null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

加齢による衰え?本当は『フレイル』かも

フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。

チェックポイントを押さえよう

フレイルには徐々になっていきますから、本人も周囲も見逃してしまうことがあります。チェックポイントをおさえて、日々気をつけておくことをおすすめします。ある大学の研究によれば、次のような様子が二つ以上当てはまるとフレイルを疑うべきとされています。

  • 週に1回以上外出していない
  • 以前よりも歩く速さが遅くなった
  • ここ半年で2~3kg以上痩せた
  • 5分前のことを思い出すことができない
  • 特に何も理由がないのに疲れを感じる"

予防が大切

上記のチェックポイントに見られるように、フレイルというのは単に身体機能が弱まるだけではありません。精神面も弱くなってふさぎ込んだり引きこもりになったりすることもあります。心身ともに必要以上に弱くなってしまうと、あらゆる機能がどんどん衰えていってしまい、介護に至る確率が高くなります。高齢者の心身の問題は、運動能力の衰え、認知機能の衰え、うつなど多岐にわたります。フレイルにいち早く気づくことで、要介護状態になるリスクを減らすことが大事です。

生活習慣病を持っている人は要注意

生活習慣病を持っている人は、特にフレイルに気をつける必要があります。フレイルで問題となる身体機能低下の多くは筋力の衰えによって引き起こされますが、糖尿病などの生活習慣病を持っている人は運動不足や過栄養など、そもそも筋力低下を引き起こす要因を持っているからです。生活習慣はさまざまな病気の原因になりますから、意識的に改善することが重要です。

早く気づいて介護予防につなげよう

心身の衰えは年齢とともに自然と出てきます。しかし、何でも年齢のせいにしていては重大な衰えを見逃してしまうことがあります。徐々に衰えていくので分かりにくい部分もありますが、チェックポイントを意識して、周囲の人が注意深く見守ってあげることが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    2015年に発売され大きな話題となったソフトバンク社が開発したロボット『ペッパー君』。発売から即完売となり、さまざまなところで導入が広がってきています。今回は、介護現場での導入事例についてご紹介します。
    記事を見る
  • ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    訪問介護サービスを利用するときは、ホームヘルパーが要介護者の身の回りの世話をします。ホームヘルパーに対して、どのような内容を、どのくらい頼めるのでしょうか。基本的な仕事内容から、介護保険制度に伴う自己負担額、意外と知らない時間制限などをご紹介します。サービス内容を理解したうえで、要介護者にとって適切な利用をしましょう。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    2000年にWHO(世界保健機関)が「健康寿命」という概念を提唱しました。 それ以降、各国では数々の取り組みが推進され、日本においても定年を迎え、豊かな経験を持つアクティブシニアが健康に過ごすために、様々な取組みが行われているようです。 今回は、定年を迎えた後のシニアが社会で豊かに活躍出来る「グランドシッター養成認定講座」を主催する株式会社BOA代表取締役武市様にお話を伺いました。
    記事を見る