null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選

春は、土にも色とりどりの草花が芽吹いて、外に出るのが楽しみな季節です。
そんな春のイベントといえばお花見。お花見は、短い期間しか楽しめないからこそ、その年の思い出作りになります。今回は九州のなかから、車椅子で行っても楽しめるお花見のスポットを3か所ご紹介します。

【福岡】ユニバーサルデザインの国営公園

場所 海の中道海浜公園
住所 福岡県福岡市東区大字西戸崎

海の中道は、ユニバーサルデザインの観点をいち早く取り入れ改善を始めたために、車椅子の方にも便利な環境が整っています。各所には2000本の桜がちりばめられ、菜の花畑やチューリップも同時に楽しめるのがうれしいポイントです。車椅子専用駐車場から遊歩道へのアクセスはもちろん、車椅子専用のトイレ、スロープ、広い道なりにはかなりの数のベンチも用意されていて、休憩スポットも安心。動物ふれあい舎やバラ園などバリアフリーで行ける範囲に楽しめる施設がたくさんあり、車椅子で利用できる広いレストランもあります。

【熊本】お堀のそばには桜の並木道、日本三大名城

場所 熊本城
住所 熊本県熊本市中央区本丸1−1

通常、お城は段差が多いものなので、車椅子での移動は難しい所が多くなります。しかし熊本城は二の丸・駐車場から天守閣まで、スロープが完全整備されており、高台からの雄大な景色を楽しむこともできます。お城と桜とのコントラストが存分に楽しめるので、思い出作りにはぴったりです。施設内にはお土産巡りや食事が楽しめる通り「城彩苑」があり、全てのお店が車椅子で利用できます。近くに車椅子専用のトイレも完備しているので安心です。車椅子の無料貸し出しも2か所に分けてあり、車椅子ユーザーにとって優しいスポットといえます。

【鹿児島】霧島山を一望、県内外から人気のお花見スポット

場所 丸岡公園
住所 鹿児島県霧島市横川町上ノ3201

丸岡公園は、鹿児島県霧島市にある公園です。春には6000本を超える桜の満開の姿を楽しむことができます。園内には車椅子で利用できるトイレ・駐車場はもちろん、地元の季節の食材が楽しめるレストランも。レストランでは車椅子のまま食事ができます。日本庭園もあるので、桜と伝統庭園を合わせた景色も見るのもいいでしょう。また、霧島市には車椅子のまま乗れる福祉タクシーも運営しているので、利用してみるのもいいかもしれません。

春のお花見は、きちんとした準備が必要

九州のお花見の季節は、おおむね3月下旬~4月上旬です。この頃には、暖かい日で日中には気温20度以上になることもあります。車椅子で入れるトイレに気を遣うのはもちろんですが、飲み物を携帯して出かけた方がよいでしょう。
また、雲の出方によって気温が一気に下がることもあります。余分な上着は車に置いておくのではなく、持ち歩くのが無難です。
桜の散る景色は、日本人の古き良き心をくすぐる季節の代名詞。上記の情報を参考に、ぜひ出かけてみてください。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント
    認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント
    介護はする側もされる側もストレスを抱えることが多いものですが、お互いストレスを抱えていると介護もスムーズにいかないものです。 介護をする側のストレスも意外に抱え込みやすいもの。 今回はご家族様向けにストレスを解消・発散する方法をご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策
    家族が弄便をすると、家の汚れや悪臭に悩まされることになります。弄便への対策として重要なのは、発見したときの対応と事前の予防です。今回は弄便とはなにか、またその対策について紹介します。
    記事を見る
  • 大事な家族を守る!認知症の徘徊に効果的な対策法は?
    大事な家族を守る!認知症の徘徊に効果的な対策法は?
    介護中の家族が、目を離すと徘徊してしまうことにお悩みではありませんか?気がつくと家のなかをうろうろと歩き回ったり、外出したまま帰ってこられなくなったりする行動は、認知症の代表的な症状です。ここでは認知症の徘徊に効果的な対策法を、4つまとめてご紹介します。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る