null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?

海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。

拘縮予防に早期リハビリは欠かせない!

オーストラリアなどのリハビリ先進国では以前より急性期からのリハビリの重要性がうたわれてきました。日本でも近年ようやく、早期リハビリの重要性が認識されつつあります。理由の一つに拘縮の予防が挙げられます。拘縮とは、関節が硬くなってしまい、本来の可動域よりも狭くなってしまう症状のことです。もともと年齢を重ねるにつれて、関節の可動域は狭くなるものですが、拘縮が進んでしまうと、日常生活にも支障をきたすようになります。

拘縮によって起こる生活の不具合

例えば両膝が曲がったままになってしまうと、立つことはできなくなってしまいますし、背中が曲がらなくなると、座ることすら困難になります。尖足は、ベッド上で長時間横になった状態が続いた結果、足先が伸びきってしまい、足首が拘縮を起こし、曲がらなくなった状態のことを言います。これでは歩くことはおろか、立つことすらままなりません。

早期リハビリは日常生活への復帰の第一歩

病院では、該当する疾患の治療だけで、寝たきりによる心身機能の低下は考慮されないことも少なくありません。家族が早期リハビリを要望していくことも大切です。リハビリを始める時期によって、入院前と同じ生活が送れるかどうかが変わってきます。家族にとっても負担は大きく変わります。本人だけでなく家族もこれまでの生活を継続するために、廃用症候群の予防に努めたいものですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護保険を利用して住宅改修。介護しやすい家にしよう!
    介護保険を利用して住宅改修。介護しやすい家にしよう!
    介護がはじまったり、車椅子生活になると、今まで住んでいた家のちょっとした構造が移動の負担になったり、転倒などのケガにつながる場合があります。今回は介護保険を利用した住宅改修ノウハウについてご紹介します。
    記事を見る
  • 意外な盲点!?高齢者が運動する際に注意すべきポイント
    意外な盲点!?高齢者が運動する際に注意すべきポイント
    高齢者になってから運動を始める人は少なくありません。趣味として行う場合や健康のために行う場合などがあります。運動自体は決して悪いことではありません。しかし、高齢者の場合、不用意に運動をしてしまうと怪我の原因になることもあります。そこで今回は、高齢者が運動する際に注意した方が良いポイントについて紹介します。
    記事を見る
  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    寒い冬は空気が澄んでイルミネーションが一層輝く季節です。心も明るくなるようなイベントに出かけませんか。車椅子でも行けるスポットをご案内します。
    記事を見る
  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る