null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【関西】車椅子で行けるお花見スポット3選

いよいよお花見の楽しめる季節がやって参りました。高齢者の方にも存分にお花見を楽しんでもらいたいものです。でも足元が不自由で車椅子だと花見は難しいと思っている人もいるかもしれません。でも、大丈夫。今回は関西周辺で車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。

西の丸庭園の桜は必見!

場所 大阪城公園
住所 大阪市中央区大阪城1-1

大阪の中心に位置する総面積105.6ヘクタールの広大な公園です。大阪城天守閣をはじめとする歴史的建造物があるほかにも、約300本の桜を楽しめる西の丸庭園や、1,270本の梅が咲き誇る梅林などがあり、存分に春の花見を満喫できます。他にも、桃園やあじさい園などさまざまな草花を楽しめます。公園内には、車椅子用のトイレも2カ所設置されていて、車椅子の貸し出しも5台常備されています。公園内は快適に車椅子で見学できます。

あの秀吉も堪能!醍醐の花見

場所 醍醐寺
住所 京都市伏見区醍醐東大路町22

醍醐寺は、京都府下で最も古い建造物である、国宝の五重塔や金堂など歴史的建造物を楽しめるお寺です。平成6年には世界文化遺産にも登録されています。一方、”花の醍醐“とも呼ばれるくらい、醍醐寺は桜の花で有名なのです。かわづ桜から始まり、しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜、八重桜、大山桜などさまざまな桜が咲き誇っています。境内には多目的トイレなどが充実し、総門から仁王門まではフラットな道となっているので、車椅子でも問題ありません。車椅子専用の駐車場も2台分確保されています。

夙川沿いに咲き誇る約1660本の桜

場所 夙川公園
住所 兵庫県西宮市大井手町他

夙川沿いに約1660本の桜並木が並ぶ見事な公園です。河原全体が公園として整備されていて、川の両岸に約2.8キロメートルの桜並木が続いています。桜はソメイヨシノが中心で”日本のさくら100選”にも選ばれています。桜並木を見るための散策路は完全にフラットなので車椅子でものんびりと春の雰囲気を楽しめます。必要であれば、盲導犬の受け入れもされています。

思い切り関西の春を楽しもう

関西周辺にも車椅子で快適に花見をできるスポットがいくつか存在しています。高齢化社会となりつつある今、公園のバリアフリー化が急速に進んでいるようです。高齢者の方も、車椅子で春の風に当たりに行ってみませんか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    春は、土にも色とりどりの草花が芽吹いて、外に出るのが楽しみな季節です。 そんな春のイベントといえばお花見。お花見は、短い期間しか楽しめないからこそ、その年の思い出作りになります。今回は九州のなかから、車椅子で行っても楽しめるお花見のスポットを3か所ご紹介します。
    記事を見る
  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    美しい自然や歴史的遺産に恵まれた信越・北陸地方は、お出かけを楽しんでみたいエリアの1つでしょう。親御さんと一緒にのんびり散策をするのにもピッタリです。そんな信越・北陸地方には車椅子でも安心して出かけることのできるスポットが様々あります。ここでは、そのスポットの幾つかをご紹介します。
    記事を見る
  • 【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    2017年6月に公表された厚生労働省「保険医療2035」での提言では、当年の「総合診療医」資格化に向けて、質の担保・人材育成、地域主体の保険医療再編の重要性等に関するレポートが発表されました。 今回は「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生に「解決できない苦しみ」といかに向き合うか、お話を伺いました。 「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。
    記事を見る
  • どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    両親や親戚など、身近な人が認知症になることが増えています。そんなときに大きな問題になるのが、認知症高齢者の金銭管理。本人に任せるのは不安、でも自分は近くに住んでいないから難しい...。そんなときに利用できる制度を紹介します。
    記事を見る