null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!

高齢になると、何よりも日々の健康が最大の関心事になります。中には初期症状が出にくい病気もありますから、特に不調がなくても積極的に健康診断を受けたいものです。市区町村が行う健康診断なら、無料または安価に健康チェックすることができます。

こんな検査をしてもらえる

各市町村では、いろいろな種類の健康診断を行っています。年齢別に検診項目を分けている場合が多く、75歳以上の後期高齢者を対象にした健康診断も実施されています。検診項目はだいたい次のようになります。

  • 既往歴の調査
  • 自覚症状の調査
  • 身長、体重、BMI値、血圧の測定
  • 血液検査(肝機能、血糖値)
  • 尿検査(糖、タンパク)
  • 貧血検査
  • 心機能検査(心電図)

この他にも自治体によって眼底検査をしてくれるところもあります。詳しくは自治体に確認してみて下さい。

無料検査と有料検査がある

75歳以上を対象にした上記のような検査は、無料で行っている自治体がほとんどです。さらに自治体で行っている検査には各種がん検査や骨密度測定などがありますが、こちらは有料で実費負担になります。それでも自治体が費用補助しているので数千円程度で非常に安く受けることができますから、ぜひ受診するようにしましょう。市内の主な病院が対応していて、最寄りの病院を自分で選ぶことができます。

健康診断を受けるときに気をつけたいこと

せっかく健康診断を受けるのですから、上手に活用したいものです。大事なのは日頃の体調を自分でよく把握しておくことです。健康診断ではまず問診が行われます。その際、具体的に不調を訴えることができれば、医師も詳しいアドバイスをすることができます。おかしいなと思うことがあっても時間が経てば忘れてしまいますから、毎日健康日記をつけておくことをおすすめします。

上手に活用していつまでも健康でいよう

健康は自分の心がけ次第です。毎日の体調を自分で管理して、定期的に健康診断を受けていれば、重大な病気であっても早期に見つけることができます。市町村の行っている健康診断なら費用もさほどかかりません。身近な行政のサービスを上手に利用して、いつまでも健康な生活を送りたいですね。健康でいることは介護予防にもつながります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る
  • 認認夫婦、2人で生活できる?
    認認夫婦、2人で生活できる?
    認知症同士の高齢者夫婦のことを認認夫婦と呼びます。高齢化、核家族化に伴いこうした認認夫婦や老老介護は増えていく一方です。今回は認認夫婦の実態についてまとめました。
    記事を見る
  • 認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?
    認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。
    記事を見る
  • いま介護用品がおしゃれに進化している
    いま介護用品がおしゃれに進化している
    毎日の介護を楽しく行えるように、いま巷ではおしゃれな介護用品が増えてきています。今回は、機能性にもファッション性にも優れた介護用品をご紹介します。
    記事を見る
  • 「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行し、65歳以上の人口は現在3,000万人を超え(国民の約4人に1人)、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降、医療・介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。 今回は、この2025年問題を解決するために「在宅での看取り」の仕組みを構築し「看取り士」を育成する、日本看取り士会代表理事の柴田久美子さんにお話を伺いました。
    記事を見る