null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選

信越・北陸方面にお住まいの高齢者の方で、お花見をしたいと思っても車椅子で行けるところはない、とあきらめている人はいませんか。調べてみると、バリアフリー対応の花見ができる公園を見つけることができます。今回は信越・北陸地方の車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。

金沢といえばココ!

場所 特別名勝兼六園
住所 石川県金沢市兼六町1-20

日本三名園の一つである、特別名勝兼六園は、加賀歴代藩主により、作られてきた歴史的文化遺産で、四季折々の美しさを楽しめる公園です。春には、シオガマザクラ、フゲンゾウ、ウコン、ソメイヨシノなどの見事な花々が楽しめます。この公園は“廻遊式”の要素を取り入れ、さまざまな時代の庭園手法を駆使して総合的に設計された公園です。散策コース内にはバリアフリーコースも設置されていて、公園内の主要スポットを車椅子でも快適に回れます。食事処の兼六亭でも、車椅子での入店をスタッフが手伝ってくれます。

広大な園内に300メートルの桜のトンネル

場所 富山県中央植物園
住所 富山県富山市婦中町上轡田42

24.7万平方メートルの広大な公園で、園内にはサクラ・ウメ園があり、300メートルに渡る見事な桜のトンネルが楽しめます。桜だけでなく、”世界の植物ゾーン“や”日本の植物ゾーン”があり、いろいろな草花を観察できるのです。桜の美しい春の時期には夜間にライトアップが行われ、幻想的な夜桜も楽しめます。駐車場には障害者用のスペースが7台分ある上、貸し出し車椅子15台、多目的トイレの設置など、車椅子利用者に対する配慮もあります。園内にはスロープも設置されていて、車椅子での散策も快適です。

春の風物詩 花見茶屋が立ち並ぶ公園

場所 長野市城山公園
住所 長野県長野市箱清水1-7-1

公園内には約470本のソメイヨシノが植栽されていて、壮観な桜並木を楽しめる公園です。毎年花見の時期になると、長野市内の老舗飲食店が運営するお店や花見茶屋と呼ばれる出店が立ち並び賑わいを見せます。園内には入場無料の動物園もあり、ニホンザルやペンギン、フラミンゴなどの動物たちの見学や、ウサギやモルモットなどとのふれあい体験も可能です。園内は、バリアフリー設計されているので散策も車椅子で快適に行えます。バリアフリートイレの設置もあるので安心です。

信越・北陸地方へお花見に出掛けよう

最近は公園のバリアフリー化も進み、車椅子の利用者も快適に利用できる公園が増えてきています。信越・北陸地方も例外ではありません。せっかく暖かくなって、桜も見頃の時期に家にいるのはもったいないです。思い切って、見事な桜を見に出かけてみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子でも楽しめる!愛知県のイルミネーションスポット【4選】
    車椅子でも楽しめる!愛知県のイルミネーションスポット【4選】
    いよいよ今年も残すところあとわずかとなりました。街中をきらきらと輝かせるイルミネーションをご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる愛知県のイルミネーションスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る
  • 誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説
    誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説
    介護のことを色々と調べていると、日中に過ごせる場として「デイサービス」や「デイケア」という単語を目にします。どちらも、介護が必要な方が利用可能なサービスなのですが、両者の違いをご存知でしょうか?「デイサービス」と「デイケア」の特徴や違いを正しく知ることで、よりその方に合った介護を行うことができます。それぞれの特徴を確認してみましょう。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る