null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術

高齢になると高血圧や糖尿病などの生活習慣病で定期的に病院のお世話になる人が多いのではないでしょうか。病院にかかるとき、ちょっとでもお薬代が浮けば嬉しいかも...実はこの4月から「おくすり手帳」を持っていくだけで可能になりそうです。具体的に紹介していきましょう。

2016年の4月から調剤報酬制度が改定

病院や薬局で支払う医療費の中の調剤報酬制度が2016年の4月から改訂が行われます。その中には、おくすり手帳を持っている場合の料金についての改定が含まれているのです。おくすり手帳を持っているか、持っていないかで料金が変わってきます。

これまでの薬局の料金の仕組み

薬局で支払うお金は、薬の料金と考えている人も多いかもしれません。しかし、領収証をよく見てみると、”調剤技術料“や”薬学管理料”などの項目があるはず。これらは、薬剤師に対して、薬の飲み方の指導や説明を行ってくれる"技術料"として支払っていました。おくすり手帳もこの技術料に含まれていて、70円の技術料、75歳以上の高齢者であれば1回あたり7円の実質負担となっていました。

今後はこう変わる

2016年の4月からの調剤報酬制度改定により、薬剤服用履歴管理指導料として、500円が設定されることになりましたが、おくすり手帳を持参すると380円に割引されることもあわせて決定されました。これまでは、おくすり手帳を持って行くと7円分損であったのが、これからはおくすり手帳を持って行った方が120円の割引、実質負担額に換算すると12円分の割引が受けられることとなったのです。ただし、手帳を持って行くことによる減額が適用されるのは、“6カ月以内に同じ薬局で調剤を受けたとき”のみになるので注意が必要です。

これからはおくすり手帳を持って薬局に行こう

これまで、おくすり手帳を持って行ったら取られていた7円の技術料が、4月からは逆に12円お特になります。また、おくすり手帳は、自分の飲んでいる薬の履歴が記載された大切な情報です。これからはおくすり手帳を大切に保管して、薬局に行く際には必ず提示するようにしたいものです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    絵を描くことで認知症の予防・改善に繋がる「臨床美術」が注目を浴びています。本日は臨床美術士養成講座を開講している株式会社芸術造形研究所・代表取締役西田様、彫刻家・NPO法人日本臨床美術協会常任理事・蜂谷様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる関西の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。
    記事を見る