null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?

認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。

認知症専門医・河野和彦先生考案の薬物療法「コウノメソッド」

コウノメソッドとは、名古屋フォレストクリニック院長・認知症専門医の河野和彦先生が考案した薬物療法です。薬の量や種類を調整することによって、認知症の困った周辺症状(興奮、徘徊、睡眠障害、妄想など)を改善していくというものです。介護者が患者さんの様子を見ながら薬の投与量を加減し、副作用が出ないようにする・介護者の保護を優先する・サプリメントを活用するという三つの大きな特徴があります。

介護される人の気持ちに寄り添う「ユマニチュード」

ユマニチュードとはフランスで生まれた認知症ケアの手法のことです。ケアの根底には、介護される人の気持ちを常に尊重し、大切な人として接するという想いが流れています。「見下ろす視線ではなく、同じ高さから見つめる」「正面できちんと表情を見ながら声をかける」「恐怖を感じさせないよう優しく触れる」「介護を行う場合には出来るだけ立った状態で行う」など、「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つのポイントを柱に150もの手法があります。ユマニチュードを使ってケアを行うと要介護者が穏やかになり認知症の周辺症状が改善すると話題になっています。

睡眠導入マネージメントプロダクト「Sleepion」

30年以上睡眠障害改善について研究してきた大阪府立大学名誉教授・医学博士の清水教永先生が協力し、cheero(ティ・アール・エイ株式会社)から発売されたのが、睡眠導入マネージメントプロダクト「Sleepion(スリーピオン)」です。睡眠を促すヒーリングサウンドと心地よい光、アロマで睡眠障害改善をはかる製品です。リラクゼーションCDが認知症の方の睡眠障害改善に効果があるという報告もあり、試してみる価値はあるでしょう。

介護者も要介護者も幸せに

認知症治療やケアの方法はもちろん、睡眠障害の研究も日々進歩しています。アプローチ法も対策も様々ですが、介護する方、される方が1日も早く楽に、幸せになれるよう願ってやみません。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    遺影は通常、亡くなったあとに家にあるスナップ写真から家族が選びますが、最近は「終活」ブームと連動して元気なうちに写真館で撮る高齢者が増えているそうです。今回は遺影の写真撮影をしている写真館とその特徴をご紹介します。
    記事を見る
  • 在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ
    在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ
    在宅介護とは家から通所介護サービスや訪問介護サービスなどの在宅介護サービスを利用すること言います。一方で施設介護とは特養や有料老人ホームなど施設に移住し介護サービスを受けたり生活をすることです。今回は両方のメリット・デメリットをまとめてみました。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる九州の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。
    記事を見る
  • 相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    2016年の国立がんセンターによる『最新がん統計予測』で、近年減少傾向にあった患者数が増加予測に転じた「胃がん」。 胃がんの10%前後を占めると言われる「スキルス胃がん」は、自覚症状がほとんどなく、胃壁の中をしみこむように浸潤するため、内視鏡検査でも見つけにくいことが特徴です。 今回は、スキルス胃がんの早期発見・治療のために活動を続ける、がん患者団体「認定NPO法人 希望の会」理事長の轟浩美さんにお話を伺いました。 轟さんは「みいクリニック がんサバイバーシップ室長」として、がん患者さんとご家族の不安を和らげ、理解を促す場づくりにもご尽力されています。
    記事を見る