null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

家族と同居のとき、ホームヘルパーは頼めない!?

在宅介護の重要な担い手であるのが、ホームヘルパーです。しかし、同居の家族がいて人手がある場合はヘルパーを頼むことができない場合があるのです。依頼できる条件や内容、どこまで頼めるのか知っておきましょう。

同居家族がいると頼める?頼めない?

ホームヘルパーに介護保険で依頼できる仕事内容は、身体介護・生活援助・相談・助言の3つです。このうち生活援助を受けるにはいくつか要件があり、同居家族の有無が問題になります。
  • 利用者が一人暮らし
  • 同居家族が障害・病気などで家事を行えない
  • 同居家族が障害・病気以外の理由で家事を行えない

同居家族がいても一定の場合には生活援助を受けられますが、基本的には受けられないということになります。

頼める場合の仕事内容

ホームヘルパーは同居家族がいても身体介助は依頼することができます。たとえば、頼める仕事としては要介助者の食事介助やおむつ交換などがあります。しかし、掃除洗濯・買い物といった生活援助は、上記のような要件を充たさない限りはホームヘルパーに依頼ができないことになります。

頼めない理由とは

ホームヘルパーに頼めない仕事があるのは、同居家族がいると同居家族自身が行うべきことと区別がつきにくい場合があるからです。たとえば、掃除洗濯・買い物などは同居家族が自分でも行うべきことなので、本当に要介助者の介助になるのかがあいまいです。こうしたことは基本的に同居家族がいるなら家族がやるべきことともいえるので、ヘルパーは不要とみなされることが多いです。一方、食事介助やおむつ交換などは明らかに要介助者のために行われることなので、認められるというわけです。

ケアマネジャーに相談しよう

同居家族がいると生活援助のほうは、家族に家事ができない理由が認められない限りホームヘルパーに頼むことができません。この特別な理由が認められるのかどうかは個々の家庭の事情なので、ケアマネジャーに相談しましょう。もし、認められない場合でも、身体介助の範囲なら依頼できます。どこまでが身体介助の範囲かは明確に線引きされているので、これもケアマネジャーに相談してしっかり把握しておくことが大切です。きちんと理解して上手にホームヘルパーを活用したいものです。


関連記事

知っておきたいホームヘルパーの仕事内容

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    年明けが近くなり、年賀状の準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。 手書きの手紙や葉書の価値を感じても、「字に自信がない。絵心もない」と、ためらう方も増えている印象です。 今回は、字を書ける人なら誰でも短時間で笑顔あふれる文字の書き方を習得できる「笑い文字」を全国に広げている、一般社団法人 笑い文字普及協会代表理事の廣江まさみさんにお話を伺いました。 約3年間で受講者数1.5万人(2017年春)が受講した「90分で書ける ありがとう講座」、地域限定の日本郵便とコラボした笑い文字フレーム切手(2017年12月発売)が大人気です。
    記事を見る