null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ

仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。

仕事と介護の両立実態調査

介護が原因で離職する方は、年間10万人もいます。その多くは女性です。女性の社会進出が進んでいるとはいえ、こうした介護などの際にキャリアが途切れてしまうことになり、結果的に他の国と比べ管理職などで活躍する女性が少ない原因となっているといえます。介護離職後の再就職も厳しく、正社員として就職できないばかりか、その後就職自体が出来ない人が4分の1ほどいるのも大きな問題です。離職を防ぐための介護休業も取りづらい状態にあり、取得経験のある人は1割程度にとどまっています。制度自体はあっても、その後のキャリアへの影響を考えると実際には取得しづらいという状況があるようです。経済発展への影響も考慮すると、こうした介護と仕事の環境について手を打っていく必要性が高いことがうかがえます。

企業における両立支援具体例1

離職を防ぐための介護休業を充実させているという事例もあります。法定の介護休業制度を超え、日数や対象となる家族の範囲を広げていくという形で対応する会社が出ています。最長10年まで介護休業が取れるという会社もあります。単に休業期間を延ばすだけではなく、時短勤務や休暇の半日取得など、柔軟な形で取得できるような制度も設けられています。こうした形で必要に応じて介護休業をとれることで、優秀な社員の外部流出を抑えることが出来るというメリットがあります。実際にこうした休業の制度を充実させることで離職率を抑えることが出来た、というケースもあり、企業の人材育成にかかるコストを減らすための方法としてもよい影響を及ぼしているようです。

企業における両立支援具体例2

介護サービスの利用を支援するという形で企業が社員の両立支援をしているケースもあります。介護や通院の付き添いなどが必要になり離職するというケースが多かった会社では、そのような離職を少なくするため、訪問介護サービスを提供している会社と提携し、一定時間の介護サービス分の費用を会社側が負担するという仕組みを設けているところもあります。介護による離職を防ぎ、仕事へ集中しやすくする役に立っているようです。また、サービスの利用に至る前段階でケアマネージャーによる相談窓口を設け、介護サービスや施設の紹介を行うという会社もあります。こうした多様な介護の支援がされていれば、社員が仕事をしやすい環境へとかえていくことが出来るでしょう。

企業における両立支援具体例3

もう一つの両立支援例として、在宅勤務の推進が挙げられます。介護は人手が確かに必要ですが、常に介護ばかりをしているわけではないこともあります。そばで見守っていればよい時間帯も出てくるはずです。そういった時間に仕事が出来れば介護と仕事を両立することが出来る場合もあるのです。特定の仕事をしている人に在宅勤務を導入する会社は多いですが、すべての社員に無期限で在宅勤務を導入するという会社も出てきています。こうした形で柔軟な働き方が出来るのであれば、安心して働き続けることが出来るでしょう。通常の社員と差をつけず、成果で判断するという仕組みのところもあり、そういった形であれば仕事へのモチベーションも高まると考えられます。

まとめ

介護のために仕事ができない、という状況は、もちろん労働者本人の生活を苦しくするものでもありますが、優秀な社員を失うという会社のリスクにもなります。また、日本経済全体に与える影響も大きくなってきます。多くの会社で介護と仕事の両立支援が導入され始めています。もしかするとあなたが働いている会社にも支援制度があるかもしれません。介護の必要性を感じ始めたらどのような支援制度があるか、一度チェックしておくことをお勧めします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に、今回は2回に渡って近著『身軽に生きる』、30万部超ベストセラー『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    近年、自治体や介護事業者が開催する介護中の介護者・被介護者の集まりが全国に広がりを見せています。今回は、川越市が開催するオレンジカフェについて、活動目的や内容、今後の課題などについてご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る