむことができます。公園のすぐ近くには「石川観光物産館」と呼ばれる土産物屋や飲食店が入っている施設があります。こちらもバリアフリー対応となっているため、快適に美味しい食事や買い物を満喫することができます。

※写真は兼六園様からお借りしています。
名前 兼六園
住所 〒920-0937 石川県金沢市丸の内1番1号
アクセス 北陸自動車道 金沢西ICから約30分
北陸自動車道 金沢東ICから約30分
北陸自動車道 金沢森本ICから約20分
兼六園シャトルバス/レトロバス「城下まち金沢周遊」号などもあり
HP http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護につきものの腰痛...悪化させないためにできること
    介護につきものの腰痛...悪化させないためにできること
    介護の現場で働くスタッフ、介護をする家族に共通の悩みといえば腰痛です。腰痛は悪化すると歩行困難になる場合だけでなく、最悪の場合死亡にいたるケースがあると言われています。今回は介護につきものの腰痛についてまとめてみました。
    記事を見る
  • ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    厚生労働省の調査で、65歳以上の約15%が発症していると明らかになった認知症。認知症の初期症状は、物忘れや何度も同じ話をするなど、家族でもなかなか気づきにくいものです。認知症にはいくつかの種類があり、それに応じた対応をしなくてはなりません。今回は認知症のタイプ別初期症状とチェックポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    両親や親戚など、身近な人が認知症になることが増えています。そんなときに大きな問題になるのが、認知症高齢者の金銭管理。本人に任せるのは不安、でも自分は近くに住んでいないから難しい...。そんなときに利用できる制度を紹介します。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る