null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介

動脈硬化は血管の老化現象とも呼ばれます。血管は普段目に見えない部分ですので、意識することは少ないかもしれません。しかし、血管も確実に老化現象が進んでいるのです。今回は血管年齢を若返らせることができる方法をご紹介します。

動脈硬化とは血管の病気

動脈硬化とは非常に簡潔に言うと、血管の老化現象のことです。動脈は血液を全身に送るための重要な血管です。動脈が硬くなったり、動脈の壁が厚くなると血管が詰まりやすくなったり、心筋梗塞や脳梗塞などにかかる可能性が高くなり、年齢を重ねてくると起こりやすい現象です。
最近では、若い人でも動脈硬化が進行しているケースが多いようです。
高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病があると進行が早いと言われています。

仮に進行していたとしても、「脳卒中」「心筋梗塞」などの病気が起きてしまうまでほとんど自覚症状はありません。
だからこそ、日頃の予防が重要であると言えるのではないでしょうか。

動脈硬化の予防に効果的な食事


血管年齢を若く保つためには、食事による栄養バランスが大切だと考えられています。
その中でも、特に血管に良いとされる食べ物はこちらになります。

・野菜
野菜中心の食生活にすると、腹八分目の生活を実行しやすくなるため、食べ過ぎを防ぎやすくなります。
また、血管の老化を誘因する食後の血糖値の上昇を抑えるメリットもあるため、野菜中心の食生活に変更すると動脈硬化の危険性を減らす事が出来ます。

・イワシ、サバなどの青魚
青魚にはDHAやEPAという物質が含まれていて注目を浴びています。
EPAは傷ついた血管の機能を回復し、柔らかくしなやかな状態に戻すと言われています。

・きのこ、海藻
きのこ、海藻に多く含まれる食物繊維が、血中のコレステロールを減らしてくれます。

・大豆
イソフラボンが豊富に含まれていて、大豆の加工食品である納豆には血液をサラサラにする効果があります。

・赤ワイン、緑茶、ココア
上記の飲み物に含まれるポリフェノールは認知症予防にも効果的です。

・お酢、梅干し
血液をサラサラにする効果のあるクエン酸はお酢や梅干しに多く含まれています。

・水分をきちんと取る
意外とおろそかにしがちですが、水分摂取も重要であると言えます。
脱水状態になると当然ですが、血液もドロドロになります。
特に高齢の方の場合は喉の渇きを感じ辛い事に加え、お手洗いに行くのが億劫に感じてしまい水分摂取を控えがちです。すると、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まってしまいます。

生活習慣を改善


ちょっとした生活習慣の改善でも、血管年齢の若返りが可能です。嗜好品や味の好みに気をつけることも大切です。たとえば味付けの濃いものを食べると動脈硬化の危険性が高まります。早食いもあまりよくなく、食べる量も腹八分目がおすすめです。喫煙習慣のある人はいないでしょうか?喫煙は血液をドロドロにします。効率的にストレスを解消することと、睡眠をしっかりと取ること、毎日適度な運動をすることも血管年齢の若返りのためには重要です。

生活習慣病の治療


たとえば、肥満や高血圧、脂質異常、歯周病、糖尿病などの生活習慣病を抱えている人はいませんか?これらの生活習慣病も動脈硬化の原因となるのです。一つでも当てはまるものがあれば、医療機関にてしっかりと治療を受けましょう。

食生活と生活習慣の改善で血管年齢は若返る!

ご紹介したように、食生活と生活習慣を見直すことで、血管の年齢は若返ります。若いうちから正しい食生活と生活習慣にしておけば動脈硬化になるリスクも格段に減ってくるでしょう。
動脈硬化予防のために、今から生活習慣と食生活の見直しをはじめてみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    過疎化で近くの商店が廃業したり撤退したりしたほか、足腰が弱くなって買い物に出かけられない人を買い物弱者・買い物難民と呼び、その数は推定600万人いると言われています。そんな買い物弱者を救う対策の検討が各所でなされていますが、有償ライドシェアもその一つです。今回は、有償ライドシェアとは何か、導入までの課題などをまとめました。
    記事を見る
  • がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る
  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る