null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選

高齢者の方も足が不自由になると、車椅子に頼ることになり、お花見に行くのは無理なのではと考えている人もいるかもしれません。しかし、最近の公園はバリアフリー化も進み、車椅子でも快適に花見ができるのです。そんな、花見が楽しめる公園を厳選して3つ紹介します。

尾道の街並みが見渡せるシンボル的な公園

場所 千光寺公園
住所 広島県尾道市東土堂町

千光寺山の山頂から中腹にかけて位置しているのが”千光寺公園”です。桜の名所100選にも選ばれている、この地域で有数の桜の名所です。他にも、ツツジやふじの花が咲き誇り、初夏にはふじの紫と桜のピンクの見事なコラボレーションが楽しめます。山頂の展望台からは、尾道市内が一望でき、さらには瀬戸内海の島々が眺められます。特に夜景は美しく、”夜景100選“にも選ばれています。園内には車椅子対応スロープや車椅子対応トイレが充実していて、車椅子でも安心して出掛けられます。

開花期には深山さくらまつりが開催

場所 みやま公園
住所 岡山県玉野市田井2-4464

岡山県玉野市にある公園です。園内には約7,000本の桜が咲き誇ります。品種はソメイヨシノがメインで、他にもタイハクザクラ、カンヒザクラなど、多数の桜が楽しめます。桜の他にも梅、ツツジ、紅葉など300種類以上の植物が植えられていて、さまざまな草花を楽しめる公園です。駐車場は1,000台が無料で利用でき、4台のバリアフリー駐車場が完備されているので、車椅子での乗り入れもしやすいです。公園内にはバリアフリー化されたトイレも完備されています。

中村城跡の市民公園

場所 為松公園
住所 高知県四万十市中村

園内に約500本の桜が植えられていて、3月下旬から4月上旬頃に見頃を迎えます。土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の中村駅から車で10分くらいのところにあります。桜の時期には”四万十川花絵巻 桜の巻“というお祭りが開催され、期間中はボンボリが設置されるので、独特の幻想的なムードに包まれます。夜に訪れてみるのも、おすすめです。公園内はバリアフリー対応のスロープも充実していて、車椅子でも園内を快適に回れます。トイレも車椅子に対応していますので心配いりません。

春にはお花見を楽しもう

中国・四国地方にお住まいの車椅子を利用する高齢者の方でも、その付近にはバリアフリー対応の公園が多数ありますので、気兼ねなくお花見が楽しめるでしょう。今回紹介した公園は、スロープや車椅子対応トイレなどの設備が充実していて、車椅子でも快適に楽しめるはずです。暖かくなってきたら、桜並木を楽しみに思い切って外出してみませんか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    高齢者は外出が難しくなることが多くなります。そのため、若いころなら普通にできていたことが困難になるというケースも出てきます。家に閉じこもりがちになり他人と触れ合う機会も少なくなり、生きがい等も失われていきます。こうしたときに訪問サービスが暮らしの質を高める役に立つのです。
    記事を見る
  • 親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    いまや4人に1人が高齢者となった超高齢社会の日本において、介護は決して他人事ではありません。親が階段から落ちた、だんだん物忘れが始まってきた、脳卒中による突然の入院...など、ある日突然、親の介護が必要になることも珍しくありません。今日本では、介護と仕事の両立に悩む人がとても多く、仕事を辞めざるを得なくなった人も。ここでは介護を理由に仕事を辞めないほうがいい理由、介護と仕事の両立のために気を付けたいポイント、それでも仕事を辞めたいときに約束してほしいことをご紹介しようと思います。
    記事を見る
  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る
  • 認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方が家の中や外をぐるぐると歩き回ることを徘徊といい、認知症の方によく見られる行動ですが、実はこの徘徊、本人なりの目的があって徘徊する場合が多いことをご存知でしょうか。 そこで今回は、徘徊とはどういった行動なのか、認知症による徘徊の基本的な知識と対策をご紹介します。
    記事を見る