null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

実際どのくらいの人が介護受給者なのか

メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。

年々増え続ける介護受給者数

平成26年度の高齢社会白書によれば、65歳以上の高齢者で日常生活に支障があるような人は全体の約5分の1となっています。ごく日常的な生活に不具合を感じている人が少なくありません。健康状態についても、年齢が上がるほど良くないと感じている人が増えています。健康寿命が大事といわれるなかで、要介護率は年々高くなっています。要介護もしくは要支援とされた高齢者は平成24年に約561万人で、平成13年からの約11年間で約263万人も増えています。要介護度別に見ても、要支援・要介護のすべてのランクで増加し続けており、減少の気配はありません。

75歳以上で増える介護受給者

年齢別に介護認定者を見ると、65~74歳で要介護認定の人は3.0%ですが、75歳以上になると23.0%とぐっと人数が増えます。介護保険制度で介護サービスを受給した65歳以上の数は、平成26年には約468万人おり、7割が女性です。サービス内容としては、要介護度が低いほど自宅で介護サービスを受ける人の割合が多くなっています。

介護が必要になった原因疾病

ここで注目したいのは、介護を受ける原因となった病気です。第一位は脳卒中で21.5%です。次いで認知症が15.3%、高齢による衰弱、関節疾患と続きます。男性では約3割が脳卒中になっています。こうした疾患が要介護状態を引き起こす可能性が高いと分かっているわけですから、高齢者は日頃の食生活や生活習慣などに気をつけておく必要があります。

気になる家族介護の現状

データの中で気になるのは、介護に関わる人のデータです。どんな人が実際に介護にあたっているかを見ると、6割以上が同居者、たとえば、配偶者や子ども、嫁などです。そして、その介護者の年齢が60歳以上という家庭が6割以上にのぼっており、いわゆる「老老介護」の家庭が多いことが伺えます。また、介護を理由とする50代や60代の転職・離職の数も年々増えていて、家族で介護をせざるを得ない現状を読み取ることができます。

介護受給者の増加にどう対応するか

介護受給者数は今後も増えて行く見込みです。高齢の配偶者や子ども世代による家族介護では限界が来るのも近いでしょう。今後どうやって介護制度を支えていけばいいのか、介護受給者を増やさないような工夫も含め、真剣に検討する必要がありそうです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    訪問介護サービスを利用するときは、ホームヘルパーが要介護者の身の回りの世話をします。ホームヘルパーに対して、どのような内容を、どのくらい頼めるのでしょうか。基本的な仕事内容から、介護保険制度に伴う自己負担額、意外と知らない時間制限などをご紹介します。サービス内容を理解したうえで、要介護者にとって適切な利用をしましょう。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • 加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。
    記事を見る
  • 大事な家族を守る!認知症の徘徊に効果的な対策法は?
    大事な家族を守る!認知症の徘徊に効果的な対策法は?
    介護中の家族が、目を離すと徘徊してしまうことにお悩みではありませんか?気がつくと家のなかをうろうろと歩き回ったり、外出したまま帰ってこられなくなったりする行動は、認知症の代表的な症状です。ここでは認知症の徘徊に効果的な対策法を、4つまとめてご紹介します。
    記事を見る
  • こんな時はどうすれば?よくある認知症の対応具体例
    こんな時はどうすれば?よくある認知症の対応具体例
    認知症となると、生活のあらゆるところに支障が生まれてきます。暮らしの中の小さな困難はもちろんですが、場合によっては命が危険な状況に陥ることもあります。本人も困ることが多くなりますが、家族や周りの人がどのように対応して支えていくかという事も重要です。どのような対応をしていくべきか具体例を通して考えていきましょう。
    記事を見る