null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選

桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。

タワーから桜見物もよし、園内の散策もよし

場所 五稜郭公園
住所 北海道函館市五稜郭町43-9

観光スポットとして有名な五稜郭公園は北海道有数の桜の名所でもあります。公園内にはソメイヨシノ、南殿、紅しだれ桜、関山など様々な種類の桜が植えられており、園内をピンク色に染めます。五稜郭公園に広がる桜の花道は、舗装された場所があり、車椅子でも安心です。五稜郭タワーの2階には食事処があり、車椅子の利用者には業務用エレベーターが使用できるようになっています。展望台2階からは、城郭の星型を目で実感することができ、桜色に染められた五稜郭全体を見渡すことができます。こちらも車椅子の方はエレベーターで移動が可能です。

車椅子ボランティアも活躍中の桜の世界的名所

場所 弘前公園
住所 青森県弘前市下白銀町1

日本一の呼び声が高い桜まつりが行われる弘前公園は、一生に一度は行きたい桜の名所として有名ですね。散り際には桜の絨毯の絶景も見られます。弘前桜まつりの期間中には、公園内で車椅子ボランティアを行う車椅子応援隊が活動します。車椅子の無料貸出や、介助を行っており、非常に便利です。場内の土道や砂利道は自然なかたちで舗装されており、車椅子の方が移動しやすくなっています。

桜とバラの花園でお花見

場所 開成山公園
住所 福島県郡山市開成1-5

開成山公園は、北辺外周を中心に1300本の桜が植えられており、大木の桜並みが大変見応えがあるお花見スポットです。園路は舗装されているので車椅子で散策可能です。車椅子対応トイレは園内施設の各所にあります。また、併設されている多目的音楽ホール、ミューカルがくと館は車椅子用スロープがあり、全席可動のため車椅子でも気軽に訪れることができますよ。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    高齢者数の増加に伴い、認知症を持つ高齢者も増加しています。認知症の方が、施設ではなく住み慣れた地域で安心して暮らすために、現在日本では様々な対応が進められています。その中の1つが、見守り活動です。地域のボランティア活動から、企業によるサービスまでをご紹介します。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成
    大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成
    認知症に対する不安は、高齢者の大きな悩みの一つではないでしょうか?何か予防策はあるのでしょうか?その予防を考えたグッズが、実体験をもとに作成されました。今回は、介護経験を活かして作成された『認知症予防カルタ』についてまとめました。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る