null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選

桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。

タワーから桜見物もよし、園内の散策もよし

場所 五稜郭公園
住所 北海道函館市五稜郭町43-9

観光スポットとして有名な五稜郭公園は北海道有数の桜の名所でもあります。公園内にはソメイヨシノ、南殿、紅しだれ桜、関山など様々な種類の桜が植えられており、園内をピンク色に染めます。五稜郭公園に広がる桜の花道は、舗装された場所があり、車椅子でも安心です。五稜郭タワーの2階には食事処があり、車椅子の利用者には業務用エレベーターが使用できるようになっています。展望台2階からは、城郭の星型を目で実感することができ、桜色に染められた五稜郭全体を見渡すことができます。こちらも車椅子の方はエレベーターで移動が可能です。

車椅子ボランティアも活躍中の桜の世界的名所

場所 弘前公園
住所 青森県弘前市下白銀町1

日本一の呼び声が高い桜まつりが行われる弘前公園は、一生に一度は行きたい桜の名所として有名ですね。散り際には桜の絨毯の絶景も見られます。弘前桜まつりの期間中には、公園内で車椅子ボランティアを行う車椅子応援隊が活動します。車椅子の無料貸出や、介助を行っており、非常に便利です。場内の土道や砂利道は自然なかたちで舗装されており、車椅子の方が移動しやすくなっています。

桜とバラの花園でお花見

場所 開成山公園
住所 福島県郡山市開成1-5

開成山公園は、北辺外周を中心に1300本の桜が植えられており、大木の桜並みが大変見応えがあるお花見スポットです。園路は舗装されているので車椅子で散策可能です。車椅子対応トイレは園内施設の各所にあります。また、併設されている多目的音楽ホール、ミューカルがくと館は車椅子用スロープがあり、全席可動のため車椅子でも気軽に訪れることができますよ。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • 高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    ホームシェアといえば、若者が友人や知らない人と家賃を負担しあい、一緒に暮らすというイメージがありますが、異世代ホームシェアという言葉はまだまだ認知されていません。 今回は日本でも広がりを見せつつある異世代ホームシェアについてご紹介します。
    記事を見る
  • 介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    近年高齢者の健康志向が高まっており、その影響で高齢者によるフィットネスクラブの利用者は年々増加傾向にあります。またそういったニーズに応えるようにフィットネスプクラブ側も高齢者向けのさまざまなサービスを提供しはじめています。今回は高齢者向けのフィットネスクラブのサービスをご紹介いたします。
    記事を見る
  • 要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定を受けなければなりません。 認定結果は自立(非該当)以外、『要支援1~2』『要介護1~5』の7段階に分かれ、この介護度によって、受けられるサービスの範囲や負担額などが違ってきます。 ですので、間違った介護認定をされないよう、注意が必要です。 今回は要介護認定を受ける際のポイントをご紹介します。
    記事を見る