null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術

高齢になると高血圧や糖尿病などの生活習慣病で定期的に病院のお世話になる人が多いのではないでしょうか。病院にかかるとき、ちょっとでもお薬代が浮けば嬉しいかも...実はこの4月から「おくすり手帳」を持っていくだけで可能になりそうです。具体的に紹介していきましょう。

2016年の4月から調剤報酬制度が改定

病院や薬局で支払う医療費の中の調剤報酬制度が2016年の4月から改訂が行われます。その中には、おくすり手帳を持っている場合の料金についての改定が含まれているのです。おくすり手帳を持っているか、持っていないかで料金が変わってきます。

これまでの薬局の料金の仕組み

薬局で支払うお金は、薬の料金と考えている人も多いかもしれません。しかし、領収証をよく見てみると、”調剤技術料“や”薬学管理料”などの項目があるはず。これらは、薬剤師に対して、薬の飲み方の指導や説明を行ってくれる"技術料"として支払っていました。おくすり手帳もこの技術料に含まれていて、70円の技術料、75歳以上の高齢者であれば1回あたり7円の実質負担となっていました。

今後はこう変わる

2016年の4月からの調剤報酬制度改定により、薬剤服用履歴管理指導料として、500円が設定されることになりましたが、おくすり手帳を持参すると380円に割引されることもあわせて決定されました。これまでは、おくすり手帳を持って行くと7円分損であったのが、これからはおくすり手帳を持って行った方が120円の割引、実質負担額に換算すると12円分の割引が受けられることとなったのです。ただし、手帳を持って行くことによる減額が適用されるのは、“6カ月以内に同じ薬局で調剤を受けたとき”のみになるので注意が必要です。

これからはおくすり手帳を持って薬局に行こう

これまで、おくすり手帳を持って行ったら取られていた7円の技術料が、4月からは逆に12円お特になります。また、おくすり手帳は、自分の飲んでいる薬の履歴が記載された大切な情報です。これからはおくすり手帳を大切に保管して、薬局に行く際には必ず提示するようにしたいものです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    介護食とは、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の機能に合わせて、食事をとりやすいように調整された食事のことです。普段は自宅や施設で介護食をとられている方も外食だといつもと違った雰囲気で楽しめるかもしれませんね。今回は関東近郊で介護食を提供しているレストランをまとめてみました。
    記事を見る
  • 親孝行がしたいあなたにご紹介!介護付き旅行にバリアフリー温泉!
    親孝行がしたいあなたにご紹介!介護付き旅行にバリアフリー温泉!
    温泉旅館やホテルが、高齢者や障がい者が利用しやすいようバリアフリー対策をしている宿泊施設のことをバリアフリー温泉と呼びます。バリアフリー温泉では、麻痺がある方や車椅子をお使いの方でも温泉を楽しむことができます。今回はそんなおすすめのバリアフリー温泉をご紹介します。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    近年高齢者の健康志向が高まっており、その影響で高齢者によるフィットネスクラブの利用者は年々増加傾向にあります。またそういったニーズに応えるようにフィットネスプクラブ側も高齢者向けのさまざまなサービスを提供しはじめています。今回は高齢者向けのフィットネスクラブのサービスをご紹介いたします。
    記事を見る