null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護保険料の地域差について考える

介護保険料についての問題で、最近大きく注目を集めているのが、「地域格差」です。昨年10月中旬、厚生労働省は介護保険料を全国的に比較することができるオンラインシステムを構築しました。そのことによって、地域による保険料の違いをなくしていくよう、高い自治体で過剰なサービスが行われていないかなど分析し、見直しに努めるようにと促していく方針を打ち出したのです。その具体的な内容についてまとめました。

地域格差における課題点や政府の対策

介護保険料についての問題で、最近大きく注目を集めているのが、「地域格差」です。昨年10月中旬、厚生労働省は介護保険料を全国的に比較することができるオンラインシステムを構築しました。そのことによって、地域による保険料の違いをなくしていくよう、高い自治体で過剰なサービスが行われていないかなど分析し、見直しに努めるようにと促していく方針を打ち出したのです。その具体的な内容についてまとめました。

#地域格差の背景と理由
介護保険料を定める上で基準となるのは、高齢化率や必要なサービス量などです。これは各市町村が決めており、3年ごとに改定しています。居住地によって介護保険料が異なるという事実には、こうした背景があるのです。その差は最大で3.1倍にまでなっています。これほどの差額が出た理由として考えられるのは、それぞれの地域において、高齢者人口と介護事業所の数が異なるという点が挙げられます。

高齢化社会に向けて格差をなくすことの重要性

都市部は比較的高齢者が少ないため、介護保険の利用者も少なく、よって保険料は低く抑えられます。一方、山間部などでは高齢者が多いため、保険料が高くなってきます。また事業所の数という点で比べてみると、高齢者人口とは別の見方になります。都市部では利用者が少ない反面、事業所の方が多く、サービスを行う側はどんどん提供できるので、保険料が高くなるという仕組みです。山間部などの過疎地域においては、高齢者が多く、それでいてサービスを提供できる事業所が少ないので、保険料は低く抑えられています。こうした偏りをなくすためには、保険料の負担やサービスの提供が平均化されていく必要があります。

今後に向けた政府の方針は

政府はこれまで、各地域の住民がそれぞれ納得しているものとして、介護保険料の地域差を認めてきたのです。その方針を転換していくことで、今後は、年間10兆円もの介護費用を抑え、地域差による不公平感を解消していけるものと期待されています。具体的な策としては、オンラインシステムを導入することにより、介護保険料が高くなってしまう要因を全国的に比較・分析して見直しにつなげる方針です。そのことは、これからの高齢化社会が安心できるものとなるための重要な足がかりとなるでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者の介護を想定している人はごくわずかしかいません、しかし、実際には誰にとってもいずれはやってくる可能性が高いものです。お互いが元気なうちに、情報収集やどういった介護を望むのか話し合いをしておくと良いでしょう。
    記事を見る
  • 介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。
    記事を見る
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅、通称サ高住は、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。今回はサ高住の特徴や入居条件などをご紹介します。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    年明けが近くなり、年賀状の準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。 手書きの手紙や葉書の価値を感じても、「字に自信がない。絵心もない」と、ためらう方も増えている印象です。 今回は、字を書ける人なら誰でも短時間で笑顔あふれる文字の書き方を習得できる「笑い文字」を全国に広げている、一般社団法人 笑い文字普及協会代表理事の廣江まさみさんにお話を伺いました。 約3年間で受講者数1.5万人(2017年春)が受講した「90分で書ける ありがとう講座」、地域限定の日本郵便とコラボした笑い文字フレーム切手(2017年12月発売)が大人気です。
    記事を見る