null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

加齢による衰え?本当は『フレイル』かも

フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。

チェックポイントを押さえよう

フレイルには徐々になっていきますから、本人も周囲も見逃してしまうことがあります。チェックポイントをおさえて、日々気をつけておくことをおすすめします。ある大学の研究によれば、次のような様子が二つ以上当てはまるとフレイルを疑うべきとされています。

  • 週に1回以上外出していない
  • 以前よりも歩く速さが遅くなった
  • ここ半年で2~3kg以上痩せた
  • 5分前のことを思い出すことができない
  • 特に何も理由がないのに疲れを感じる"

予防が大切

上記のチェックポイントに見られるように、フレイルというのは単に身体機能が弱まるだけではありません。精神面も弱くなってふさぎ込んだり引きこもりになったりすることもあります。心身ともに必要以上に弱くなってしまうと、あらゆる機能がどんどん衰えていってしまい、介護に至る確率が高くなります。高齢者の心身の問題は、運動能力の衰え、認知機能の衰え、うつなど多岐にわたります。フレイルにいち早く気づくことで、要介護状態になるリスクを減らすことが大事です。

生活習慣病を持っている人は要注意

生活習慣病を持っている人は、特にフレイルに気をつける必要があります。フレイルで問題となる身体機能低下の多くは筋力の衰えによって引き起こされますが、糖尿病などの生活習慣病を持っている人は運動不足や過栄養など、そもそも筋力低下を引き起こす要因を持っているからです。生活習慣はさまざまな病気の原因になりますから、意識的に改善することが重要です。

早く気づいて介護予防につなげよう

心身の衰えは年齢とともに自然と出てきます。しかし、何でも年齢のせいにしていては重大な衰えを見逃してしまうことがあります。徐々に衰えていくので分かりにくい部分もありますが、チェックポイントを意識して、周囲の人が注意深く見守ってあげることが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • コレで安心!要介護の家族が入院・転院した時によくある悩みまとめ
    コレで安心!要介護の家族が入院・転院した時によくある悩みまとめ
    大切な家族が入院したら、どうしていいか分からないなんてこと多いですよね。 家族が要介護状態になったときに、困ることや転院の必要性などなど思いもよらないことが起きることもあるかもしれません。 いざ起きてしまってから右往左往するのは避けたいですね。 そのようなときにすぐに対処できるように知っておかなくてはいけないことがあります。
    記事を見る
  • 「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    漠然とどうにかしないといけない、とは思いつつも先延ばしにしがちな介護の問題。課題として挙げられるのが「情報不足」です。今回は、親と子供のコミュニケーションツール「親ブック」の販売や企業に対しての「介護離職に関するセミナー」を行っているケアポット株式会社代表取締役高橋佳子様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。
    記事を見る
  • 日本郵政の見守りサービスとは!?
    日本郵政の見守りサービスとは!?
    日本郵政は見守りサービスとして、家族に代って遠方で独り暮らしをする高齢者を支えるサービスに乗り出してきました。郵便局員が配達を利用して高齢者宅を訪れるサービスです。今回、アップル社およびIBM社と提携することで、よりリアルな生活サポートの実現を目指しています。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る