null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く

介護疲れで家事が辛い、忙しくて手が回らないなど、誰かに家事を頼みたいときはありますよね。そんなときに便利なのが家事の代行サービスです。介護のサポートは、自治体だけでなく企業の手を借りるのもひとつの手段。ここでは、介護中の家事負担を軽減できる便利なサービスをご紹介します。

訪問介護だけでは、自宅の家事はすべてやってもらえない

自宅での介護を家族だけで行うことには、どうしても限界があります。介護は、自治体の助けや訪問介護のヘルパーさんによって成り立つものです。しかし、訪問ヘルパーさんは被介護者本人に関係のない家事について、原則として業務に含むことができません。一方民間企業の提供している家事代行サービスでは、溜まっている家事や苦手な部分だけなど、個人に合わせた細やかなサービスを受けることができます。

掃除代行ならリクルートの【casial.】


casial.(カジアル)は、掃除に特化した家事代行サービスです。2時間5000円でサービスが利用でき、初めての利用者には割引プランも用意されています。掃除機掛けや整理整頓などの必須作業とプラスして、水廻りや玄関など、優先順位を指定して掃除をしてもらうことができます。どうしても掃除に手が回らない、という時に便利なサービスです。
https://casial.jp/

クラウド型の家事代行【株式会社CaSy】


CaSy(カジー)は、クラウド型の家事代行サービスです。インターネット上で登録されたスタッフを採用することで、安く質の安定したサービスの両立を実現しています。必要な時だけ利用する「スポット」なら、1時間あたり2500円で利用でき、続けて利用したいときはスタッフの指名も可能です。依頼は基本的には2日前の18時までですが、場所や依頼内容によってはそれ以降も「直前リクエスト」サービスで受け付けてくれるのが嬉しいポイント。定期利用で1週間に1回利用すると、2190円まで割引になるのでお得です。
https://casy.co.jp/

地域のシルバー人材センターへの依頼も


プロのレベルまでの掃除を求めない、あまりこだわらないという人なら、地域のシルバー人材センターへ相談してみる方法もあります。基本的に地域の高齢者の希望が優先されるので、必ず見つかるとは限りませんが、主婦歴何十年という方々がシルバー人材として登録されています。価格も、地域差はありますが1時間1000円程度~。ただし、個人差もあるようなので注意が必要です。
http://www.zsjc.or.jp/

疲れてしまったら、自分のことを労わるのも大事!

介護はどんなに大変でも、家のなかの問題だから...と閉じこもってしまいがちです。しかし、無理をしていては長く続けることが難しくなります。プレッシャーを感じ過ぎず、もっと外の人の手を借りることも考えてみてはいかがでしょうか。たまには息抜きとして家事代行をお願いして、自分の時間過ごし、リフレッシュすることも検討してみてくださいね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る
  • “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    長寿国日本の平均寿命は今年、男女とも過去最高を更新し、男性80.75歳、女性86.99歳と発表されました。(厚生労働省 第22回生命表) 平均寿命は今後も伸びると予測される中、自分自身の人生の幕引きの準備と共に、介護・医療・葬儀・埋葬の準備について、選ぶ側の知識と選別眼がより重要になってくると思われます。 今回は、全体像が見えにくい終活について、業界のウラ事情も含めて、みんなでたのしく講義形式で学ぶことができる“終活大学”を主催するNPO法人終活サポートセンター理事の水上由輝德さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。
    記事を見る
  • ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    2015年に発売され大きな話題となったソフトバンク社が開発したロボット『ペッパー君』。発売から即完売となり、さまざまなところで導入が広がってきています。今回は、介護現場での導入事例についてご紹介します。
    記事を見る