null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

コレで安心!要介護の家族が入院・転院した時によくある悩みまとめ

大切な家族が入院したら、どうしていいか分からないなんてこと多いですよね。
家族が要介護状態になったときに、困ることや転院の必要性などなど思いもよらないことが起きることもあるかもしれません。
いざ起きてしまってから右往左往するのは避けたいですね。
そのようなときにすぐに対処できるように知っておかなくてはいけないことがあります。

入院先を決めるのに重要なこと


家族が要介護状態になるまでの理由には様々なものがあります。
例えば、骨折などの外傷を理由にする場合、ガンや脳こうそくなどの体内の病気が原因となる場合、精神分裂症や認知症などの脳や精神の病を理由とする場合がありますが、入院おいて一番大きい理由は自宅での治療ができないことです。
この場合、家族にとってはお見舞いという形で要介護状態の家族に会いに行くことになりますが、これは家族にとって大きな負担になります。例えば、1週間ほどの入院ならばさほど負担に思わないことが多いですが、三か月半年と続く場合には、精神的肉体的に負担となることが多いです。
そのため、患者となる家族の入院先を決める際には、自身が会いにいくために重度の負担にならないかどうか距離環境なども考慮して選択することが大切です。


入院した時に困ること


実際、入院した時に困る問題としては、治療に関するものと要介護状態にある家族の不満に関するものがあります。
まず、治療に関するものは治療期間が延びることがあります。そもそも、入院をする時点で明らかになっている病状は実際精密検査をする前の場合であることも多いです。
そのため、入院してから検査をして病状が当初予想されていたものよりも悪く、治療期間が延びることになります。この際家族にとっては経済的にも精神的にも負担が増えることになります。そのため、当初予定されていた治療期間よりも延びる可能性があることもあらかじめ予想しておくことが大切です。
また、要介護状態にある家族の不満に関する問題としては精神的なものが多いです。そもそも、入院した当初は、病気を抱える患者にとっては病気や将来に対する不安が大きい時期です。この時期では、精神的に極めて弱っている状態のため、家族に対する依存度が上がり連絡を時間帯を問わずとって来たりお見舞いに来るようにお願いをされたりなどが多くなります。ですが、この時期に依存関係を構築させるとその後もそのようにやり続けなくてはならなくなるため、サポートする家族の方が精神的に辛くなります。
そのため、当初から自身が継続できるような対応をすることが大切です。

転院のきっかけ


急性期の病院に入院したとしても、症状が落ちつくにつれ、慢性期の病院に転院することが考えられます。入院当初から病院をいくつかリストアップしておくことが大切です。
また、入院した病院との環境が会わずに転院をする場合もあります。
この場合、具体的にどのような環境が会わないのかをよく考える必要があります。例えば、自身がお見舞いに行くことが難しい距離であることが原因であるならば、どのくらいの距離ならばお見舞いに行くことができるのかよく考える必要があります。
また、病院の医師や看護師が患者となっている家族と合わない場合には転院先の病院に実際に行ってみて雰囲気をしっかりと見定める必要があります。

転院するときの注意点


このように転院先についての候補についてご自身で情報を収集すること大切ですが、人に相談することも大切です。ソーシャルワーカーやケアマネージャーといった資格を持った人が現在入院している病院には勤務しています。
ソーシャルワーカーやケアマネージャーは患者が治療を終えるまでの計画を立てる知識ノウハウを持っているため、相談をすれば患者および家族のサポートをしてくれます。このような専門家に相談して適切な転院先を探すことは重要です。
また、最も重要なことは患者本人の意見を聞くことです。
実際、転院をすると一日を患者はその環境で過ごすことになります。そのため、本人が合わない環境にいってしまうとまた転院をすることになってしまうためまずは本人の意見を尊重しましょう。

まとめ

入院から転院まで患者本人だけでなく家族にとっても様々な問題や悩みが生じることが多いです。
ですが、いざそのような事態に陥っても冷静に対処するためには、事前に起こりうる問題や悩みを想定することが大切です。
このような想定をすることで実際に問題などが生じたときに自然と行動することができます。
実際に、家族が入院したことがない場合には、自分自身で想定することは困難ですがこのような場合には、しっかりとケアマネージャーなどに相談をしてより良い対処法を考えていくことが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症を問題と定義するのではなく、認知症になっても生きやすい社会をつくろうとしている企業があります。認知症を体験できる「VR(※1)認知症プロジェクト」に取り組んでいる株式会社シルバーウッド。高齢者住宅の運営から、テクノロジーを用いたアプローチまで幅広く事業を展開しており、現在、注目を浴びています。今回は代表取締役下河原忠道様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    ネット通販大手が参入し、一時期、話題になった「僧侶派遣サービス」。 運営母体の多くが企業である中、「寺院」が運営主体となり、宗派の垣根を飛び超え、家庭や地域とつながるユニークな団体があります。 大阪・東京を中心に70以上の寺院が協力し、多岐に渡って”人々をつなぐ“活動を展開する「一般社団法人お寺さんの会」。本日は東京の活動拠点である西栄寺東京別院の榎本住職にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る
  • 改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。
    記事を見る