null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう

いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。

介護を始めた家族向けのセミナーがある

いざ介護が始まってみると、まったく初めての経験に戸惑ってしまう人がほとんどです。大変な介護に加えて慣れないことばかりで、毎日辛い思いをしている人が少なくありません。初めての介護ですから悩んで当たり前ですが、家の中でひとり悩むよりも外へ出て勉強してみてはいかがでしょうか。介護を始めたばかりの家族向けに、さまざまな介護セミナーが開催されています。

家族の悩みはこんなこと

介護をしていて、次のような悩みはありませんか。
  • お風呂や食事介助が思いのほか難しい
  • 認知症を発症し始めたらどうすればいいのか
  • 他の人はどんな介護をしているのか知りたい
  • 介護保険や介護サービスなど、使い方がよくわからない
こうした悩みは、人に話したり専門家に相談すしたりることで解決する場合が多いです。介護セミナーなら、専門家が揃っているので相談ができます。

自治体のセミナーから始めよう

各自治体では、さまざまな介護セミナーを開催しています。「やさしい介護セミナー」「家庭介護のためのハートフルケアセミナー」「認知症を学びましょう」など自治体によって名称は異なりますが、家族の介護負担を軽減するための講座が全国の自治体で開催されています。具体的な講座の内容や日時などは随時市報に掲載されますから、気をつけてチェックしておきましょう。介護相談だけでなく、実践的なケア技術を教えてくれる講習会もあります。日常の介助を楽にするコツや、家庭でも簡単にできる筋力アップ運動などを楽しく学ぶことができます。

これから介護という人にもおすすめ

介護セミナーはまだ介護に入っていない人にとっても有効です。これから親の介護が始まりそうで不安という人も、少しでも知識を持っておくことで気持ちの備えができます。未知のものには不安を感じますが、きちんと勉強しておけば不必要に憂えることもありません。講習会に参加することで、地域の福祉環境について情報を得ることもできます。

自分から出かけて行こう

介護は各家庭の中の問題になりがちですが、同じように悩んでいる人はたくさんいますし、悩みを相談できる場所も意外と多くあります。一人で悩むより、セミナーなどに積極的に参加して自分で介護負担を減らしていくことが大事です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    ネット通販大手が参入し、一時期、話題になった「僧侶派遣サービス」。 運営母体の多くが企業である中、「寺院」が運営主体となり、宗派の垣根を飛び超え、家庭や地域とつながるユニークな団体があります。 大阪・東京を中心に70以上の寺院が協力し、多岐に渡って”人々をつなぐ“活動を展開する「一般社団法人お寺さんの会」。本日は東京の活動拠点である西栄寺東京別院の榎本住職にお話を伺いました。
    記事を見る
  • ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    介護サービスを利用する上で必要なケアプラン。一般的にはケアマネに作成依頼するものですが、実は自分や家族が作成できることを知っていますか?手間はかかりますが、自分が受けたい介護サービスを選ぶことは「自分らしく」生きることにつながります。今回は自分でケアプランを作ることのメリットや作成時に気を付けるポイントをお伝えします。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る