null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?

超高齢化社会が進む現在、自宅で最期を迎えたいと考える人が増えています。しかしひとり暮らしの高齢者も多く、家族は今まで誰かを看取ったという経験がなく、戸惑うことも少なくありません。そこで今回はその強力な助っ人となる看取り寄り添いナースについてまとめてみました。

看取り寄り添いナースとは

終末期にある高齢者が自宅で最期を迎えたいと希望した場合、その環境が整っていない場合があります。独居で介護をする家族がいなかったり、家族が看取りの経験がなく適切な対応ができなかったりすることもあります。終末期の看取りを支援するのが看取り寄り添いナースです。

看取り寄り添いナースの支援業務

主に利用者の体調管理を行い、利用者を担当する医師や介護スタッフに伝達します。また看取りの経験がない介護スタッフのフォローも行っています。看取り寄り添いナースは看取りの経験も豊富なため、利用者とその家族の精神的支えにもなっています。

看取り寄り添いナースはどのような経歴か

現役を退いた元看護師が就いていることが多く、60代以降の方が活躍しています。その場合、現役のナースではないので医療行為に関わることはできませんが、長年の豊富な看取り経験を生かして活動しています。利用者と年齢が大きく離れすぎていないため、安心感を覚える利用者も多いです。

看取り寄り添いナースを探すには

看取り寄り添いナースは宮崎県のNPO法人の取り組みで始められたもので、まだ全国規模で探すのは難しい状態です。この法人では全国から研修生を受け入れており、今後増えていくと思われます。現在は看護師による有償ボランティアが看取り寄り添いナースに近い役割を担っています。

看取り寄り添いナースの今後

団塊の世代が70代を迎えようとしている今、看取り寄り添いナースの需要が増えていくと予想されます。慣れ親しんだ自宅で最期を迎えたいという希望者だけでなく、病院で治療ができなくなった終末期の患者が、予期せず自宅で最期を迎えることになる場合もあるでしょう。国や自治体が、看取り寄り添いナースの雇用促進を進めることが期待されます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。
    記事を見る
  • 【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    信越・北陸方面にお住まいの高齢者の方で、お花見をしたいと思っても車椅子で行けるところはない、とあきらめている人はいませんか。調べてみると、バリアフリー対応の花見ができる公園を見つけることができます。今回は信越・北陸地方の車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    女性が多いと思われがちな介護ですが、介護者のうち約3分の1は男性だということが分かっています。そして男性介護者による介護殺人、無理心中なども多く報告されるようになっています。なぜ男性は、このような事件を起こしやすいのでしょうか。今回は男性介護者をめぐる現状と、相談先を紹介します。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る
  • これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    遺影は通常、亡くなったあとに家にあるスナップ写真から家族が選びますが、最近は「終活」ブームと連動して元気なうちに写真館で撮る高齢者が増えているそうです。今回は遺影の写真撮影をしている写真館とその特徴をご紹介します。
    記事を見る