null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情

福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。

高福祉高負担制度の危機

高福祉高負担を支えるのは、働いて税金を納めることです。スウェーデンは近年、世界的な不況の影響のおかげで、失業率が上がっています。同時に高齢化も進んでいます。つまり、税収は減っているのに失業保険や年金などの支出が増えています。この対策として、定年の引き上げや、介護料の一部負担などが検討され始めています。

孤独死や寝たきり老人も存在する

また、介護の民間委託が進むにつれ、コストを削減して収益を上げるためにサービスの質をさげるという事件もありました。要介護者をベッドに縛り付けたり、おむつ交換の回数を減らしたりなどのずさんな介護が明らかになり、社会に大きな衝撃を与えました。また、日本より核家族化が進んでいるので、孤独死も多く発生しています。スウェーデンには寝たきり老人がいない、と言われますが、現実には身体が弱くなればベッドで一日を過ごす高齢者もいるのです。

出来るだけ長く自宅で生活でき、満足度が高い

このようにスウェーデンの介護は夢のように素晴らしいものではありません。しかし、「高齢になっても、医療や介護が必要な状態になっても、できるだけ長く自宅で生活できる方法をとるべきだ」という方針がとられています。それにより、スウェーデンでは、80歳以上の高齢者のうち、特別住宅に入居している人が15%ほど、在宅で介護サービスを受けている人が24%しかいないのです。また、多くの高齢者が在宅介護サービスや特別住宅に満足しているという調査結果もあります。

孤独死問題の対策

また、55歳以上の人を対象にした、「シニア住宅」もあります。プライバシーは確保されながらも、同じ高齢者がすぐ隣に住む集合住宅です。イベントがたくさんあるので、それに参加することにより、周りの住民との繫がりができ、孤独死の防止になるものです。

介護サービスや福祉の質の向上を目指して

このようにスウェーデンの介護事情は夢のようではなく、多くの問題を抱えています。そして現在サービスの向上や透明性などの改善に向けた国をあげての議論がなされているのです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る
  • この症状が出たら注意!脳こうそくの前触れ発作
    この症状が出たら注意!脳こうそくの前触れ発作
    がん、心臓疾患、肺炎と並んで日本人の4大死因の一つに挙げられる脳卒中。脳卒中の一つである、脳こうそくは早期治療が重要とされており、時間が経てば経つほど重度の後遺症が残るとされています。今回は脳こうそくの早期発見のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • 特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    全国に52万人にも上ると言われる待機老人。その数は待機児童の約25倍の数に相当します。これほど多くの介護を必要とする高齢者が、さらに今後増えていくだろうと予想もされています。では、ご両親が特養にもし入れなかった場合は?対応をまとめました。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    両親や親戚など、身近な人が認知症になることが増えています。そんなときに大きな問題になるのが、認知症高齢者の金銭管理。本人に任せるのは不安、でも自分は近くに住んでいないから難しい...。そんなときに利用できる制度を紹介します。
    記事を見る